インゼルTC 2022年度募集 募集馬分析 No.15 シャブリの21

  • URLをコピーしました!
目次

インゼルサラブレッドクラブ 2022年度募集

 インゼルサラブレッドクラブの2022年度募集の先行申込が開始されました。 受付期間は10月1日から23日まで、途中経過は7日と23日に公開されます。これから私自身が検討した内容を文章にし、整理していこうと思っています。その内容が皆様のご参考になりますと幸いです。
 募集制度の変更やインゼルサラブレッドクラブの紹介については、過去記事や私のYou Tube動画【インゼルサラブレッドクラブ 加入1年で感じる魅力・推奨ポイントの紹介】をご参照ください。

 本分析は募集馬の活躍を保証するのものではございません。出資などの最終のご判断はご自身にご決断ください。また、私の主観による分析ですので、読者の望まない表現が出てくる可能性もございますが、ご了承ください。

募集馬概要 シャブリの21

シャブリの21
  • シャブリの21
    • 父:エピファネイア
    • 母:シャブリ
      • 母父:ディープインパクト
    • 性別:牝馬
    • 生年月日:2021年2月2日
      • 母7歳時の産駒
    • 所属予定:栗東 岡田稲男厩舎
    • 生産:桑田牧場
    • 募集総額:2,800万円
      • 一口価格:56,000円

 シャブリの21は桑田牧場の生産馬で、育成は三嶋牧場で行われます。母の産駒は2年連続での募集となりました。

 母シャブリも桑田牧場生産馬です。中央5戦、地方2戦の7戦するも未勝利引退となっています。同じくインゼルで募集された半兄アンテロ―ス(父モーリス)は2戦目で勝ち上がり。コスモス賞と札幌2歳Sを連戦しています。
 3代母シビルからはジャスタウェイが出ている牝系で、四代母シャロンは北米のG1馬です。日本で堅実に走る一族で、ジャスタウェイのような大物も出ているところに好感を持てます。

 半兄のアンテロ―スは2,200万円で募集されており、当馬より600万円ほど安価となっています。種付け当時の種付け料はモーリス400万円(19年)、エピファネイア500万円(20年)ですから、当時価格より、現在のイメージや価格の方が強まっている感がありますね。
 エピファネイアの牝馬としては平均より安価な部類に入り、半兄よりも高いものの、エピファネイア産駒としては安価、という絶妙な設定です。

 岡田先生の厩舎というのも2年連続となります。

総合分析

血統分析
  • エピファネイア×ディープインパクトからは活躍馬が出ている
    • 上記組み合わせの3歳以上の馬は50頭
      活躍馬にはアリストテレスやオーソクレースなどがいる
    • ただし、上記2頭はSadler’s Wellsのクロスを持っていた

 父エピファネイアは2021年リーディング6位の種牡馬で、産駒デビュー以降毎年G1馬を輩出する活躍を見せています。種付け料も現在1,800万円で、最高値となっており、次世代を担う種牡馬として地位を確立しています。牝馬三冠を果たしたデアリングタクト、皐月賞と有馬記念を制したエフフォーリア、阪神JFを勝利したサークルオブライフなど、2,3歳の王道路線で活躍する馬を多数出しており、クラシック路線を目指すのに適した種牡馬です。

 エピファネイアRoberto系の種牡馬ながら、Kris S.≒Habitatが2×4を持っており、それ由来の柔らかなストライドを持っています。また、気性難の傾向もあり、もまれ弱い一面も持っています。これらの要素から、大箱で長い直線のコースを得意とする傾向があり、その傾向を後押ししつつも、緩くなりすぎないよう配慮することが必要となってきます。

 エピファネイア×ディープインパクトからは前述の通りアリストテレスオーソクレースといった活躍馬が出ています。一方で、この組み合わせの勝ち上がり率は同馬の平均以下でもあるので、あまり好相性とは言えないのが現実です。
 その背景として、馬格が不足してしまったり、引き締める要素が不足してしまうなどがあげられると私は考えています。

 シャブリの21も小柄であり、明確な引き締め要素が少ないのは不安材料です。
 ハーツクライ×サクラバクシンオーは勝ち上がり率5割を超える好相性の組み合わせで、サクラバクシンオーの持つスプリンターの頑健さと前向きさやノーザンテースト的成長力やタフさが良い効果を出しているのではないかと推測できます。シャブリはエピファネイア×サクラバクシンオーですから、話は違ってきますが、その要素がポジティブに働くとおもしろいかもしれません。
 加えてシャブリはWild Againを持ちますから、そこからも前進気勢な要素を持っているかもしれませんね。
 念のため、4代以内にサクラバクシンオーの血を持つエピファネイア産駒の馬を探してみたところ、2020年産以前で、13頭おり、中央勝ち上がりは1頭のみでした。

 小柄ですが、まとまりの良い身体をしていて、現時点でも結構筋肉がついている印象を受けます。身体のバランス的に、このサイズ感のまま中身がグッと入ってくると良さそうですね。

まとめ

 エピファネイア産駒においては、この馬より出資したい馬がいるため、私はこの馬への出資は控えようと思っています。現時点でもまとまりがあって、兄のように早期に北海道で指導できる可能性がありそうです。血統的にプッシュできる材料は少ないものの、早期から動き出して、楽しませてくれる可能性はあるのではないかと思います。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/09/27 22:33時点 | Amazon調べ)
著:亀谷敬正
¥1,881 (2022/09/28 13:07時点 | Amazon調べ)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次