ノルマンディー募集馬配合分析(2021) 全頭まとめ・牡馬編

一口馬主

ノルマンディー募集馬配合分析 全頭まとめ・牡馬編

 ノルマンディー募集馬配合分析について、5頭ごとに進めていこうと思っていましたが、記事を書く時間を設けられなかったので、ざっくりと全頭まとめにしようと思います。

 こちらは牡馬編です。

 あくまで私の主観による分析ですので、保証できるものは何もありませんが、もしご参考になりましたら幸いです。

 ※40口、地方馬を除く

牝馬まとめはこちら

スポンサーリンク

No.2~5のまとめ記事

No.6~10のまとめ記事

2.キタサンメジャーの20

2 キタサンメジャーの20

父:ヘニーヒューズ 母父:ダイワメジャー

牡 3月9日 63,000 美浦・高木登厩舎

  • 柔らかく軽く速い血とダイワメジャーやパワーのある米血で力強さを兼ね備えた配合
  • 中央ダート適正が高そうで、中でも東京や中京のダートで活躍が期待できるのが魅力
  • 馬体画像の筋肉も発達しており、馬体的にも配合の魅力が出ている印象

3.ギャラクシーセレブの20

3 ギャラクシーセレブの20

父:エイシンフラッシュ 母父:ブラックタイド

牡 4月16日 43,000 栗東・杉山晴紀厩舎

  • 欧州的なスタミナとタフな馬場に対応できるパワーにあふれる配合
  • 父の実績はいまいちながら、エイシンフラッシュを預かるには魅力的な厩舎に預託予定。
  • スピードがどれくらい伸びるかがポイント。スタミナとパワーに寄った印象がある。

4.ジェルヴェーズの20

4 ジェルヴェーズの20

父:ビーチパトロール 母父:メイショウサムソン

牡 3月1日 29,000 栗東・千田輝彦厩舎

  • Nureyev≒Sadler’s Wellsを持つ頑強さとスピードを伸ばす血脈が多数あり魅力的
  • 芝・ダートどちらでも走れそうな配合で、勝ち上がれば長く楽しめるタイプになりそう
  • Kingmambo系のビーチパトロールは成功の可能性が十分あり、この価格で買えるのはチャンスかも
スポンサーリンク

5.セイントリースカウトの20

5 セイントリースカウトの20

父:ダンスディレクター 母父:Saint Ballado

牡 4月6日 20,000 美浦・本間忍厩舎

  • 2019年種付け頭数4頭のうちの1頭という激レア産駒。祖母米G1馬
  • ダートで活躍するきょうだい。Mr.Prospector系の父からは4勝のミッキーバラード
  • 短距離路線での活躍が期待できるが、未勝利突破がまず最初の課題となりそう。

6.ニシノマドカの20

6 ニシノマドカの20

父:ダノンバラード 母父:ジャングルポケット

牡 4月14日 36,000 栗東・鈴木孝志

  • 全兄にナイママ ダノンバラードは産駒数に対して良績を残している
  • HyperionとNashua≒Nantallahの血を持ち、スタミナとパワーに富んだ配合
  • スピードに不安も活躍できる舞台が想像できるのはプラス

7.ニホンピロルピナスの20

7 ニホンピロルピナスの20

父:シビルウォー 母父:アドマイヤベガ

牡 5月4日 33,000 美浦・稲垣幸雄

  • 母18歳時の産駒 4年ぶりの産駒。半兄に最優秀ダート馬のニホンピロアワーズ
  • パワーとスタミナに富んだ配合。
  • スピードに不安

[ad]

8.ハートオブスワローの20

8 ハートオブスワローの20

父:ラブリーデイ 母父:ハーツクライ

牡 4月18日 37,000 美浦・池上昌和厩舎

  • ラブリーデイの種牡馬実績に不安。トニービンの4×4も晩成・中距離化が進みで未勝利突破に不安
  • スピード的な血は持っているが、引き出すクロス・ニアリークロスが薄く、スピードに不安
  • 未勝利突破し、本格化してくると中長距離で活躍しそうな血が多く、楽しめそう。

9.フォーミーの20

9 フォーミーの20

父:ディスクリートキャット 母父:アドマイヤマックス

牡 4月8日 40,000 美浦 ・青木孝文厩舎

  • 勝ち上がり率が高い母と、使って良化する傾向のある父の産駒傾向より、勝ち上がりの期待大
  • 2歳時は短距離芝、以降は短距離ダートで期待ができる
  • 日本で活躍する血が多数あり、配合バランスも良好でかなり良さそう。

10.プリンセスフローラの20

10 プリンセスフローラの20

父:モーリス 母父:キングカメハメハ

牡 3月5日 38,000 美浦・奥村武厩舎

  • 優秀な一族の出身。サクラバクシンオーの全きょうだいの血がモーリスとあいそう
  • 母はキングカメハメハ×サンデーサイレンスで今一番活躍している繁殖の形
  • 活躍にほしいクロスは備わっており、あとはそれが引き継がれているかどうか。期待。

[ad]

11.フルマークスの20

11 フルマークスの20

父:カレンブラックヒル 母父:Kitten’s Joy

牡 1月30日 72,000 栗東 ・小林真也厩舎

  • 新馬戦や2歳戦に強い父と母父。ただ両方とも2勝目がなかなか苦しむタイプ
  • ダイワメジャー×Sadler’s Wellsはニックス Nureyev≒Sadler’s Wellsも魅力。
  • 優秀な牝系。1月生まれ、短距離~マイルと思うとやや小さいか。

12.マジックミラージュの20

12 マジックミラージュの20

父:エスポワールシチー 母父:Giant’s Causeway

牡 5月22日 60,000 美浦・伊藤圭三厩舎

  • ダート中距離路線で活躍しそうな配合。サンデーサイレンスが母系に入らないのはプラス
  • 祖母は米G1を2勝。きょうだいでも中央活躍馬が複数いて、期待できそう
  • Mr.Prospector系の血が入ると理想的だったが、それがない。スピードがどうか。

13.モトヒメの20

13 モトヒメの20

父:ネオユニヴァース 母父:ショウナンカンプ

牡 4月14日 28,000 美浦・上原博之厩舎

  • 父中長距離×母短距離は形的にはよさそう。
  • Sir Ivorの全兄弟クロスがある&Northen Dancerのクロスが薄く、柔らかいタイプと推測
  • どの路線で走るのか、という疑問符。活躍する場を想像するのが少し難しい。

[ad]

14.ラフェクレールの20

14 ラフェクレールの20

父:ルーラーシップ 母父:スペシャルウィーク

牡 2月11日 70,000 栗東 ・辻野泰之厩舎

  • 母は繁殖として優秀。一族からはアドマイヤコジーンが出るなど期待できる。
  • ルーラーシップ×サンデーサイレンス系はニックス。中でもBMSとしてスペシャルウィークは優秀
  • 勝ち上がり&活躍は期待ができ、中長距離での活躍が見れそう。晩成傾向ではないか。

15.レジェンドブルーの20

15 レジェンドブルーの20

父:サトノクラウン 母父:ステイゴールド

牡 3月2日 31,000 栗東・牧田和弥厩舎

  • スカーレットインクの一族は魅力的。母父ステイゴールドの実績は不安。
  • スタミナやパワーに富んだ配合。重めの馬場や中長距離で走ることが見込まれる。
  • 良馬場で活躍できるスピードを持っているかどうかに疑問符。

[ad]

まとめ

 最終的な結論はまだ出せていませんが、牡馬の出資候補として考えているのは以下の4頭です。

  • ジェルヴェーズの20
  • セイントリースカウトの20
  • フォーミーの20
  • プリンセスフローラの20

 プリンセスフローラの20はモーリス産駒として自分が思う理想的な配合がされていて、出資したいなと思っています。ジェルヴェーズの20とセイントリースカウトの20は新種牡馬への期待と、私のノルマンディーOCでの一口馬主の楽しみ方と合致しているのがポイントです。一番活躍しそうなのはフォーミーの20だと思っており、とても悩ましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました