ノルマンディーOC二次募集馬配合分析(2021) ゴシップクイーンの20

  • URLをコピーしました!
目次

ノルマンディーOC 二次募集馬 配合分析における方針と注意書き

 ノルマンディーOCの二次募集が2022年1月6日よりスタートします。公式HP募集馬ページの公開は12月16日に公開されました。まずは血統表のみの分析を行っているので、コメントや写真については現時点では触れません。

 年内に1頭ずつ更新を行い、募集開始前には全頭評価を実施できる状態まで進めていきたいと思います。

 二次募集馬の分析については以下の流れで実施したいと思います。

  1. 1頭ごとの配合分析の実施 血統表ベース
  2. 配合分析実施後、馬体分析の実施(動画・写真の公開と並行して実施)
  3. 全頭そろった時点で横の比較を実施

 まずは1頭ごとに血統表からわかる魅力や『こういうイメージで、馬体と方向性が合致してたら良いのではないか』の仮設立てを実施したいと思います。その仮説を馬体・歩様とコメントと比較して検証、その後に二次募集馬+一次募集馬と比較して個人的に良いと思う馬を選定、という流れにしたいと思います。

 分析にあたっては、血統評論家の栗山求さん・望田潤さんのブログや書籍をもとに勉強した内容を用いています。お二人のブログは以下。

 栗山求さん → 栗山求の血統BLOG

 望田潤さん → 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

 そのほか、亀谷敬正さん、治郎丸敬之さん、村山弘樹さんの書籍でも勉強させていただいております。勉強で用いている書籍は以下の通りです。

 あくまで本分析は自分自身が一口馬主として競走馬に出資しており、自分自身の投資先を選ぶための分析を公開している範囲ですので、募集馬の活躍を保証するものではございません。最終の判断はご自身にて実施をお願いいたします。ご了承ください。

ゴシップクイーンの20

募集番号39 ゴシップクイーンの20 牝馬 4月14日生まれ

べーカバド
ゴシップクイーン
母父フレンチデピュティ
厩舎美浦 田島俊明厩舎
価格23,000円

 母ゴシップクイーンはJRA2歳認定競走フレッシュチャレンジでデビューし、勝利。中央でその後4戦し、2歳500万下で3着を2回記録しています。生産は社台ファームです。

 祖母レディゴシップは社台ファーム生産・社台レースホース所属でOP競走3勝を含む6勝。重賞はクイーンS(G3-中山2000m)と中山記念(G2-中山1800m)で2着、新潟大賞典(G3-新潟2000m)3着があります。

 ゴシップクイーンの産駒は当馬含め9頭おり、デビュー済み8頭中7頭が中央・地方で勝ち星をあげています。中央勝ちは4頭です。当馬は母16歳時の産駒です。

ゴシップクイーンの20の血統表

ゴシップクイーンの20

 べーカバドダブルシャープ、タイセイアベニール、デアフルーグなどの父で、フランスG1のパリ大賞に勝利した馬です。祖父Cape Crossは凱旋門賞馬のSea The Stars・Golden Hornの父でもあり、自身はマイルで活躍した馬ですが、産駒はクラシックディスタンスで活躍しています。

 Green Desert系の種牡馬ではKingman産駒が日本で活躍しています。ベーカバドKingmanGreen Desert・Kris・Mill Reefが共通し、似た血統をしていますが、KingmanGreen Desertのスピードをより生かす配合になっており、その点が同じGreen Desert系でも異なる印象です。ベーカバドは直接的にGreen Desertのスピード要素を刺激する要素がないため、パワーとスタミナに寄った種牡馬となっています。

 こうした父ベーカバドを持つゴシップクイーンの20の配合では、以下がポイントになると思います。

  • 父中距離×母短距離の配合によるスピードの底上げ
  • 北米的なスピード血脈の補強

 母ゴシップクイーンはダート1000mのフレッシュチャレンジで勝ち上がり、中央では芝1200mで3着2回など短距離で走った馬でした。母短距離というのは、スピードを底上げするうえで魅力に映ります。逆に重くなってしまう血は望ましくないのですが、そうした血が薄いのも魅力です。

 ベーカバドの産駒でOP競走を勝利したデアフルーグは母父フレンチデピュティで、当馬と共通します。クロフネーフレンチデピュティは牝馬に対してはスピードを補強する血となっており、スピード補強という観点でプラスに働くと考えられます。北米の軽く速い血を持つBold Rulerのクロスを母ゴシップクイーンが持つこともプラスで、その血が入ることで、スピードはある程度補強できるのではないかと思います。

 これらを総合していくと、スピードを補強することはできており、良い印象を持っています。あとは実際にどの程度のスピードを持っているかどうかで、軽さやスピードを表現するコメントや馬体・歩様をしていると期待が持てそうです。

まとめ

 村田牧場からは、ローレルゲレイロ・ディープボンド・モズベッロを生産しています。印象に残る馬やびっくりするような成果を残す馬をよく生産している印象で、この馬もオッと思うような成果を出してほしいものですね。楽しみな1頭です。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次