シルクHC 2023年度募集馬分析 No.4 アピールⅡの22 と No.22 プロミストリープの22の分析

  • URLをコピーしました!
目次

シルクHC 2023年度募集(22年産) 募集馬の分析

エピファネイアの分析に続いて、ここから先は私が見ていて気になった馬について2,3頭ごとに個別にまとめていこうと思います。
ご覧いただけますと幸いです。

今のところ、エピファネイア産駒に対して抽選時優先権を使用する方向で今のところ検討しております。
使用する対象はツルマルワンピースの22インヘリットデールの22で悩んでいるところです。

エピファネイアの分析記事は以下よりご参照ください。

注意事項 ご了承ください

本分析は募集馬の活躍を保証するのものではございません。
出資などの最終のご判断はご自身にご決断ください。
また、私の主観による分析ですので、読者の皆様にとって望まない表現が出てくる可能性もございますが、ご了承ください

No.4 アピールⅡの22

  • アピールⅡの22
    • 父:ダイワメジャー
    • 母:アピールⅡ
      • 母父:Selkrik
    • 性別:牡馬
    • 生年月日:2022年4月14日
      • 母14歳時の産駒
    • 所属予定:美浦 加藤士津八厩舎
    • 生産:坂東牧場
    • 募集総額:2,000万円
      • 一口価格:40,000円

アピールⅡの22 概要

アピールⅡの22はダイワメジャー産駒唯一の募集馬となりました。
母は欧州で中長距離で3勝をあげた馬で、牝系からも欧州で重賞で活躍する馬を輩出しています。
全兄には新潟2歳ステークスで2着、デイリー杯2歳ステークスで3着に入ったペールエールがいます。
大きな成果を残した馬はいないものの、中央デビュー5頭中3頭が勝ち上がっています。

所属は美浦の加藤士津八先生の厩舎。
加藤士津八先生はアンバーシャダイやシリウスシンボリなどの鞍上を務めた加藤和宏先生のご子息です。
加藤和宏先生はビヨンドザバラードでお世話になっており、面倒見の良くあたたかな先生という印象を受けています。
加藤士津八先生の厩舎とは今のところご縁がありませんが、他厩舎で入厩できなかった馬を転厩受け入れ、使いつつ育てて勝ち上がらせるところをノルマンディーで見て、すごく良い先生という印象を持っています。

この馬も使いつつ、というタイプではないかと思いますし、厩舎ともあうのではないかと思います。

アピールⅡの22 配合の分析

父ダイワメジャーはノーザンテーストの心身の粘り強さや頑健さを受け継いだタイプで、産駒も先行して前で粘る競馬を得意とする傾向です。
先行して押し切れるスピード要素を補いつつ、粘り強さも継続的に強化できると良く、Haloのクロスやニアリークロスを持ちつつ、HyperionやNasrullahも取り入れ強化するのが望ましいと考えています。
逆に引き締める要素を強くしすぎると、ストライドの伸びによるスピードが損なわれ、スピード不足に陥る可能性があります。

母アピールⅡは欧州芝中長距離で活躍した馬で、ダイワメジャーに対して緩める要素となります。
Hyperionの血をはっきりと引いている馬で、前に行って粘る競馬を想像することができます。
LyphardやAlydarの血を引くので、ストライドを伸ばすというよりは、力強くピッチを回しそうなイメージがあり、そこはどうかな、とは思うのですが、Halo≒Red Godの要素も持っていて、柔らかなスピードも刺激することができています。

わかりやすくドンピシャニックス、というわけではないものの、ダイワメジャーの良さを引き出す要素を持ち合わせている印象です。

アピールⅡの22 まとめ

4月生まれで馬体重は365kgと小柄です。
ただ、体高が特別低いわけでもなく、馬体も幼い感じですから、ここから大きくなってくる馬だと推測しています。
歩様はまっすぐに、ちゃんと踏み込んで歩いている印象で、バランスが良いのだと思いました。
デビュー時に450kgくらいまで行ってほしいところですね。喉に課題が発生しないのを願います。

私が出資しているリンドラゴ(牡馬・父ミッキーアイル・2勝C)は5月生まれで、募集時は381kgでした。
リンドラゴも坂東牧場の生産で、そこと重なるものを感じています。
ダイワメジャー産駒に出資する機会は限られており、また厩舎もご縁がほしいと思っていた加藤士津八先生と、エモ重視の私としては選びたい馬です。

サイズのこともあり、今のところ検討数も少ないですから、出資申込を行いたいと考えています。

No.22 プロミストリープの22

  • プロミストリープの22
    • 父:ナダル
    • 母:プロミストリープ
      • 母父:ヘニーヒューズ
    • 性別:牝馬
    • 生年月日:2022年1月8日
      • 母7歳時の産駒
    • 所属予定:美浦 上原佑紀厩舎
    • 生産:ノーザンファーム
    • 募集総額:3,000万円
      • 一口価格:60,000円

プロミストリープの22 概要

プロミストリープの22は、半姉ゴールデンリープ(父オルフェーヴル)に続いて上原佑紀先生の厩舎での募集となりました。
新種牡馬ナダルの産駒ですね。

母プロミストリープはシルクに所属馬。中央で連勝した後、浦和競馬の桜花賞を勝利した地方重賞馬です。
故障もあって5戦で引退しています。
母の半弟には同じくシルクに所属し重賞2勝のプロミストウォリアがいます。
祖母のプロミストパークはサンデー所属で中央5勝。降級制度もある時代の馬なので、準オープン馬でした。

所属は美浦の上原佑紀先生の厩舎。
今年開業され、早くも成果の残されており、数年後リーディング上位に入られるのではないかと思っています。
上原先生については以下の記事でも触れています。ぜひそちらもご覧ください。

私は半姉のゴールデンリープに出資しており、その時点からこの馬も良さそうだと注目しておりました。

プロミストリープの22 配合の分析

父ナダルは北米のダートの1,400メートルから1,800メートルで活躍した馬で、馬格も雄大な新種牡馬です。
Roberto×Mr.Prospector×Specialによる、Nashua≒Nantallahのニアリークロスで、力強さを増強しつつ、Kris S.やA.P.Indyで柔らかなスピード要素も強化、力強く大きく動くを実現しているタイプです。
母系にキングカメハメハを持つタイプはMr.ProspectorとNureyevによるNashua≒Nantallahを持ちますから、そことの組み合わせはニックスとして機能する可能性が高いと考えています。

母プロミストリープは、ヘニーヒューズ×フジキセキ×ジェイドロバリーで、ダート適性の高い組み合わせ。実際、地方ダート重賞を勝利しています。

この両親の組み合わせの場合、母の持つジェイドロバリーがSpecial牝系のMr.Prospector直仔ですから、Liable≒ジェイドロバリーの3×4が発生。
キングカメハメハの血を引いていないものの、好相性と考えられる要素はここで満たせています。これによってNashua≒Nantallahによる力強さを継続的に強化できています。

加えて、母プロミストリープはヘニーヒューズがStorm Cat経由でSecretariatの血を引きます。この血は父ナダルの持つKris S.やA.P.Indyの柔らかなスピードを引き出すのに有効な血です。

これらの要素から、父ナダルの持つ良さを継続的に強化できている配合という印象を受けます。

プロミストリープの22 まとめ

半姉のゴールデンリープは2歳7月時点で390kg弱。対してこの馬は現時点で450kg超の馬体を有しています。

小柄なオルフェーヴルから、雄大なナダルに変わったこと、2番仔であることなどが要因でしょう。その姉も前向きな気性や馬体の雰囲気はとても良さそうで、母の力を感じています。

1月生まれでこの馬格ですが、歩様はまだ幼さを感じます。体を持て余しているような印象と言うのでしょうか。仕上がってくると力強さや蹴りの強さが出てきそうですね。

厩舎も今後とても楽しみな上原先生で、姉も見てますから、そこも期待ができそうです。

牝馬ダート路線がちょっとレース数的に厳しいところではあるのと、ナダルがRoberto系らしく牡馬に勝ちが偏るタイプになり得るので、そこは心配要素です。

それなりに人気があり、抽選時優先券が満口になる可能性もありそうです。

その場合は難しいのですが、抽選の可能性に期待して申し込もうと考えています。

まとめ

中間申し込み状況が発表され、検討数と人気が概ね一致する印象を受けています。

とれすぎを心配してはいるのですが、あまり気にしなくても良い気がしてきました。

2頭いずれも2歳、3歳の世代戦の間に成果を残せるかどうかが路線的にポイントになるタイプだと思います。どちらも少し時間がかかりそうな印象を受けており、そこは悩ましくもあります。

成長が楽しみな馬たちですし、期待したいと思います。

参考図書

主婦の友社
¥2,090 (2023/11/09 07:00時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次