インゼルTC 2022年度募集 募集馬分析 No.14 ユイフィーユの21

  • URLをコピーしました!
目次

インゼルサラブレッドクラブ 2022年度募集

 インゼルサラブレッドクラブの2022年度募集の先行申込が開始されました。 受付期間は10月1日から23日まで、途中経過は7日と23日に公開されます。これから私自身が検討した内容を文章にし、整理していこうと思っています。その内容が皆様のご参考になりますと幸いです。
 募集制度の変更やインゼルサラブレッドクラブの紹介については、過去記事や私のYou Tube動画【インゼルサラブレッドクラブ 加入1年で感じる魅力・推奨ポイントの紹介】をご参照ください。

 本分析は募集馬の活躍を保証するのものではございません。出資などの最終のご判断はご自身にご決断ください。また、私の主観による分析ですので、読者の望まない表現が出てくる可能性もございますが、ご了承ください。

募集馬概要 ユイフィーユの21

ユイフィーユの21
  • ユイフィーユの21
    • 父:レイデオロ
    • 母:ユイフィーユ
      • 母父:ディープインパクト
    • 性別:牡馬
    • 生年月日:2021年2月24日
      • 母7歳時の産駒
    • 所属予定:栗東 武幸四郎厩舎
    • 生産:三嶋牧場
    • 募集総額:4,000万円
      • 一口価格:80,000円

 ユイフィーユの21は三嶋牧場の生産馬です。母はキーファーズ所有馬で、母の産駒は2年連続での募集となりました。

 母ユイフィーユは三嶋牧場生産馬で、キーファーズが所有、池江泰寿調教師管理のもと15戦走って1勝しました。1,800mを中心に走り、15戦中9回掲示板に入るなど、勝ちきれないながらも大崩れしない走りを見せました。
 ユイフィーユSchwarzgoldから連なるドイツS牝系出身で、世界的に大成功しています。日本においても、スターズオンアースソウルスターリングの牝系、シュネルマイスターサリオスの牝系、ブエナビスタマンハッタンカフェの牝系など、様々な系統が大きな成果を残しています。

 父レイデオロの初年度産駒で、当時の種付け料は600万円。半姉のミカヅキは父ルーラーシップで募集価格は1,600万円。当時の種付け料は400万円ですから、種付け料の差は200万円です。募集価格は2,400万円の差があり、牡馬と牝馬の違いもあると思いますが、これは結構な違いですね。
 レイデオロの牡馬の平均募集価格は4,700万円ほど。平均より安い募集価格ですが、上から8番目の価格なので、ちょうど真ん中に位置しています。同価格にはサンデーで募集されたシャルマントの21がいて、母は未出走、おばにディアドラがいる血統で、ソニンク牝系。私の感覚では納得感があります。
 4,000万円という募集価格はレイデオロ価格で、半姉と比較すると高価ではあるものの、期待されていると感じられる価格設定だと思います。

総合分析

血統分析
  • ウインドインハーヘアのクロスに期待
    • レイデオロ産駒でまず見てみたいクロスを持つ
  • 芝中距離の王道路線での活躍に期待

 父レイデオロはホープフルS・日本ダービー・天皇賞秋などG1を3勝した競走馬です。サンデーサイレンス全盛時代で、サンデーサイレンスの血を持たずに世代の頂点に立ちました。同世代にはアルアイン・スワーヴリチャード・キセキがおり、古馬になっても強い世代の競走馬でした。2歳、3歳、4歳でG1を勝利しているのもすばらしく、仕上がりの良さと成長力を産駒に伝えてくれるのではないかと期待ができます。

 レイデオロHighclere牝系の出身で、祖母にウインドインハーヘアを持ちます。ウインドインハーヘアディープインパクトの母として著名な繁殖牝馬です。ウインドインハーヘアHyperionBustedのスタミナを母系から引きつつ、Alzaoのフランス的な大箱の直線向きのキレとストライドを持った繁殖牝馬です。ディープインパクトStorm Catと好相性だったのは、AlzaoStorm Catが互いに良い要素を刺激しあう血統構成であるからだと考えられます。

 そのため、Alzaoの要素を刺激することは、母の父ディープインパクトにおいても有効であると考えられ、それをウインドインハーヘアのクロスで引き出すことで、大箱適性と勝負強さやスタミナを同時に向上させることができると理想的だと考えられます。

 一方で、ディープインパクトが小柄であったように、ウインドインハーヘアの要素が強いと馬格に恵まれない傾向もあり、そこが心配な要素ではあります。

 ユイフィーユの21ウインドインハーヘアのクロスに加えて、Mill Reefの要素も入るなど、全体的にNasrullahPrincequilloの要素が多く、大箱向きのストライドと柔らかさを持っていると考えられます。そこにウインドインハーヘアの母系由来のHyperionが入ることで引き締めることができているのではないかと思います。また、緩い馬に有効な血の代表格であるデインヒルの血も入るため、緩すぎない構成になっていると考えられます。
 不安要素である馬格についても雄大なものを持っており、小柄すぎる心配はありません。トモも立派なものを持っていて、期待が持てます。

 厩舎は栗東の武幸四郎先生。調教師デビュー以降、2歳戦、3歳戦ともに好成績を残しておられ、2021年はリーディング15位に入るなど、年々上昇されています。G1勝利はまだですが、遠からず勝利するのではないかと思っています。

まとめ

 この馬にも私は出資予定です。武豊ジョッキーと武幸四郎先生でG1を制してほしいと思っていますし、それがこの馬であったほしいな、と思っています。すごく楽しみな1頭で、抽選の可能性は高いので、徳を積んでおこうと思います。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/09/27 22:33時点 | Amazon調べ)
著:亀谷敬正
¥1,881 (2022/09/28 13:07時点 | Amazon調べ)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次