シルクHC 2022年度募集馬分析 栗東No.44~No.61

  • URLをコピーしました!
目次

シルクHC 2022年度募集馬の分析

 今年は種牡馬ごとに分析を実施し、まとめて記事にしていこうと思っていましたが、細かく詳細に書いていく余裕がないため、大枠でまとめていこうと思います。個人の出資検討分析ではありますが、読んでくださる方のお役に立てますと幸いです。
 今回は栗東のNo.44からNo.61まで記事にしていこうと思います。

 評価は◎・〇・▲・△・-(無印)の5段階で実施させていただきます。総合評価の◎は私が抽選時優先制度を活用して申し込みをしたいと思う水準、〇は一般申込したいと思う水準です。

 なお、本分析は募集馬の活躍を保証するものではございません。出資などの最終のご判断はご自身にて実施をお願いいたします。
 また、馬券的な分析をするものではなく、一口馬主として出資をするうえでの分析ですので、馬券を検討する際の情報としては有効なものではありません。ご了承くださいますようお願いいたします。

編集:競馬王編集部
¥1,980 (2022/09/27 23:20時点 | Amazon調べ)

 今年度の出資方針については以下の記事をご参照ください。

栗東 ロードカナロア産駒

ウィクトーリアの21
  • ウィクトーリアの21
    • 父:ロードカナロア
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:1月9日
    • 所属予定:中内田充正厩舎
    • 募集総額:6,000万円
      • 一口価格:120,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:-
    2. 総合評価:▲
      • 血統評価:〇
      • 馬体評価:△

コメント:
母の父ヴィクトワールピサは極めて優秀で、ラブリイユアアイズ、オニャンコポンなどが出ています。
欧州型でサンデーサイレンスの要素が薄い種牡馬に対し、サンデーサイレンス的・Halo的なスピードを伝える存在としてヴィクトワールピサはとても良い存在だと思います。
そのため、ロードカナロアでも成果をあげると思います。一方、配合的には緩さが出そうで心配です。
歩様も故障のリスクが伴う印象があり、無事にいけば大物の予感がしますが、それなりにリスクはありそうです。


パーシーズベストの21
  • パーシーズベストの21
    • 父:ロードカナロア
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:1月31日
    • 所属予定:安田隆行厩舎
    • 募集総額:4,500万円
      • 一口価格:90,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:-
    2. 総合評価:▲
      • 血統評価:〇
      • 馬体評価:▲

コメント:
安田先生が2024年2月で退職なのがネックですが、最後に阪神JFに挑戦する存在になるかもしれませんね。
ロードカナロア×ディープインパクトは馬格・緩さ解消要素があれば好相性の組み合わせだと見込んでおり、この馬はその両方をクリアしている印象です。
キビキビ歩きますが、故障は心配になる歩様をしています。楽しみな1頭です。

美浦 ハーツクライ産駒

サロミナの21
  • サロミナの21
    • 父:ハーツクライ
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:2月1日
    • 所属予定:池添学厩舎
    • 募集総額:7,000万円
      • 一口価格:140,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:-
    2. 総合評価:〇
      • 血統評価:〇
      • 馬体評価:〇

コメント:
ハーツクライ最終世代の募集馬は、サリオスの全妹となりました。
デインヒルとNijinskyが入るハーツクライ産駒は良く走りますし、全兄もそれを証明しています。
牝馬においてはNever Bendが入ったほうがなお良いということで〇ですが、十分な好配合です。
馬格もあり、スタミナもありそうですし、期待できる馬だと思います。

栗東 エピファネイア産駒

インヘリットデールの21
  • インヘリットデールの21
    • 父:エピファネイア
    • 性別:牡馬
    • 誕生日:3月7日
    • 所属予定:高野友和厩舎
    • 募集総額:6,000万円
      • 一口価格:120,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:-
    2. 総合評価:◎
      • 血統評価:◎
      • 馬体評価:◎

コメント:
シルクのエピファネイア産駒ではこの馬が一番良いと思います。
エピファネイア×キングカメハメハ×サンデーサイレンスはデアリングタクトが出ている組み合わせですし、さらに言えば、エアグルーヴがそこに入るとスカイグルーヴやソネットフレーズが出ていますから、極めて良い組み合わせです。
祖母フサイチエアデールは競走馬としても繁殖としても超一流ですし、ラスティックベルの牝系にはノームコア・クロノジェネシスの姉妹がいます。
配合が良く、牝系も超一流ですから、抜群の1頭です。ぜひ欲しいですね。
雄大な馬格で、これから中身が入ってくればさらに良くなりそうです。けがは心配ですが、許容範囲かと。
厩舎も高野先生で、リンドラゴの扱いから、私はすごく信頼しています。


ボニーゴールドの21
  • ボニーゴールドの21
    • 父:エピファネイア
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:1月17日
    • 所属予定:須貝尚介厩舎
    • 募集総額:4,000万円
      • 一口価格:80,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:△
    2. 総合評価:△
      • 血統評価:△
      • 馬体評価:▲

コメント:
牝系はゴールデンサッシュですから、良いと思いますが、ショウナンパンドラ以降なかなかオープン以上で活躍する馬が出ていません。
エピファネイア産駒は柔らかく伸びるストライドを武器に大箱で活躍するのが良いイメージですが、Deputy Ministerとノーザンテーストはそのイメージとはややそれた印象です。
迫力はないものの、バランスの取れた馬体と歩様をしていると思います。

栗東 ドレフォン産駒

キープシークレットの21
  • キープシークレットの21
    • 父:ドレフォン
    • 性別:牡馬
    • 誕生日:2月20日
    • 所属予定:杉山晴紀厩舎
    • 募集総額:4,000万円
      • 一口価格:80,000円
    • 芝適性:▲
    1. ダート適性:〇
    2. 総合評価:△
      • 血統評価:▲
      • 馬体評価:▲

コメント:
ドレフォン×ダイワメジャーはダート短距離で活躍してくれそうな、筋肉質なタイプになりそうです。
そこにMiesque牝系とSadler’s Wellsですから、Sadler’s Wells≒Nureyevの3×5で粘り強さと力強さはかなり持っていそうです。
ただドレフォンでダート路線を期待するなら、あまり王道ではないという印象があるのと、芝で、と考えた時、距離適性とスピードが不一致になりそうな感があります。
馬体はイメージより胴長な感じがしますね。


レーヴドリーブの21
  • レーヴドリーブの21
    • 父:ドレフォン
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:1月19日
    • 所属予定:矢作芳人厩舎
    • 募集総額:2,800万円
      • 一口価格:56,000円
    • 芝適性:△
    1. ダート適性:〇
    2. 総合評価:▲
      • 血統評価:▲
      • 馬体評価:▲

コメント:
私はダートだと思うのですが、Sir Ivorのクロスが6×6で入りつつ、Storm Cat系統の父ですから、芝も走れないことはないのかな、と思います。
前向きな気性を持ちそうな血も入っており、ダートでも砂に負けない走りをしてくれそうです。
馬格もありますし、厩舎も良いですし、様々な可能性がある馬だと思います。


メジロオードリーの21
  • メジロオードリーの21
    • 父:ドレフォン
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:2月5日
    • 所属予定:松永幹夫厩舎
    • 募集総額:3,200万円
      • 一口価格:64,000円
    • 芝適性:〇
    1. ダート適性:〇
    2. 総合評価:〇
      • 血統評価:〇
      • 馬体評価:〇

コメント:
ドレフォン×スペシャルウィーク×ノーザンテーストは私がノルマンディーで出資しているフォンメイリーと共通します。
フォンメイリーは母チャイナドールが高齢かつ繁殖実績が地方で走るくらいだったのが、産駒初の中央勝利ですから、この配合の良さ、引き出しの深さを感じさせます。
フォンメイリーはダートですが、この馬はノーザンテーストがメジロドーベル(その父メジロライアン)由来ですから、一段芝よりだと思います。芝マイルから中距離で活躍できるのではないでしょうか。
歩様もキビキビしていますし、キレイな馬ですね。

栗東 ハービンジャー産駒

アルジャンテの21
  • アルジャンテの21
    • 父:ハービンジャー
    • 性別:牡馬
    • 誕生日:2月4日
    • 所属予定:茶木大樹厩舎
    • 募集総額:3,000万円
      • 一口価格:60,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:-
    2. 総合評価:-
      • 血統評価:△
      • 馬体評価:△

コメント:
小柄ながら筋骨隆々で力強そうな馬体をしていますが、歩様は突っ張った感じで不安に感じます。
ハービンジャー×ディープインパクトは緩さが心配になる組み合わせでが、母が短いところで活躍した馬ですから、馬体的にもクリアしているのだと思います。
母の母のゾーンがあまり相性良いとは思えず、ちょっと狙いにくい1頭ですね


カリンバの21
  • カリンバの21
    • 父:ハービンジャー
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:2月4日
    • 所属予定:松下武士厩舎
    • 募集総額:2,400万円
      • 一口価格:48,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:-
    2. 総合評価:〇
      • 血統評価:◎
      • 馬体評価:〇

コメント:
ハービンジャー×ルーラーシップ×ディープインパクトという中距離血統オンパレードな馬です。
緩さが心配ですが、良いフレームでバランスが良いので、鍛えて解消できそうなタイプに見えます。
ハービンジャー×サンデーサイレンス×Nureyevはブラストワンピースやディアドラが出ており、配合的にはかなり良い印象です。

栗東 モーリス産駒

プリンセスロックの21
  • プリンセスロックの21
    • 父:モーリス
    • 性別:牡馬
    • 誕生日:1月23日
    • 所属予定:斉藤崇史厩舎
    • 募集総額:3,500万円
      • 一口価格:70,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:△
    2. 総合評価:◎
      • 血統評価:◎
      • 馬体評価:◎

コメント:
私はインゼルでクリダームに出資しているのですが、函館2歳Sもらった!と思った瞬間に豪脚で差し切ったのがこの馬の半姉ブトンドールですね。だから何か縁を感じます。
スウィフトカレントがサンデーサイレンス×ホワイトウォーターアフェアですから、ヴィクトワールピサの3/4同血。
ヴィクトワールピサは母の父として優秀で、その根拠はホワイトウォーターアフェアのMachiavellianでしょうから、スウィフトカレントも母の父として優秀でしょう。モーリスのスピードを強化するうえで好相性だと思います。
そのうえで、モーリスの持つ重厚な血を刺激して粘り強さを強化すると良いと仮説建てを私はしていますが、この馬はジェネラスとNever Bendを持ち、そこもクリア。かなりの好配合だと思います。
大型でまだかなり緩い感じですが、トモが大きくてびっくりします。馬体的にも楽しみな1頭です。


ソーディヴァインの21
  • ソーディヴァインの21
    • 父:モーリス
    • 性別:牡馬
    • 誕生日:3月8日
    • 所属予定:西村真幸厩舎
    • 募集総額:4,000万円
      • 一口価格:80,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:△
    2. 総合評価:〇
      • 血統評価:〇
      • 馬体評価:〇

コメント:
父と母の持っている血が結構共通するタイプの馬で、前粘りで力強いイメージでしょうか。
Sadler’s Wells=Fairy Kingの全兄弟クロスだと、気性が前向きになりやすいので、短めなところで、力強く先行して粘る感じでしょうか。小回りのスプリント適性が高いと、大きいところでも夢がありますね。
母が短いところで勝っていて、スピードもありそうです。
若干つなぎが立ち気味な印象を受けるのですが、大丈夫だと思います。筋肉があって、良いバランスだと思います。


オリエンタルダンスの21
  • オリエンタルダンスの21
    • 父:モーリス
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:4月29日
    • 所属予定:安田翔伍厩舎
    • 募集総額:2,400万円
      • 一口価格:48,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:-
    2. 総合評価:▲
      • 血統評価:〇
      • 馬体評価:▲

コメント:
モーリス×キングカメハメハ×サンデーサイレンスは走ってくるだろうな、という組み合わせです。
かつ母がスプリンターですから、スピード能力も期待ができそうです。
馬格が小さいのですが、バランスは良く、4月生まれでここから大きくなってきそうです。
つなぎの感じから、あんまり大きくなりすぎないほうがバランスは良さそうではありますね。

栗東 ドゥラメンテ産駒

プリティカリーナの21
  • プリティカリーナの21
    • 父:ドゥラメンテ
    • 性別:牡馬
    • 誕生日:3月16日
    • 所属予定:池江泰寿厩舎
    • 募集総額:5,000万円
      • 一口価格:100,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:▲
    2. 総合評価:△
      1. 血統評価:▲
      2. 馬体評価:△

コメント:
ドゥラメンテ×Mr.Prospector系+Bold Ruler(Nasrullah)+Princequilloは活躍馬が出ている好配合例です。
この馬はその要素を兼ね備えていますが、一番印象強いのはSeeking the Goldで、そこはまた異なるニュアンスを持つ印象ですから、そろっているからOK、という感じではないかな、と思います。
首が長いのか、小顔なのか、少し不思議な馬体をしていますね。良い悪い、というか不思議な印象を抱きました。


ビッグワールドの21
  • ビッグワールドの21
    • 父:ドゥラメンテ
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:4月14日
    • 所属予定:高橋義忠厩舎
    • 募集総額:3,000万円
      • 一口価格:60,000円
    • 芝適性:〇
    1. ダート適性:△
    2. 総合評価:△
      • 血統評価:△
      • 馬体評価:〇

コメント:
雄大な馬格をしていて、仕上がりは速そうですね。
母は競走馬としてかなり好成績を残しており、両親の競走能力は高そうです。
クロスやニックス的な要素で、ドゥラメンテ産駒として望ましいものがある感じはなく、両親の競走能力をどれだけ受け継いでいるか次第かなあ、という感じです。

栗東 ルーラーシップ産駒

ガルデルスリールの21
  • ガルデルスリールの21
    • 父:ルーラーシップ
    • 性別:牡馬
    • 誕生日:2月19日
    • 所属予定:武英智厩舎
    • 募集総額:3,500万円
      • 一口価格:70,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:△
    2. 総合評価:◎
      • 血統評価:◎
      • 馬体評価:〇

コメント:
ルーラーシップの雄大な馬格とダイワメジャーの筋肉量を受け継いだような馬体をしていて、しっかりしてくるのが楽しみな1頭です。
ルーラーシップとDanzigは好相性ですし、それがGrand Lodge経由で柔らかなスピードを促進しそうなもの好印象。
Special = Thachの全兄弟クロスでHyperion的なスタミナと力強さを強化しているのも好印象で、牝系はちょっと弱いものの楽しみな1頭です。


グリントオブライトの21
  • グリントオブライトの21
    • 父:ルーラーシップ
    • 性別:牝馬
    • 誕生日:2月10日
    • 所属予定:牧浦充徳厩舎
    • 募集総額:2,000万円
      • 一口価格:40,000円
    • 芝適性:◎
    1. ダート適性:ー
    2. 総合評価:ー
      • 血統評価:ー
      • 馬体評価:ー

コメント:
ルーラーシップ×ステイゴールドのソラネルという馬に出資していますが、所有してみて感じたのは、馬格小さくなりやすく、ルーラーシップ特有な緩さを解消するほどの調教をやりきれない、という課題があるということです。
この馬もソラネル同様に馬格が小さく、かつ歩様のバランスが悪い印象があるので、苦労しそうな印象です。
かつ、スピードが不足する配合なので、スピードを強化したいところですが、その要素も薄いのが厳しいですね。

まとめ

 栗東のNo.44から61までまとめました。栗東でもモーリス産駒の充実っぷりに驚かされます。すばらしい馬が多いですね。美浦編も以下にまとめていますので、ぜひご参照ください。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次