シルク募集馬配合分析 アルビアーノの20

My Bupers
スポンサーリンク

シルク募集馬配合分析 アルビアーノの20

No.2 アルビアーノの20 牝馬 3月30日生

ハーツクライ
アルビアーノ
厩舎美浦 木村哲也厩舎
一口価格80,000円

配合からの期待度:クラシック路線でも期待 重賞級

3番仔で、半姉にドゥラメンテ産駒のアヴェラーレ(3歳牝馬 2勝クラス 21年7月4日現在)がいます。

アルビアーノの20の血統表

アルビアーノの20

 ハーツクライ×Storm Cat系は勝ち上がり率約50%で好相性です。重賞馬もヒシイグアス・ゴーフォザサミット・ウーマンズハートがおり、G1級はまだ出ていないものの実績を残しています。

 ハーツクライ×Fappiano系もまた勝ち上がり率約50%で好相性。ハーツクライ×Unbridled’s Songからはハーツクライの代表産駒スワーヴリチャードが出ています。

 近年ではハーツクライ×Danehill系で早期デビューを果たす産駒が出ておりますが、この馬はDanehillの父Danzigの血を引いており、そこも早熟化に影響を及ぼすと考えられます。

 母アルビアーノ自身は鋭い末脚を使って、スワンステークス(G2,芝1400m)を1着、フラワーC(G3,芝1800m)を制しています。G1では、高松宮記念で3着、NHKマイルで2着に好走しており、申し分ない実績を残しています。

 アルビアーノは名牝Coutly Deeを4代母に持つ馬です。Coutly Dee牝系からは、Green DesertArchなどが出ています。このCourtly Deeとハーツクライの3代母My Bupersは米国のパワフルさを伝える血を引いており、この2頭が出会うことでスタートと同時に突進して走り切るor4角から猛烈に加速するパワーを産駒に伝えます。アルビアーノの3代母のAltheaはAlyder×Courtly Deeですので、相当なアメリカパワー血統です。そこにDanzigUnbridledですので、代々米国のスピードとパワーを受け継いできています。

 またアルビアーノの父Harlan’s HolidayがHaloの血を引くこともポイントです。アルビアーノの20はHaloの3×5を持っており、日本の芝適性の高いスピードと加速力を増幅させています。次いでHyperionや米国パワー型の血が強いため、後方から猛追して最後までがんばるような走りを見せそうです。

 ハーツクライ産駒は大箱向きになることが多いのですが、この馬は小回りのほうが向くような気がしています。馬体次第でしょうか。

 日本的なスピードと米国的なパワフルさを存分に強化した配合ですので、阪神JFや桜花賞で活躍を期待したいところです。いずれも大箱なので、そこで成果が出ないときは、小回りマイルで期待したいところです。

 父ハーツクライや、今回のキーポイントMy Bupersは別記事でまとめてありますので、ぜひご参照ください。

まとめ

  • 好相性の血が多く、期待ができる
  • 早期から動けそうな配合で、クラシック路線での活躍が期待できそう
  • ただし体質と気性は要注意

 配合からはこういった印象を受けました。大物を期待して良いのではないかと思います。繁殖に入ってもかなり期待できる1頭です。

My Bupers一口馬主シルクHCシルクHC-募集馬診断(2021)種牡馬分析ハーツクライ牝系分析
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました