ノルマンディー募集馬配合分析(2021) 全頭まとめ・牝馬編

一口馬主

ノルマンディー募集馬配合分析 全頭まとめ・牝馬編

 ノルマンディー募集馬配合分析について、5頭ごとに進めていこうと思っていましたが、記事を書く時間を設けられなかったので、ざっくりと全頭まとめにしようと思います。

 こちらは牝馬編です。

 牡馬編はこちら

 あくまで私の主観による分析ですので、保証できるものは何もありませんが、もしご参考になりましたら幸いです。

 ※40口、地方馬を除く

スポンサーリンク

No.2~5のまとめ記事

No.6~10のまとめ記事

16.ウィズアットレースの20

16 ウィズアットレースの20

父:マツリダゴッホ 母父:ローレルゲレイロ

牝 2月23日 23,000 美浦・和田雄二厩舎

  • 母父ローレルゲレイロは魅力的。スピードを強化する血が複数あり、短いところで期待。
  • マツリダゴッホと大枠Mr.Prospector系は相性が良く、そこも良さそう。
  • 小柄な短距離馬になりそうで、上級でどうか。勝ち上がりと夏の活躍は期待できそう。

17.ヴンダーゾンネの20

17 ヴンダーゾンネの20

父:ブラックタイド 母父:グラスワンダー

牝 4月19日 29,000 美浦・小手川準厩舎

  • Danzig・Mr.Prospectorはブラックタイドと好相性。加えてRobertoでダートで期待大
  • 4月生まれで400キロ前半の馬体。路線的にはもう少し大きくなってほしい。
  • 牡馬だと理想的だが牝馬でも活躍は見込めそうではある。1/4Halo 3/4Northen Dancer

18.オヒアの20

18 オヒアの20

父:マインドユアビスケッツ 母父:ブラックタイド

牝 2月27日 38,000 美浦・加藤士津八厩舎

  • 母オヒアがブラックタイドにDanzig・Mr.Prospectorで理想的配合で魅力的な繁殖。
  • マインドユアビスケッツはスピード&パワーで、硬くなりすぎそうだが、牝馬でバランスが良い
  • マイルまでこなせると、クロフネ牝馬的な活躍が期待できる。楽しみな1頭
スポンサーリンク

19.キョウエイハツラツの20

19 キョウエイハツラツの20

父:イスラボニータ 母父:オペラハウス

牝 2月13日 32,000 美浦・西田厩舎

  • 半兄にリッカルド、一族にスマートファルコンなど、ダートで活躍馬が多い一族
  • イスラボニータ(父フジキセキ)もダート馬を輩出しており、ダート路線で期待できる
  • ただし、イスラボニータのダート適正を引き出す配合ではなく、芝っぽい。路線が悩ましい印象

20.クレバークリスの20

20 クレバークリスの20

父:オルフェーヴル 母父:クロフネ

牝 4月13日 43,000 栗東・寺島良厩舎

  • 母クレバークリスはクロフネ×フジキセキで、ダート適正が高い魅力的配合
  • オルフェーヴル×Deputy Minister系からはダート活躍馬が出ており、ダート路線ではないか
  • 4月生まれにしては馬格もあり、もう少し大きくなるとさらに期待できそう。

21.ザッツザウェイの20

21 ザッツザウェイの20

父:ゴールドシップ 母父:フサイチコンコルド

牝 5月1日 32,000 美浦・辻哲英厩舎

  • ノーザンテーストのクロスがあるゴールドシップ産駒は好成績。
  • スピード要素が薄く、洋芝や長距離、重馬場など活躍の場が限られそう。
  • 条件が一致したときは活躍できそう。不一致でも勝てるようなら大物になるかも。
スポンサーリンク

22.シュヴァリエの20

22 シュヴァリエの20

父:ダイワメジャー 母父:フレンチデピュティ

牝 3月13日 59,000 栗東 ・吉岡辰弥厩舎

  • 母シュヴァリエが競走成績・繁殖実績ともにノルマンディー最高クラスに優秀。
  • ダイワメジャー×French Deputyらしくかなりの筋肉。ダイワメジャー×Caerleonもニックスで◎
  • 吉岡厩舎所属も期待できる。2歳路線からクラシックまで楽しみな1頭。

23.シルヴァーコードの20

23 シルヴァーコードの20

父:ロージズインメイ 母父:スウェプトオーヴァーボード

牝 4月4日 24,000 美浦・高柳瑞樹厩舎

  • 母は未勝利と500万下を2回勝ちの3勝。
  • 両親ともに主張が薄い印象。クロスもHaloの4×5、Raise a Cup≒Mr.Prospectorの4×5でやや薄い。
  • 勝ち上がればスプリント路線で長く楽しめそう。また回収の可能性も高そう

24.ピッツネイルの20

24 ピッツネイルの20

父:ゴールドシップ 母父:クロフネ

牝 4月1日 30,000 栗東・新谷功一厩舎

  • 全姉に一発回収のホワイトターフ。募集時の見た目は姉よりもよく見える。
  • ゴールドシップ産駒は頑強さを加えると良さそうで、クロフネ・Nureyevはよさそう。
  • クロフネ由来のスピードがあるため、鈍足にはならなさそう。人気ほどかは微妙
スポンサーリンク

25.プラージュの20

25 プラージュの20

父:ルーラーシップ 母父:スペシャルウィーク 牝

2月29日 57,000 栗東 ・奥村豊厩舎

  • ディアンドルと7/8同血で、その配合の良さは実績込みで評価できる。
  • 母・半兄と競走成績優秀。ただ走れているきょうだいは少なく、健康には不安がある。
  • 馬体も現状十分なサイズ感があり、クラシック路線に間に合ってくれそうな印象。

26.フラワーロックの20

26 フラワーロックの20

父:ダンカーク 母父:アッミラーレ

牝 4月3日 34,000 美浦・尾関知人厩舎

  • 母の競走成績は優秀。一族からはホクトベガが出るなど魅力的
  • ダンカークは柔らかめな種牡馬なのか、牝馬だと力が必要な場面で活躍が厳しい。
  • 活躍できる環境は限定されそうだが、かみ合えば勝てそう。繁殖入り後が一番活躍できそう。

27.メイクデュースの20

27 メイクデュースの20

父:ディーマジェスティ 母父:トウカイテイオー

牝 3月7日 48,000 美浦・栗田徹厩舎

  • 母父トウカイテイオーというロマンのある血統
  • 父ディーマジェスティは重厚な血が多く、スタミナとパワーに富んでいる
  • 母系にスピード血統が結構あり、それを引き出せるかどうか。中山2500や阪神2200があいそう。
スポンサーリンク

28.ルミナスレッドの20

28 ルミナスレッドの20

父:ビーチパトロール 母父:トーセンダンス

牝 3月24日 22,000 400 美浦・相沢郁厩舎

  • 母はスタミナのある馬だが、スピードも伸ばせそうな血が結構持っているタイプ。
  • 3/4Mr.Prospector・1/4サンデーサイレンスという珍しい配合。
  • スピードがどれくらい引き出せるかどうか。スタミナは十分ありそう。

29.レットイットスノーの20

29 レットイットスノーの20

父:マインドユアビスケッツ 母父:ハーツクライ

牝 2月2日 35,000 美浦・岩戸孝樹厩舎

  • ハーツクライのMy Bupersの血はマインドユアビスケッツと相性よさそうで期待できる。
  • 父短距離×母父中長距離は父のスピードを母のスタミナで走るという形になって良さそう。
  • スキーパラダイスの一族も魅力。生じるクロスも面白味がある印象を受ける。

まとめ

 牡馬同様に最終的な結論は出せていませんが、今のところ以下の馬が候補です。

  • ウィズアットレースの20
  • オヒアの20
  • クレバークリスの20
  • シュヴァリエの20
  • プラージュの20
  • レットイットスノーの20

 牡馬よりも牝馬のほうが見どころがある印象を受けています。

 ウィズアットレース・オヒアが候補として上位です。クレバークリスは評価していますが、オルフェ産駒は芝で活躍できそうな配合のほうが好みで、ダート期待で出資は微妙かなと思っています。

 シュヴァリエとプラージュは牝馬クラシック路線で夢が見れる配合で、期待したい馬です。ノルマンディー予算的に、出資するかどうかは悩ましいです。レットイットスノーは母の実績に疑問符がつくものの、割と好みの配合をしており、オヒアと2択です。

 こちらも悩ましいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました