シルク募集馬配合分析 エピファネイア編まとめ(20産駒)

一口馬主
スポンサーリンク

シルク募集馬配合分析 エピファネイア編まとめ(20産駒)

 ここでは今期のエピファネイア産駒の配合分析結果をまとめています。この4頭からクラシック戦線を盛り上げる馬が出ることを期待しています。

 エピファネイア産駒のポイントは以下の3点だと私は考えています。

  • Specialや米パワー血統で引き締める要素を補っているか
  • 芝王道路線の場合、日本芝適性を高める血のクロスが発生しているか
  • 柔らかくなる血(Habitat,Princequillo)を刺激しすぎていないか

 詳細は種牡馬エピファネイアの分析記事に掲載しておりますので、そちらをぜひご参照ください。

ロゼリーナの20

No.8 ロゼリーナの20 牡馬 1月16日生

エピファネイア
ロゼリーナ
厩舎美浦 和田正一郎厩舎
一口価格80,000円

 配合からの期待度:重賞級

 1番仔です。母ロゼリーナは中央2勝。母ロゼリーナはいわゆるバラ一族出身で、その母ローズバドフィリーズレビュー1着、マーメイドS1着、オークス・秋華賞2着を制しています。全兄に朝日杯とジャパンカップ1着のローズキングダムがいます。

ロゼリーナの20
  • 一族からは活躍馬が多数
  • エピファネイアの産駒として欲しい要素は十分抑えることができている
  • 柔らかくなりすぎていないか、馬体でわかることがあればそこで判断したい

 うまくかみ合えばかなりうまくいくのではないかと思います。早く出ればクラシック路線が期待できます。古馬になってから本格化する可能性が高いのではないでしょうか。

 この馬を預かる和田先生はオジュウチョウサンの調教師です。最近ではシルクのテルツェットで重賞を制覇しました。テルツェットは小柄で売れ残った馬でしたが、じっくり育てて重賞馬にしました。そういった経緯からも、小柄な馬体でも育て上げてくれるのではないでしょうか。

ヒカルアマランサスの20

No.9 ヒカルアマランサスの20 牡馬 1月29日生

エピファネイア
ヒカルアマランサス
厩舎美浦 国枝栄厩舎
一口価格160,000円

 配合からの期待度:未勝利のリスクあり

 8番仔です。母ヒカルアマランサスは中央4勝。2010年の京都牝馬S(G3芝1600m)を制しています。G1ではヴィクトリアマイルの2着があります。産駒はデビュー済み6頭のうち4頭が勝ち上がり、いずれも2勝以上をあげています。2つ上の半兄ホウオウアマゾンは2020年のアーリントンC(G3芝1600m)を制しています。3代母Caerlinaは仏オークス馬で、近親にはカレンミロティックがいます。

ヒカルアマランサスの20
  • 母やその一族はとても優秀
  • 配合的にはゆるくなりそうで心配
  • 厩舎は名門国枝厩舎 価格も今期募集2位の8000万円で勝負気配

 私は価格や配合的に勝負は避けたいところですが、期待度は高いのではないでしょうか。ホウオウアマゾンは取引価格1.5億円ですから、その半額で所有できるのはかなりお得なのかもしれません。

カリンバの20

No.10 カリンバの20 牝馬 1月16日生

エピファネイア
カリンバ
厩舎美浦 手塚貴久厩舎
一口価格60,000円

 配合からの期待度:OP級~重賞(古馬)

 初仔です。母カリンバは中央2勝馬です。カリンバの牝系はいわゆるドイツM牝系です。カリンバの20は3代母にMandelaを持ち、祖母アフリカンピアノワールドエース(G2マイラーズC1着・G1皐月賞2着)やワールドプレミア(G1菊花賞1着・G1天皇賞春1着)と全きょうだいで、半弟にヴェルドライゼンデがいます。

カリンバの20
  • 一族はとても優秀。名牝系出身の牝馬で繁殖に上がっても楽しみ。
  • 新世代感のある魅力的な配合エピ×ルーラー×ディープ
  • 晩成傾向で古馬になってからが本番か。古馬にまで進めるかどうか

 かなり楽しみな1頭です。厩舎的にもかなり期待できますし、優先抽選の使用を検討したい1頭です。それにしても、ルーラーシップ×ディープインパクトの繁殖牝馬が出ていることに時の流れを感じますね。

アースサウンドの20

No.46 アースサウンドの20 牡馬 1月23日生

エピファネイア
アースサウンド
厩舎栗東 斉藤崇史厩舎
一口価格100,000円

 配合からの期待度:1勝~2勝クラス

 6番仔です。母アースサウンド中央5勝、地方1勝馬です。兵庫ジュニアグランプリ2着、全日本2歳優駿3着などがあります。デビュー済み4頭中3頭が勝ち上がっています。この馬はハシモトファームの生産で、セレクトセールで落札された馬です。落札価格2090万円に対して、募集価格5000万円となっており、かなり勝負した価格設定になっています。

アースサウンドの20
  • 上の勝ち上がり率の高く、1勝は期待できそう。
  • 目指す路線がよくわからない。どの路線で走らせるのか気になる。
  • 5000万円を回収できるのか疑問符

 なかなか難しい1頭です。想定している路線や脚質が読めず、ここで期待できるから出資したい! とは私はなりませんでした。とはいえ、取引価格→募集価格、厩舎的には勝負気配ですし、可能性はあるのでしょうか。うーん。

まとめ

 私の推奨は2頭です。

  1. ロゼリーナの20
  2. カリンバの20

 ロゼリーナの20はすでに成功を収めている配合に加えて、一族も優秀です。クラシック路線でも期待ができる1頭です。

 私個人としては、新世代配合のカリンバの20にかなり魅力を感じています。牝馬でかつ晩成だとは思うため、勝ち上がりが不安ではあるのですが、勝ち上がってしまえば将来は期待ができるのではないかと思います。

 優先抽選をどの馬に使うか、とても悩みます。昨年はウェイヴェルアベニューの19で外しているので、慎重に考えていきたいと思います。

一口馬主シルクHCシーザリオエピファネイアシルクHC-募集馬診断(2021)種牡馬分析牝系分析記事まとめ
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました