シルク募集馬配合分析 モルジアナの20

一口馬主
スポンサーリンク

シルク募集馬配合分析 モルジアナの20

No.14 モルジアナの20 牡馬 2月13日生

スクリーンヒーロー
モルジアナ
厩舎美浦 木村哲也厩舎
一口価格80,000円

 配合からの期待度:重賞級

 2番仔です。半姉のコラリンはデビュー戦1番人気4着でしたが、未勝利突破は十分できそうです。母モルジアナはシルクで募集され中央4勝。準オープン勝ちがあります。母モルジアナの半弟には志半ばで予後不良となったシャケトラ(日経賞・AJCC・阪神大賞典)がいます。

モルジアナの20の血統表

モルジアナの20

 スクリーンヒーロー×Dubawiは現時点でデビュー馬がいないため、データはありません。スクリーンヒーロー×Mr.Prospector系の勝ち上がり率は約30%です。最近ではウインマリリンがこの組み合わせから出ています。スクリーンヒーロー勝ち上がり率も約35%なので、そこまで悪い数字ではありません。

 スクリーンヒーロー×Sadler’s Wells系はモーリスが出ており、スクリーンヒーロー×Devil’s Bagからはグァンチャーレクリノガウディーが出ています。

 父スクリーンヒーロー×母モルジアナは、上記のニックスをすべて持っています

 ウインマリリンMr.Prospector系のFusaichi Pegasusを母父に持ちます。Roberto×Mr.ProspectorだとNashuaのクロスが発生し、パワーに寄ると推測できるのですが、Fusaichi PegasusHaloの血を引いており、それがスピードを補強しパワーに寄りすぎないのがプラスに働いたと考えられます。モルジアナの父DubawiHaloの血を引きませんが、SingspielGlorious Songを通してHaloの血を引くため補えていると考えられます。

 このGlorious Songがポイントで、Glorious Songの全弟がDevil’s Bagです。グァンチャーレやクリノガウディーが持つ血と共通するため、ここでもニックスが発生していますスクリーンヒーローはスピード的な血をサンデーサイレンスからしか持たないため、それを刺激する要素がないと、パワーが勝ってしまいます。Glorious SongDevil’s Bagが入ることで、スピードを補強することが可能になります。

 スクリーンヒーローの代表産駒モーリスは父スクリーンヒーロー×母父カーネギーの組み合わせです。カーネギーSadler’s Wells×RivermanLalunの牝馬クロスを持ちます。これがスクリーンヒーローのパワフル血脈とかみ合い、パワーマイラーとして成功したと考えられます。モルジアナSadler’s WellsNever Bendの血を持っており、Lalunのクロスを持っています。Halo的なスピードに加えて、パワーも両親から受け継いでいると考えられます。

 そのほか、細かいところを見ていくと、Tom Foolのクロスが多数発生していたり、Halo≒Red God≒Droneのニアリークロスが発生していたりと、スピード血脈を多数引いていることがわかります。

 配合としてかなり完成度が高く、かなり期待できると考えられます。デビュー時期次第ですが、クラシック路線での活躍も十分期待できるのではないでしょうか。

まとめ

  • スクリーンヒーローの配合としてかなり良さそう
  • 母系も優秀で期待ができる
  • マイルから中距離で2,3歳戦線での活躍を期待

 かなり期待ができる1頭で、優先抽選権を使用したい馬です。優先抽選券を使いたい馬がたくさんいて困りますが、応募数を見て決めるほかないので、応募数とにらめっこして決定ですね

 3年間で100万円出資すると、ボーダー突破しやすくなり、結構自由度が広がってくるようなので、どっかでどかっと出資して実績枠拡大を狙いたいですね。その初年度にするには、優先枠に5口出資とかになると思うので、割と度胸が必要です。わくわく。

一口馬主シルクHCシルクHC-募集馬診断(2021)
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました