POG 2022-23 10番勝負 キズナ編

  • URLをコピーしました!
目次

POG 10番勝負 玄野源vsシオノゴハン

 10番勝負モーリス編に続いて、キズナ編を今回は記事にしていきます。ぜひご覧ください。

対決者紹介

シオノゴハン
玄野源
  • エモ重視
  • 好みのニックスや牝系を見つけるとテンションが上がる
  • 良く発現するとこんな風になりそう、から上振れを狙う
  • 大枠の傾向や事例をベースに推測していく帰納法タイプ
  • 一発に自信ニキ
  • POGでも1,2頭が稼いだポイントで勝負
  • 牝系重視
  • 配合の全体像におけるニックスを考えていく
  • 良し悪し両方をとらえて、プラスになるか分析する
  • 原理原則をきちっととらえて検討する演繹法タイプ
  • 地肩に自信ニキ
  • POGでも勝率・勝ち上がり率が高い

POG10番勝負 キズナ編 指名馬

スクロールできます
シオノゴハン指名馬玄野源指名馬
1巡目指名馬:ラヴェリータの2020レリカリオの2020
母名:ラヴェリータレリカリオ
馬名:メジェドフルール
性別:牡馬牝馬
馬主:ノースヒルズ
所属:栗東・佐々木厩舎栗東・矢作厩舎
生産:ノースヒルズノースヒルズ

種牡馬キズナに関するデータなど

玄野データ キズナ

キズナ「父:ディープインパクト 母:キャットクイル」

  1. 種付け料
    • 2019年当時種付け料:350万円
    • 2022年現在種付け料:1,200万円
  2. 種付け頭数及び血統登録数
    • 2019年種付け頭数:164頭
      • 2020年産血統登録数:107頭
      • 2020年産世代は4世代目
  3. キズナ全体のデータ
    • 勝ち馬率:52.2% (193/370)
    • 平均本賞金:1,505万円
  4. 配合における注目データ
    • Nijinskyの血を持つ
      • 勝ち馬率:55.4% (72/130)
      • 平均本賞金額:1,890万円
    • Gone Westの血を持つ
      • 勝ち馬率:77.8% (14/18)
      • 平均本賞金額:3,030万円
  5. その他配合ポイント
    • サンデーサイレンスのクロスはやや割引
      • 勝ち馬率:46.0% (23/50)
      • 平均本賞金額:1,349万円
      • POG期間内重賞馬の87.5%(7/8)がサンデーサイレンスのクロスを持たない
  6. POG期間内重賞馬
    • ディープボンド 17年産 (母:ゼフィランサス)
      • 京都新聞杯
    • ファインルージュ 18年産 (母:バシオンルージュ)
      • フェアリーS (他 桜花賞3着)
    • バスラットレオン 18年産 (母:バスラットアマル)
      • ニュージーランドT (他 札幌2歳 3着・シンザン記念 3着)
  • この他、POG期間の重賞馬は以下
    マルターズディオサ・ビアンフェ・アブレイズ
    クリスタルブラック・キメラヴェリデ の計8頭
  • データは2022年4月17日時点のものです

シオノゴハン解説記事は以下をご参照ください。

 上記記事より抜粋

 キズナ産駒のここまでの傾向を見たとき、サンデーサイレンス・ディープインパクトっぽさに戻していくより、Storm Catに寄せていく方が活躍の期待値が高まるのではないか、と考えています。サンデーサイレンスのクロスを持つ馬からも活躍馬が出ていますが、それは必須条件ではないと考えます。Halo的なスピードを注入して、軽い馬場適性を高める的な要素としてはアリだと思います。

 Storm Catに寄せていくとき、母父Secretariatに寄せるか、父Storm Birdに寄せるかで要素が結構違うのですが、キズナの場合はその両方を強化して良さそうです。Secretariatに寄せるという点ではBold Ruler+Princequilloを入れて軽いスピードを補強、Storm Birdに寄せるという点では北米のパワーを入れて前向きさと筋肉を強化するイメージ。かつ、Storm Bird強化はNorthern Dancer強化であり、Natalmaの底力やHyperionの底力を入れるということでもあると思います。大舞台で活躍するにはここを刺激するのが良さそうです。

 Storm Cat強化でいくと、先行して粘れる血やコーナーでまくっていける血もプラスで、Lyphardや北米パワー系(Teddy系など)が入るのも活躍の期待値をあげてくれそうです。HaloやMr.Prospector系によるスピード注入もこの要素です。

 これらを整理していくと、Gone West・マルゼンスキー・シンボリクリスエス・キングヘイローの血を持つ馬は注目したいですね。

シオノゴハン指名 ラヴェリータの2020について

シオノゴハン指名 ラヴェリータの2020 ポイント

ラヴェリータの2020

  1. 好相性のニックスである
    • Storm Catの魅力を引き出すニックスが充実
      • Gone Westが入る(Secretariat)
      • Seattle Slewが入る(Bold Ruler+Princequillo)
    • 孫の世代でもUnbridled’s Song
      • ディープインパクト×Unbridled’s Songはニックス
        孫世代でもラウダシオンが出ている。
  2. 母ラヴェリータの競走成績が優秀
    • ラヴェリータは中央4勝 地方交流重賞7勝
      ダート1400-2100mで実績を残している
    • キズナ牡馬はダートでも活躍する傾向
      芝狙いだが、ダートでも適性が期待できる
  3. ノースヒルズ生産かつ佐々木厩舎
    • キズナの生産はノースヒルズ
      キズナの所属も佐々木厩舎
      • キズナの良さを引き出せる生産牧場と厩舎

玄野源指名 レリカリオの2020について

玄野源指名 レリカリオの2020 ポイント

レリカリオの2020

  1. 好相性のニックスである
    • Nijinskyの血を持つ
    • Unbridled’s Songの血を持つ
  2. 近親が優秀である
    • 2代母Unvivaled BelleはG1・BCレディーズクラシック含む北米6勝
      • 産駒Unique Bellaは北米9勝、うちG1を3勝。
        エクリプス賞牝馬スプリントチャンピオン
        古牝馬チャンピオンを獲得

まとめ

シオノゴハン

ノースヒルズの生産から選ぶという点で被りましたね。

玄野源

現時点での重賞馬や繁殖牝馬の質を見れば分かりますが、キズナが種牡馬入りした当初、社台グループはそこまで力を入れていませんでした。最初からずっと力を入れていたのは、やはりノースヒルズ。
逆に来年以降は社台グループ、特にノーザンファームからの厚遇が凄いことになっています。「ノーザンファーム21年産のキズナ産駒は激アツ」、これは覚えておいてください。

シオノゴハン

ノースヒルズ生産から大物が出てほしいね。
改めてノースヒルズ生産のキズナ産駒を見ると、狙いすました配合が多くて、力の入れ方を感じますね。
ラヴェリータの20にはクラシックで活躍を見せてほしい。

玄野源

コントレイルの母ロードクロサイトなど、次世代を見据えたマル外牝馬の導入こそがノースヒルズの真骨頂。レリカリオの20は生産・厩舎的にもコントレイル級の活躍を期待しています。
今回の指名馬以外では、シオノさん指名のラヴェリータの20(メジェド)、ホワイトローズⅡの20(ティムール)、ユメノトビラの20(モンネトワ)に注目しています。

以上、ご参考になりましたら幸いです。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる