POG 2022-23 10番勝負 モーリス編

  • URLをコピーしました!
目次

POG 10番勝負 玄野源vsシオノゴハン

 10番勝負ダイワメジャー編に続いて、モーリス編を今回は記事にしていきます。ぜひご覧ください。

対決者紹介

シオノゴハン
玄野源
  • エモ重視
  • 好みのニックスや牝系を見つけるとテンションが上がる
  • 良く発現するとこんな風になりそう、から上振れを狙う
  • 大枠の傾向や事例をベースに推測していく帰納法タイプ
  • 一発に自信ニキ
  • POGでも1,2頭が稼いだポイントで勝負
  • 牝系重視
  • 配合の全体像におけるニックスを考えていく
  • 良し悪し両方をとらえて、プラスになるか分析する
  • 原理原則をきちっととらえて検討する演繹法タイプ
  • 地肩に自信ニキ
  • POGでも勝率・勝ち上がり率が高い

POG10番勝負 モーリス編 指名馬

スクロールできます
シオノゴハン指名馬玄野源指名馬
1巡目指名馬:ディオジェーヌの2020ディオジェーヌの2020
2巡目指名馬:パンデイアの2020
母名:パンデイアディオジェーヌ
馬名:ジュドーディオファントス
性別:牡馬牡馬
馬主:シルクHCキャロット
所属:美浦・手塚厩舎栗東・斉藤崇史厩舎
生産:ノーザンFノーザンF

種牡馬モーリスに関するデータなど

玄野データ モーリス

モーリス「父:スクリーンヒーロー 母:メジロフランシス」

  1. 種付け料
    • 2019年当時種付け料:400万円
    • 2022年現在種付け料:700万円
  2. 種付け頭数及び血統登録数
    • 2019年種付け頭数:212頭
      • 2020年産血統登録数:137頭
      • 2020年産世代は3世代目
  3. モーリス全体のデータ
    • 勝ち馬率:36.5% (99/271)
    • 平均本賞金:887万円
  4. 配合における注目データ
    • Chief’s Crownの血を持つ
      • 勝ち馬率:50.0% (4/8)
      • 平均本賞金額:2,536万円
    • Damascusの血を持つ
      • 勝ち馬率:50.0% (11/22)
      • 平均本賞金額:2,789万円
    • Francis.Sの血を持つ
      • 勝ち馬率:43.8% (7/16)
      • 平均本賞金額:3,141万円
  5. その他配合ポイント
    • サンデーサイレンスのクロスは可もなく不可もなく
      • 勝ち馬率:38.3% (77/201)
      • 平均本賞金額:798万円
  6. POG期間内重賞馬
    • ピクシーナイト 18年産 (母:ピクシーホロウ)
      • シンザン記念
    • ルークズネスト 18年産 (母:ヴィラ)
      • ファルコンS (他 シンザン記念 2着)
    • シゲルピンクルビー 18年産 (母:ムーンライトベイ)
      • フィリーズレビュー
  • データは2022年4月17日時点のものです

シオノゴハン解説記事は以下をご参照ください。

 上記の私の記事が若干古いので、現在の解釈を補足していきます。

 『メジロフランシス的な要素を追求していく≒欧州的な要素を強化していく』のが良いのではないか今は考えています。モーリスの血統表を見たとき、スピード的な要素が少なく、北米的なスピードやHalo的なスピード注入が効果的なのではないかと考えていました。一方で活躍馬の傾向を見ていくと必ずしもそうではない(ジャックドールは北米注入な感じですが)印象を受けています。
 ここから、モーリス自身が優れたスピードを持っており、そのスピードを生かして粘り勝つor周囲がバテる中で差し切る、という英or仏型の競馬を強化していくのが良いのではないかと思っています。
 モーリスの母メジロフランシスは父にカーネギーを持ちます。カーネギーはSadler’s Wells × Rivermanの配合で、欧州を席巻したBold Reason≒Never Bendを根拠としたニックスを持ちます。カーネギーもその母Detroitも凱旋門賞を勝利しており、フランス競馬はお手の物。2代母メジロモントレーもフランス出身のモガミ(父Lyphard)ですし、欧州のスタミナ血統が並びます。
 この欧州要素を強化してしまうと、父系がRoberto系であることも相まって日本の軽い芝への適性が低い馬になってしまいそうな感があります。ですが、モーリスはそれを補えるほどのスピードを能力的に持った競走馬・種牡馬であると考えられます。

シオノゴハン指名 パンデイアの2020について

シオノゴハン指名 パンデイアの2020 ポイント

パンデイアの2020

  1. 好相性のニックスである
    • モーリス×ディープインパクト
      • Alzao由来のLyphardの強化
      • Burghclereによる欧州的スタミナ要素の強化
    • 母母父にSinndarが入る
      • Chief’s Crownの血が入る
      • Mill Reefの血が入り、Bold Reason≒Never Bendの補強
  2. 早期にデビューできる見込み
    • すでに入厩済みで早期デビューが期待できる。

玄野源指名 ディオジェーヌの2020について

玄野源指名 ディオジェーヌの2020 ポイント

ディオジェーヌの2020

  1. 好相性のニックスである
    • Chief’s Crownの血を持つ
  2. 近親が優秀である
    • 2代母フォーシンズはG2含む3勝
    • 母ディオジェーヌは中央3勝(芝1800-2000m)
      • リブースト(19産)は2戦2勝(故障で離脱中)
  3. 早期デビューの見込み
    • 4月入厩が予定され、早期デビューが見込まれる

まとめ

シオノゴハン

今回の指名においても、1位指名が被ったのであみだくじを実施。
玄野さんが2回連続であみだくじ勝利でディオジェーヌの20を獲得です。

玄野源

まあシオノさんシルク会員だし、ちょうどよかったんじゃないですか。
パンデイアの20もいい馬ですよ。

シオノゴハン

欧州要素を強めることをプラスと考えているので、Darshaanも入るディオジェーヌを1番手に評価しました。活躍を期待します。
パンデイアの20も3/4同血なので、期待したいところ。進行も順調ですし、アニメじゃないってとこを見せてやりますよ。

玄野源

ちょっと何言ってるか分からないですね。
ディオジェーヌの20は各種POGメディアで異常な程の高評価。
今のところモーリス産駒はPOG期間内において地味な印象ですが、遂に大物登場かもしれません。いつもの余談ですが、キャロットファーム×斉藤崇厩舎はニックスです。
今回の指名馬以外では、シオノさん指名のパンデイアの20(ジュドー)、グリューネワルトの20(アイスグリーン)、セレブレーションの20(レスピラシオン)に注目しています。

以上、ご参考になりましたら幸いです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる