POG 2022-23 10番勝負 ドレフォン編

  • URLをコピーしました!
目次

POG 10番勝負 玄野源vsシオノゴハン

 10番勝負ロードカナロア編に続いて、ドレフォン編を今回は記事にしていきます。ぜひご覧ください。

対決者紹介

シオノゴハン
玄野源
  • エモ重視
  • 好みのニックスや牝系を見つけるとテンションが上がる
  • 良く発現するとこんな風になりそう、から上振れを狙う
  • 大枠の傾向や事例をベースに推測していく帰納法タイプ
  • 一発に自信ニキ
  • POGでも1,2頭が稼いだポイントで勝負
  • 牝系重視
  • 配合の全体像におけるニックスを考えていく
  • 良し悪し両方をとらえて、プラスになるか分析する
  • 原理原則をきちっととらえて検討する演繹法タイプ
  • 地肩に自信ニキ
  • POGでも勝率・勝ち上がり率が高い
玄野源さんのご紹介
  • 名前:玄野源(クロノゲン)
    • 由来:牝馬として史上初のグランプリ3連覇を果たした女傑より拝借
  • 競馬歴:7年(2015年~)
    • きっかけ:マイルチャンピオンシップ(優勝馬モーリス)を現地観戦し、競馬にハマる。
    • 血統の道:『サラブレッド配合史/笠雄二郎』『血は水よりも濃し/望田潤』に感銘を受け、血統・配合の道へ。競馬好きが高じて某牧場へ転職、一人前のホースマンになるべく現在修行中。

※シオノゴハンとはおそらく2015年から交流が始まっている

POG10本勝負 ドレフォン編 指名馬

スクロールできます
シオノゴハン指名馬玄野源指名馬
1巡目指名馬:デグラーティアの2020デグラーティアの2020
2巡目指名馬:アスタラビクトリアの2020
母名:アスタラビクトリアデグラーティア
馬名:パララヴィクトリアシャンディエン
性別:牝馬牡馬
馬主:ユニオンサンデーR
所属:栗東・寺島厩舎美浦・林厩舎
生産:ハクレイFノーザンF

種牡馬ドレフォンに関するデータなど

玄野データ ドレフォン

ドレフォン「父:Gio Ponti 母:Eltimaas」

  1. 種付け料
    • 2019年当時種付け料:300万円
    • 2022年現在種付け料:700万円
  2. 種付け頭数及び血統登録数
    • 2019年種付け頭数:204頭
      • 2020年産血統登録数:182頭
      • 2020年産は2世代目
  3. ドレフォン全体のデータ
    • 勝ち馬率:41.3% (45/109)
    • 平均本賞金:537万円
  4. 配合における注目データ
    • 母系にクロフネの血を持つ(ダートの期待値UP)
      • 勝ち馬率:62.5% (5/8)
      • 平均本賞金額:722万円
    • 母系にフジキセキの血を持つ(ダートの期待値UP)
      • 勝ち馬率:71.4% (5/7)
      • 平均本賞金額:722万円
    • 母系にCaerleonの血を持つ(芝の期待値UP)
      • 勝ち馬率:75.0% (3/4)
      • 平均本賞金額:1,477万円
  5. その他配合ポイント
    • 母系に中距離血脈の注入
      • 短距離の父×中距離の母の長短バランス
    • サンデーサイレンスの注入は可もなく不可もなく
      • 勝ち馬率:43.0% (37/86)
      • 平均本賞金額:545万円
  6. POG期間内重賞馬
    • ジオグリフ 19年産 (母:アロマティコ)
      • 皐月賞・札幌2歳S (他 共同通信杯 2着)
  • データは2022年4月17日時点のものです

シオノゴハン解説記事は以下をご参照ください。

シオノゴハン指名 アスタラビクトリアの2020について

シオノゴハン指名 アスタラビクトリアの2020 ポイント

アスタラビクトリアの2020

  1. BMSネオユニヴァースはダートに良績
    • ドレフォン産駒はジオグリフなど芝で活躍する馬もいるが、
      成績に関して言えばダートに良績
    • ネオユニヴァースはダート馬の母の父としてルヴァンスレーヴなどを輩出。
      • Storm Cat系×ネオユニヴァースからはロジヒューズ・ニュータウンガールなど
  2. 優秀な牝系出身である
    • Much Too Riskyの牝系からは多数の活躍馬が出ている
      • リッチアフェアーからはローブティサージュなど
      • Short Skirtからはデュープロセスなど
      • アスタラビクトリアの2020はホワイトウォーターアフェアの系統
        • ホワイトウォーターアフェアからは
          アサクサデンエン・ヴィクトワールピサなど
    • 母アスタラビクトリアはヴィクトワールピサの全妹

玄野源指名 デグラーティアの2020について

玄野源指名 デグラーティアの2020 ポイント

デグラーティアの2020

  1. 好相性のニックスである
    • 前述のデータで記載した好相性の組み合わせを2種持つ
      • ドレフォン×フジキセキ
      • ドレフォン×Caerleon
  2. 母が優秀な競走成績
    • 母デグラーティアは4勝
      小倉2歳Sを勝利
      • 母の半弟ボールライトニングは京王杯2歳Sなど3勝
  3. 早期デビューの見込み
    • 3月に入厩・ゲート試験合格済み

まとめ

シオノゴハン

本企画で初めて指名が被り、あみだくじの結果、
玄野さんがデグラーティアを獲得。

玄野源

ドレフォン対決はもらいましたね。
初年度産駒から早速クラシックホースを出したように芝適性も高いですが、産駒全体の傾向としてはダート寄り。
それを踏まえて、「芝短距離での速攻を狙いつつダートでも潰しが利くタイプを」という思考が被ったという感じですかね。

シオノゴハン

まさにそんなところ。
アスタラビクトリアは好きな繁殖で、血統背景としても面白い馬だと思いますね。牝馬なので、軽さとキレがあればこちらも芝でおろすケースもありそうです。

玄野源

2歳Sで賞金を積まれると、ダートでの巻き返しは結構しんどい。
夏競馬の時点で勝負あり、の展開が理想ですね。
今回の指名馬以外では、サトノオニキスの20(オランジー)、マストバイアイテムの20(サンライズフレイム)、リリカルホワイトの20(クールブロン)に注目しています。

以上、ご参考になりましたら幸いです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる