ノルマンディーOC二次募集馬配合分析(2021) マジェスティックブライトの20

一口馬主
スポンサーリンク

ノルマンディーOC 二次募集馬 配合分析における方針と注意書き

 ノルマンディーOCの二次募集が2022年1月6日よりスタートします。公式HP募集馬ページの公開は12月16日に公開されました。まずは血統表のみの分析を行っているので、コメントや写真については現時点では触れません。

 年内に1頭ずつ更新を行い、募集開始前には全頭評価を実施できる状態まで進めていきたいと思います。

 二次募集馬の分析については以下の流れで実施したいと思います。

  1. 1頭ごとの配合分析の実施 血統表ベース
  2. 配合分析実施後、馬体分析の実施(動画・写真の公開と並行して実施)
  3. 全頭そろった時点で横の比較を実施

 まずは1頭ごとに血統表からわかる魅力や『こういうイメージで、馬体と方向性が合致してたら良いのではないか』の仮設立てを実施したいと思います。その仮説を馬体・歩様とコメントと比較して検証、その後に二次募集馬+一次募集馬と比較して個人的に良いと思う馬を選定、という流れにしたいと思います。

 分析にあたっては、血統評論家の栗山求さん・望田潤さんのブログや書籍をもとに勉強した内容を用いています。お二人のブログは以下。

 栗山求さん → 栗山求の血統BLOG

 望田潤さん → 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

 そのほか、亀谷敬正さん、治郎丸敬之さん、村山弘樹さんの書籍でも勉強させていただいております。勉強で用いている書籍は以下の通りです。

 あくまで本分析は自分自身が一口馬主として競走馬に出資しており、自分自身の投資先を選ぶための分析を公開している範囲ですので、募集馬の活躍を保証するものではございません。最終の判断はご自身にて実施をお願いいたします。ご了承ください。

マジェスティックブライトの20

募集番号46 マジェスティックブライトの20 牡馬 3月6日生まれ

パイロ
マジェスティックブライト
母父Pivotal
厩舎北海道 佐々木国明厩舎
価格116,000円(100口)

 母マジェスティックブライトは英国1勝馬です。2011年のセリで購入されています。以降、ミリオンファームにて繋養されています。

 マジェスティックブライトの産駒に中央で勝ち上がった馬はいませんが、地方で複数勝利している産駒が3頭います。

 3代母のMuch Too Riskyからは自身も重賞馬で産駒にヴィクトワールピサのいるホワイトウォーターアフェアが出ています。Much Too Riskyから枝葉が広がっており、活力のある一族の出身です。祖母L’Affraire Moniqueホワイトウォーターアフェアの全妹ということもあり、マジェスティックブライトネオユニヴァースヴィクトワールピサアンライバルドがつけられています。ネオユニヴァースアンライバルドは第二のヴィクトワールピサ狙いとして察する部分はあるのですが、ヴィクトワールピサとの産駒マイディスティニーホワイトウォーターアフェア=L’Affraire Moniqueの2×2という驚異のクロス持ち。今も園田で現役で走っており、2021年12月末時点で園田34戦3勝(通算43戦3勝)しており、体質が不安になりそうなクロスを持ちながらもかなりのタフネスです。

スポンサーリンク

 これまでサンデーサイレンス系の種牡馬がずっとつけられていましたが、今回初めてA.P.Indy系種牡馬のパイロがつけられています。マジェスティックブライトの20は母13歳時の産駒です。

 兄・姉はすべて地方で走っており、当初より地方競馬を念頭に置いての馬だったのではないかと思います。セリでの取引価格は660万円、募集価格は1,160万円ですから、北海道から南関東への移籍が前提に進められる馬ではないかと思います。

 北海道競馬はA-1級でも優勝賞金100万円で、この募集価格を回収するのはかなり難しいと言えます。なので、北海道で2歳新馬シーズンを過ごし、南関東への移籍を目指していくのではないかと思われます。

マジェスティックブライトの20の血統表

マジェスティックブライトの20

 パイロは地方種牡馬リーディングで6年連続で5位以内に入っているダート種牡馬です。中央でも30位以内に毎年のように入っており、日本のダート路線の馬産を支える種牡馬です。勝ち上がり率も30%超あり、優秀な種牡馬です。ミューチャリーが地方所属馬として2021年のJBCを制したことで、Jpn1を初制覇しました。

スポンサーリンク

 この馬は以下がポイントになると思います。

  • Mr.ProspectorとNureyevによるNashua≒Nantallahのニアリークロスによる北米パワー注入が期待できる
  • ダート適性をどこまで底上げできているか

 パイロPulpitが母父にMr.Prospectorを引くため、Nashuaの血を持ちます。NashuaRobertoにも入っている血で、Nasrullahに北米パワーを注入した血のイメージです。同様のことがマジェスティックブライトの父系であるNureyevの持つNantallahにも言えます。NashuaNantallahのニアリークロスを持つ馬は、パワーとスピードを受け継ぎ、ダート適性が高まります。

 マジェスティックブライトの20Mr.Prospectorの4×4とNureyevですから、Nashua≒Nantallahの6×6×7を持ちます。これはプラスではないかと思います。一方、パイロ産駒はMr.Prospectorのクロスがないほうが活躍する傾向があるため、Nureyev由来のNantallahがあることでそのマイナスを中和できていると良いのではないかと思います。単純にMr.Prospectorだけのクロスだと、Nashuaの持つ北米パワー以外の要素も強化されてしまうのが、成果につながらない理由ではないかと想像しています。

スポンサーリンク

 パイロの母父Wild Againもまた米国ダートで活躍した競走馬・種牡馬で、先行して粘り強く走るHyperion的な要素を産駒に伝えます。ダートではトランセンド(中央ダートG1制覇&3勝)がWild Againを父系に持ち、先行して強い勝ち方をしていました。NureyevHyperionの血を引く種牡馬ですから、Hyperion的な要素を父・母から受け継ぐことができています。全体的にNasrullahの血とHyperionの血を受け継いでおり、小回りを加速しながらこなすことができるタイプではないかと思います。

 一方で、Pivotal・Machiavellianの血を引く母系は、欧州の芝要素の強い印象を受けます。産駒が地方ダートで走っているからと言って、ダート適性が高い母系とは言えないでしょう。これが中央ダートでの募集となると、適性的にどうだろうか、と思うところですが、地方ダートは中央ダートより深く、スタミナが求められることから、欧州芝血統のスタミナがプラスに働く部分も出てきます。

 総合していくと、父系のパワー&スピードを両親のHyperionと母系の欧州的スタミナで生かして地方の砂を走る馬、という印象でしょうか。となると結構良さそうですね。

まとめ

 北海道所属で総額1,160万円、100口の馬ですから、能力的に結構高くないと黒字にするのは難しい1頭ではないかと思います。ただ、配合的には地方ダートで活躍できそうな要素は持っており、順調にいけば南関東競馬で見ることができそうです。南関東で安定して活躍することができれば、回収も見込めるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました