POG 2022-23 10番勝負 ハーツクライ編

  • URLをコピーしました!
目次

POG 10番勝負 玄野源vsシオノゴハン

 10番勝負ドレフォン編に続いて、ハーツクライ編を今回は記事にしていきます。ぜひご覧ください。

対決者紹介

シオノゴハン
玄野源
  • エモ重視
  • 好みのニックスや牝系を見つけるとテンションが上がる
  • 良く発現するとこんな風になりそう、から上振れを狙う
  • 大枠の傾向や事例をベースに推測していく帰納法タイプ
  • 一発に自信ニキ
  • POGでも1,2頭が稼いだポイントで勝負
  • 牝系重視
  • 配合の全体像におけるニックスを考えていく
  • 良し悪し両方をとらえて、プラスになるか分析する
  • 原理原則をきちっととらえて検討する演繹法タイプ
  • 地肩に自信ニキ
  • POGでも勝率・勝ち上がり率が高い
玄野源さんのご紹介
  • 名前:玄野源(クロノゲン)
    • 由来:牝馬として史上初のグランプリ3連覇を果たした女傑より拝借
  • 競馬歴:7年(2015年~)
    • きっかけ:マイルチャンピオンシップ(優勝馬モーリス)を現地観戦し、競馬にハマる。
    • 血統の道:『サラブレッド配合史/笠雄二郎』『血は水よりも濃し/望田潤』に感銘を受け、血統・配合の道へ。競馬好きが高じて某牧場へ転職、一人前のホースマンになるべく現在修行中。

※シオノゴハンとはおそらく2015年から交流が始まっている

POG10本勝負 ハーツクライ編 指名馬

スクロールできます
シオノゴハン指名馬玄野源指名馬
1巡目指名馬:ハーレクイーンの2020アルビアーノの2020
母名:ハーレクイーンアルビアーノ
馬名:アッシュフォードアルメリア
性別:牡馬牝馬
馬主:シルクHCシルクHC
所属:栗東・藤原厩舎美浦・木村厩舎
生産:ノーザンFノーザンF

種牡馬ハーツクライに関するデータなど

玄野データ ハーツクライ

ハーツクライ「父:サンデーサイレンス 母:アイリッシュダンス」

  1. 種付け料
    • 2019年当時種付け料:800万円
  2. 種付け頭数及び血統登録数
    • 2019年種付け頭数:180頭
      • 2020年産血統登録数:130頭
      • 2020年産世代は13世代目
  3. ハーツクライ全体のデータ(直近5世代)
    • 勝ち馬率:54.3% (302/556)
    • 平均本賞金:1,778万円
  4. 配合における注目データ
    • 母系にDanzigの血を持つ
      • 勝ち馬率:63.6% (91/143)
      • 平均本賞金額:1,909万円
    • 母系にDanehill(デインヒル)の血を持つ
      • 勝ち馬率:62.2% (28/45)
      • 平均本賞金額:2,758万円
  5. その他配合ポイント
    • マイラー血脈の注入
      • 中長距離の父×マイラーの母の長短バランス
  6. POG期間内重賞馬(直近5世代)
    • タイムフライヤー 15年産 (母:タイムトラベリング)
      • ホープフルS (他 京都2歳S 2着・萩S)
    • ノーワン 16年産 (母:プレイガール)
      • フィリーズレビュー
    • サリオス 17年産 (母:サロミナ)
      • 朝日杯FS・サウジアラビアRC (他 皐月賞2着・日本ダービー2着)
    • ヴィクティファルス 18年産(母:ヴィルジニア)
      • スプリングS (他 共同通信杯2着)
    • ドウデュース 19年産(母:ダストアンドダイヤモンズ)
      • 朝日杯FS (他 皐月賞 3着・弥生賞 2着)
  • POG期間内重賞馬(直近5世代)はこの他
    グレイル・ゴーフォザサミット・マイラプソディ
    ウーマンズハート・グラティアス
    ダノンベルーガ・マテンロウレオ の計12頭
  • データは2022年4月17日時点のものです

シオノゴハン解説記事は以下をご参照ください。

シオノゴハン指名 ハーレクイーンの2020について

シオノゴハン指名 ハーレクイーンの2020 ポイント

ハーレクイーンの2020

  1. 好相性のニックスを持つ
    • Blushing Groomの入るハーツクライ産駒には
      シュヴァルグランやグレイルがおり、好相性の血
    • LyphardのクロスとMill Reefの血が入るハーツクライ産駒には
      リスグラシューがおり、好相性の血。Never Bendは単独のみでも重賞馬多数
    • Halo ≒ Stop the Music ≒ Red God + Lyphard は好相性の組み合わせ
  2. 母が英・愛オークス3着の実績
  3. 出資馬
    • 出資検討時にシルクのハーツ産駒で一番だと思った

玄野源指名 アルビアーノの2020について

玄野源指名 アルビアーノの2020 ポイント

アルビアーノの2020

  1. 好相性のニックスである
    • 仕上がりを早め、POG期間での活躍の期待値をあげる
      ニックスを2種類持っている。
      • ハーツクライ×Danzig
      • ハーツクライ×Busanda(War Admiral×La Troienne)
  2. 優秀な牝系出身である
    • Courtly Dee牝系
      • Foreign CourierからDanzig系名種牡馬 Green Desert
      • Althea→AuroraからRoberto系種牡馬Arch
        Althea→ヤマニンパラダイス
      • Barada→ノーリーズン・グレイトジャーニーなど
    • 母アルビアーノは中央4勝(芝1400m~1800m)
      • スワンS・フラワーCを勝利 NHKマイル2着など
      • 半妹に米3歳牝馬チャンピオンのCovfefe

まとめ

玄野源

改めてハーレクイーンの20の血統表を見ると、ハーツクライ産駒の配合の要点は抑えているなと思いました。牝馬ならなお良い、という配合ですね。

シオノゴハン

Never Bendの血を持つハーツクライ産駒は、牝馬のほうが活躍してますからね。
POG指名しておいてなんですが、ハーレクイーンの20は仕上がりの早いタイプではなく、POG向きのハーツクライ産駒ではないと思います。
一口馬主としては古馬になってから楽しみ、というタイプで、実力十分ならPOG期間もある程度走ってくれると期待しています。
これも出資馬なんですが、ブーケトウショウの20(クリダーム)はハーツクライ×サクラバクシンオーの組み合わせで勝ち馬率55%
函館から始動予定で、短いところを期待できそうなタイプなので、POGでも期待ができそうです。

玄野源

アルビアーノの20は距離の融通が利きそうで、阪神1600(桜花賞)も東京2400(優駿牝馬)も守備範囲。アルビアーノは個人的に思い入れのある馬で、母が果たせなかったG1制覇の夢をこの馬に託したいですね。
今回の指名馬以外では、イルーシヴウェーブの20(レッドマジック)、キングスローズの20(キャッスルクラス)、ロードクロサイトの20(インタクト)に注目しています。

以上、ご参考になりましたら幸いです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる