シルク募集馬配合分析 アーデルハイトの20

  • URLをコピーしました!
目次

シルク募集馬配合分析 アーデルハイトの20

No.6 アーデルハイトの20 牝馬 5月24日生

ロードカナロア
アーデルハイト
厩舎美浦 宮田敬介
一口価格90,000円

 配合からの期待度:未勝利~1勝クラス

 8番仔です。出走済みの上6頭は勝ち上がり4頭で、3歳のベルンハルトも未勝利は突破できそうです。

アーデルハイトの20の血統表

アーデルハイトの20

 ロードカナロア×アグネスタキオンは勝ち上がり率約43%ですので、ロードカナロアの平均値と同程度です。この組み合わせから重賞馬はまだ出ていません。

 アーデルハイトの20はSanta Lucianaの牝系に属し、一族からはマンハッタンカフェブエナビスタが出ています。祖母のビワハイジG1を1勝、G3を2勝しており、産駒からはブエナビスタ以外にも重賞馬を5頭も出している名牝です。

 父ロードカナロア × 母アーデルハイトという組み合わせで気になるのは、やはりBold RulerSir Gaylordでしょうか。母アーデルハイトは父母父ロイヤルスキーを通してBold Rulerの血を引きます。加えて、母母父Lord GayleからSir Gaylordの血を引きます。Sir Gaylordは母SomethingroyalSecretariatの母でもあるため、Secretariatを刺激する血を二つ揃えて持つことになります。(そもそもSecretariatSir Gaylordがニアリークロス)

 ロードカナロアの記事でも書きましたが、ロードカナロアはSecretariatを刺激すると柔らかくなりすぎてしまうのではないか、という風に私は考えています。

あわせて読みたい
種牡馬‐ロードカナロアの分析 【種牡馬‐ロードカナロアを考える】  今回はロードカナロアについて考えていこうと思います。  ロードカナロアは20年種牡馬リーディング第2位で、ディープインパクト...

 そのため、この組み合わせは緩く出てしまう可能性が高いのではないかと考えています。加えて、3/4同血の兄ベルンハルトも体質的に弱く、なかなか使えずに苦戦しています。この馬も5月生まれなので、同じように苦戦する可能性はあるのではないかと思います。

 ただ、母アーデルハイトの母父Caerleonは母Foreseerを通してHail to ReasonLa Troienneの血を引くため、そこでパワーをある程度補強できていますNijinskyも胴長のNorthen Dancer系ですが、Teddyの血やTom Foolの父Menowの血を引くので、Hail to ReasonLa Troienneの血と混ざるとパワーを刺激する血になります。アーデルハイトの20が馬体的にその要素を刺激された素養を見せれば、期待してよいのではないでしょうか。

まとめ 

  • Secretariatを刺激する血が多いのが気になる
  • 体質が弱くないか気になる
  • 上記を克服する馬体や体質を持っていると大化けの可能性あり

 血統表から私が感じた印象は上記の通りです。優秀な牝系出身であるだけに、体質的に強く、トレーニングで緩さを補うことができれば、大化けの可能性はあります。ただ、私は馬体を見極める自信がないため、こういう血統には二の足を踏んでしまいます。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる