ノルマンディーOC 三次募集馬分析(2021年度) オペラアイの20

  • URLをコピーしました!
目次

ノルマンディーOC 2021年度三次募集馬分析

 ノルマンディーオーナーズクラブの2021年度三次募集が開始されました。これが2021年度最後の募集ですね。先行募集の申し込みは5月16日から24日13時までです。
 ノルマンディー会員ですので、先行申込をする権利を有しています。出資申込をするかどうか、1頭ずつ分析・検討していこうと思います。その検討内容を記事にまとめていこうと思います。

 本分析は募集馬の活躍を保証するものではございません。出資などの最終のご判断はご自身にて実施をお願いいたします。
 また、馬券的な分析をするものではなく、一口馬主として出資をするうえでの分析ですので、馬券を検討する際の情報としては有効なものではありません。ご了承くださいますようお願いいたします。

 Youtubeも始めました。そちらもぜひご視聴ください。

シオノゴハンチャンネル

募集馬概要 オペラアイの20

オペラアイの20
  • オペラアイの20
    • 父:ミッキーロケット
    • 母:オペラアイ
      • 母父:オペラハウス
    • 性別:牡馬
    • 生年月日:2020年5月30日
      • 母20歳時の産駒
    • 所属予定:美浦 堀内岳志厩舎
    • 生産:新冠・長浜秀昭
    • 募集総額:960万円
      • 一口価格:24,000円

 オペラアイの20は新冠・長浜秀昭さんの生産馬です。母20歳時の高齢出産馬となります。セリでの取引馬で価格は286万円でした。

 母オペラアイは中央・地方で5戦走り、未勝利引退。産駒に目立った活躍馬はおらず、初仔のマームードイモンの中央3勝が最多です。祖母トウショウアイはエリザベス女王杯やローズSを2着に好走した実力馬で、産駒もなかなか走っています。

 調教師の堀内先生は今年開業したばかりです。堀内先生は二ノ宮厩舎で調教助手をされていました。二ノ宮厩舎はエルコンドルパサーやナカヤマフェスタを管理されていた厩舎で、いずれも凱旋門賞で2着に入っています。堀内先生はナカヤマフェスタをご担当されていたそうです。私の出資馬ではクトゥネシリカを管理していただいています。言葉選びがマイルドで、あたたかな方だな、という印象を受けています。

 母の実績的には厳しいものはあるものの、祖母は競走成績優秀ですし、Mr.Prospector系をつけたマームードイモンが3勝あげているのはプラス材料というところでしょうか。

血統分析

オペラアイの20 血統分析
  • 芝中長距離・非根幹距離・稍重以上
    • 非主流要素が強い
      • 主流はキングカメハメハのみ
      • Nureyev ≒ Sadler’s Wellsの5×5×3
    • Nasrullah + Hyperion
      • 長く良い脚に期待
  • 晩成傾向ではないか

 父ミッキーロケットは初年度産駒が2020年にデビューする新種牡馬。2018年の宝塚記念を勝利しています。サンデーサイレンスの血を持たないことが種牡馬としては強みとなっています。勝利した宝塚記念は稍重の馬場で、非根幹距離かつ内回りの阪神と、非主流要素が強いコース。サンデーサイレンスの血を持たないことが強みとなったと考えられます。

 ミッキーロケットはNureyevの4×4がパッと目につきますが、血統全体ではNasrullah+Princequillo要素も強く、産駒においてはどちらを強く刺激しているかがポイントになるかと思います。

 オペラアイの20においては、まず、サンデーサイレンスの血が入らないため、非主流要素が継続されます。また、母系は古く伝統的な血で、どちらかというとスタミナ要素が強め。母の父もオペラハウスですので、欧州要素が強く、NureyevSadler’s Wellsのニアリークロスも発生します。NasrullahHyperion要素が強まるのと、力強さも上乗せされる印象です。

 これら総合していくと、軽い芝への適性は高いものではないと推測できます。一方で、スタミナと力強さには富んでいると考えられ、芝の中長距離・非根幹距離・稍重以上というシチュエーションでの活躍が期待できるのではないかと思います。札幌や函館の2600m戦などで見せ場はありそうです。半兄のマームードイモンも札幌2600mで2勝をあげていますし、特定の場面での活躍は期待ができそうです。

 血統的に晩成要素が強く、生まれも5月末ですから、デビューは遅くなると思います。芝中距離路線は未勝利で枠が空きやすいですから、遅れても機会はあると思います。ノルマンディーは、育成ペースは遅めで、デビューも遅めのクラブです。そこに晩成血統ですから、未勝利突破チャレンジへの出走回数がどのくらいになるのか、そこは不安ですね。

まとめ

 ミッキーロケットはサンデーサイレンスの血を持たない種牡馬ですから、サンデーサイレンスの血を取り入れたほうが芝への適性は高まるのではないかと思います。また、Northern Dancerの血も濃いため、フジキセキ肌のマイラー牝馬がねらい目んなのかなと思っています。

 逆にこの馬のように、サンデーサイレンスの血を取り入れないことで、別路線に活路を見出すのもアリなのだろうな、とも思います。

 この馬の活躍を祈っています。

 キングカメハメハの記事については以下をご参照ください。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる