インゼルTC 2022年度募集 募集馬分析 No.11 ラルクの21

  • URLをコピーしました!
目次

インゼルサラブレッドクラブ 2022年度募集

 インゼルサラブレッドクラブの2022年度募集の先行申込が開始されました。 受付期間は10月1日から23日まで、途中経過は7日と23日に公開されます。これから私自身が検討した内容を文章にし、整理していこうと思っています。その内容が皆様のご参考になりますと幸いです。
 募集制度の変更やインゼルサラブレッドクラブの紹介については、過去記事や私のYou Tube動画【インゼルサラブレッドクラブ 加入1年で感じる魅力・推奨ポイントの紹介】をご参照ください。

 本分析は募集馬の活躍を保証するのものではございません。出資などの最終のご判断はご自身にご決断ください。また、私の主観による分析ですので、読者の望まない表現が出てくる可能性もございますが、ご了承ください。

募集馬概要 ラルクの21

ラルクの21
  • (外)ラルクの21
    • 父:Golden Horn
    • 母:ラルク
      • 母父:ディープインパクト
    • 性別:牡馬
    • 生年月日:2021年2月23日
      • 母10歳時の産駒
    • 所属予定:栗東 松永幹夫厩舎
    • 生産:Coolmore Stud
    • 募集総額:3,000万円
      • 一口価格:60,000円

 ラルクの21はCoolmore Studの生産馬で、育成牧場は三嶋牧場となっています。母8歳時の産駒です。ラルクの仔は2年連続の募集ですが、昨年は50口募集でした。

 母ラルクは日本で3勝をあげ、欧州に挑戦した競走馬です。所属は仔と同じく松永幹夫厩舎でした。同厩・同オーナー(キーファーズ)のジェニアルと共に欧州遠征をしており、ジェニアルは500万下のクラスながらも、G3を勝利するなど成果を残しました。ラルクは欧州未勝利で引退、Coolmore Studで繁殖入りとなっています。
 名牝My Bupersの牝系で、その中でもステラマドリッドの一族です。ラルクの半妹にはG1を4勝したラッキーライラックがいます。4代母ステラマドリッドからはG1馬が多数出ています。ミッキーアイルアエロリットもステラマドリッドの一族の出です。個人的に最も好きな母系の1つです。

 父Golden Hornは欧州のダーレーで繋養されているそうなのですが、ホームページを探してみても見当たらず、種付け料も特定できていません。種牡馬入りした当初が6万ポンドとされ、現レートで1,000万円ほどです。以降活躍馬がいないため、徐々に下がっていると想像しています。
 クラブで募集されたGolden Horn産駒はこの馬以外に3頭います。母フランスG1馬のフライシュッツ5,000万円(19年産・未勝利)、レッドエランドール2,400万(17年産・地方2勝で中央1勝クラス1勝の3勝)とルージュフェリーク2,000万円(18年産・中央1勝)という価格帯です。母の実績ではラルクは東サラの2頭より上で、牝系や近親の活躍度合では一番良いと言っても良さそうです。なお、東サラ2頭も結構な牝系でした。
 牝系が優秀な3勝馬の母、で〇外で3,000万円は安いといえば安い価格かもしれません。キーファーズ所有で日本で走った母ながら、現所属的に外国産馬扱いになるため、費用対効果で言うとあまり良くない感はします。

総合分析

血統分析
  • ディープインパクト×北米型の母に対して欧州を入れるはバランスは良い
    • 母ラルクの母系は北米型のスピードとパワーを持つ
      そこに欧州のGolden Hornでスタミナ戻しはアリではないか
  • 重馬場など特定条件下で成果を残せる可能性が高い
    • 母系のパワーと父の欧州適性で重馬場は得意としそう
    • 馬体の雰囲気や歩様からも、重馬場は得意としそう

 父Golden Hornはイギリスダービーと凱旋門賞を勝利するなどG1を4勝。日本の中央競馬でデビューした現2歳世代以上の馬は7頭おり、うち3頭が勝ち上がっています。牡馬のターキッシュパレス、セン馬のレッドエランドールは共に4,000万円以上の賞金を獲得しており、欧州の種牡馬としては思わぬ適性を見せています。

 現状勝ち上がっている3頭はいずれも欧州的な母系の血を持ち、スタミナやタフさをより強化されている印象があります。勝っている場面も不良馬場・重馬場の芝や水を含んだダートで、湿り気のある足元で成果を残しています。

 ラルクの21の歩様動画を見ると、間接や蹄が大きく見え、タフな馬場でもしっかりつかんできそうな雰囲気とバネがあるように見えます。小柄な馬で、ここから急成長して大きくなる感じはあまりしませんが、こういう歩き方をする馬がいるんだと印象に残りました。

 母ラルクはディープインパクト産駒で、母系は名牝My Bupersの系統。ラルクはディープインパクト産駒として成功パターンの配合で、そこに上乗せするとなると、欧州的なスタミナ勝負強さだと考えられます。そこを鑑みると、Nureyevのクロスを持ち、Hyperion的なスタミナと勝負強さを持つGolden Hornは相性が良さそうです。Golden HornSir IvorHabitatの血を持ち、Sir Gayloadの柔らかな要素を持っています。ディープインパクトもSir Ivorの血を持っていますから、Sir Gayloadの柔らかさは引き出されている可能性はあります。Sir Ivor≒Haloで日本適性の速さが引き出されていると理想的ではあります。

 様々な要素がかみ合ったとき、成果が出てくる可能性はあるのかな、と思います。活躍する場面が思い浮かぶのもおもしろいですね。

まとめ

 他の方にはあまりオススメするタイプの馬ではないのですが、個人的には、こういう馬に出資するのがインゼルサラブレッドクラブの楽しみだよな、とも思っています。出資するか悩んでいます。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/09/27 22:33時点 | Amazon調べ)
著:亀谷敬正
¥1,881 (2022/09/28 13:07時点 | Amazon調べ)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次