インゼルTC 2022年度募集 募集馬分析 No.2 チカリータの21

  • URLをコピーしました!
目次

インゼルサラブレッドクラブ 2022年度募集

 インゼルサラブレッドクラブの2022年度募集の先行申込が開始されました。 受付期間は10月1日から23日まで、途中経過は7日と23日に公開されます。これから私自身が検討した内容を文章にし、整理していこうと思っています。その内容が皆様のご参考になりますと幸いです。
 募集制度の変更やインゼルサラブレッドクラブの紹介については、過去記事や私のYou Tube動画【インゼルサラブレッドクラブ 加入1年で感じる魅力・推奨ポイントの紹介】をご参照ください。

 本分析は募集馬の活躍を保証するのものではございません。出資などの最終のご判断はご自身にご決断ください。また、私の主観による分析ですので、読者の望まない表現が出てくる可能性もございますが、ご了承ください。

募集馬概要 チカリータの21

チカリータの21
  • チカリータの21
    • 父:ロードカナロア
    • 母:チカリータ
      • 母父:クロフネ
    • 性別:牝馬
    • 生年月日:2021年3月13日
      • 母8歳時の産駒
    • 所属予定:栗東 小崎憲厩舎
    • 生産:ノーザンファーム
    • 募集総額:4,000万円
      • 一口価格:80,000円

 チカリータの21はノーザンファーム生産馬で、母8歳時の産駒です。

 母チカリータは27戦2勝。この馬もヴィニー同様にキーファーズ所属馬で、こちらタフに27戦走りました。ダート短距離からマイルで活躍した馬で、27戦中17戦で3着以内と抜群の安定感、裏を返せば下級条件で勝ちきれないという難しさを持った馬でした。

 チカリータの仔が募集されるのも2年連続で、キーファーズ血統ですね。所属厩舎はスマートファルコンなどを管理育成した小崎先生の厩舎です。チカリータ自身が小崎厩舎所属で、この所属も2年連続となりました。

 父はマインドユアビスケッツからロードカナロアに代わっています。半姉にあたるシュニーは札幌ダートでデビューし5着。現在は勝ち上がりを目指して調整中です。

 世界的名牝系Ballade牝系の出身で、5代母にGlorious Songを持ちます。3代母にハルーワソングがおり、ヴィルシーナ・シュヴァルグラン・ヴィブロスのきょうだいは近親にあたります。この辺りの背景は魅力的な要素でしょう。

 私はこの半姉のシュニーに出資しています。

総合分析

血統分析
  • ロードカナロアの成功パターンに該当
    • ロードカナロア×クロフネにはカレンモエ
      ロードカナロア×フレンチデピュティにはレッドルゼルやアンヴァル
      この組み合わせの勝ち馬率は50%超 賞金額的にも好相性
    • ロードカナロア×サンデーサイレンス×Specialの血を持つ
      国内のG1を勝利したロードカナロア産駒6頭のうち、4頭はこの要素を満たす。
  • 母系が優秀
    • Ballade牝系でGlorious Song→ハルーワソングの流れは日本で理想的
    • マンハッタンカフェ×Blushing Groomは好相性にニックスとなるなど、
      母系が積み上げてきたものが各代で優秀

 父ロードカナロアは2021年のサイアーリーディング2位の名種牡馬。勝ち馬率も5割ほどあり、とても優秀な種牡馬です。
 おおまかな成功パターンはサンデーサイレンス&Specialの血を取り入れ、日本の芝適性をあげつつ、引き締める要素・勝負根性を高める要素を母系から取り入れること。この場合、芝のマイル~中距離での期待値が上がります。
 チカリータの21の場合、まさにこの要素を満たしており、理想的な配合です。

 ロードカナロアは母の父にStorm Catを持ち、そのStorm Catは母の父にSecretariatを持ちます。ここがロードカナロア産駒の成功ポイントであり、ここを刺激することもまた、成功につながるポイントです。要素分解すると、Bold RulerとPrincequilloであり、それはフレンチデピュティも持っている要素です。フレンチデピュティはそこに加えて北米の力強さも兼ね備えていますから、ロードカナロアと組み合わせるとスプリントやダートで成果が上がりやすくなるのでしょう。

 チカリータの21はロードカナロアの成功ポイントを2つ抑えています。それに加えて名牝系出身の牝馬ですから、かなり良いのではないかと思っています。距離適性でマイルまでこなすことができれば、牝馬は1,400m~1,800mの重賞がG1含め揃っていますから、活躍の場面が期待できますね。

 気になるのは母チカリータがダート馬だったこと。そして半姉のシュニー(父マインドユアビスケッツ)もまたダートデビューだったこと。ダート路線でもある程度成果を残してきそうですが、牝馬のダート路線は充実しているとは表現しにくい環境ですから、この費用感だと芝で期待したいところです。そこが少しひっかかりますね。

 馬格も十分なサイズ感がありますし、トモが楽しみなボリューム感があるように思いました。歩様もしっかりとしていますし、馬体的にも楽しみですね。

まとめ

 半姉シュニーを通して小崎先生のお人柄や調教方針に少し触れてきましたが、とてもあたたかな方だと感じています。環境面も結構良いのではないかと思っています。
 芝かダートか、そこは気になるところではありますが、芝マイルであればとても楽しみです。姉に続いて出資するか、現在すごく悩んでいます。

 私は以下の図書で学習した知識をもとに分析作業を行っています。もしよろしければ皆さんもご覧ください。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/09/27 22:33時点 | Amazon調べ)
著:亀谷敬正
¥1,881 (2022/09/28 13:07時点 | Amazon調べ)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次