インゼルTC 2022年度募集 募集馬分析 No.7 マーブルカテドラルの21

  • URLをコピーしました!
目次

インゼルサラブレッドクラブ 2022年度募集

 インゼルサラブレッドクラブの2022年度募集の先行申込が開始されました。 受付期間は10月1日から23日まで、途中経過は7日と23日に公開されます。これから私自身が検討した内容を文章にし、整理していこうと思っています。その内容が皆様のご参考になりますと幸いです。
 募集制度の変更やインゼルサラブレッドクラブの紹介については、過去記事や私のYou Tube動画【インゼルサラブレッドクラブ 加入1年で感じる魅力・推奨ポイントの紹介】をご参照ください。

 本分析は募集馬の活躍を保証するのものではございません。出資などの最終のご判断はご自身にご決断ください。また、私の主観による分析ですので、読者の望まない表現が出てくる可能性もございますが、ご了承ください。

募集馬概要 マーブルカテドラルの21

マーブルカテドラルの21
  • マーブルカテドラルの21
    • 父:エピファネイア
    • 母:マーブルカテドラル
      • 母父:ダイワメジャー
    • 性別:牝馬
    • 生年月日:2021年3月27日
      • 母10歳時の産駒
    • 所属予定:栗東 松永幹夫厩舎
    • 生産:社台ファーム
    • 募集総額:3,500万円
      • 一口価格:70,000円

 マーブルカテドラルの21は社台ファームの生産馬で、母10歳時の産駒です。

 母マーブルカテドラルは社台レースホースに所属した競走馬で、2歳時に芙蓉SとアルテミスSを勝利、阪神JFでは5着と、ダイワメジャー産駒らしい仕上がりで活躍しました。3歳クラシック路線も皆勤賞も掲示板には乗れず。4歳になってからは成果を残すことはできず、故障で引退。通算17戦3勝という成績を残しています。

 祖母ヘルスウォールも重賞馬で、チューリップ賞を制しています。3代母サラトガフラッシュからはサラトガビューティも出ており、G1級まではいかないまでも、重賞で好走する馬、複数勝利する馬が多数出ています。
 マーブルカテドラルの産駒には3勝をあげ、準オープンで活躍するグランオフィシエが出ています。競走能力、繁殖能力共に良いものを持っています。

 今年募集されたエピファネイアの産駒のうち、牝馬では平均より高い価格設定となっています。最高値はDMMで募集されたパンデリングの21で12,400万円父エピファネイア×母の父ダイワメジャーで募集された牝馬はマーブルカテドラルの他に2頭。キャロットで募集されたサンブルエミューズの21が7,000万円、DMMで募集されたパセンジャーシップの21が2,600万円です。サンブルエミューズは半姉にナミュール、近親にマルシュロレーヌとバーデンヴァイラーがいるので、期待された設定でしょう。パセンジャーシップは近親にブラックタイプが目立ちませんし、母の実績的にこの価格なのでしょう。としたとき、重賞馬の母を持ち、半兄に準オープンがいるマーブルカテドラルの21の3,500万円はお買い得価格に感じられます。

総合分析

血統分析
  • 大箱マイル~中距離に適性がありそう
    • クラシック路線で活躍する父エピファネイア
      マイルの王道路線で活躍した母と母の父ダイワメジャー
      牝馬路線の王道的配合
  • Sadler’s Wells = Fairy King の全兄弟クロスを持つ
    • 引き締める要素としてSadler’s Wellsのクロスがある馬が活躍傾向
      (ただし、母の父ディープインパクトで顕著な傾向)
    • Fairy Kingとなったことで、よりマイル方向に適性が向いている
  • 父中距離・母マイルの好バランス

 父エピファネイアは2021年リーディング6位の種牡馬で、産駒デビュー以降毎年G1馬を輩出する活躍を見せています。種付け料も現在1,800万円で、最高値となっており、次世代を担う種牡馬として地位を確立しています。牝馬三冠を果たしたデアリングタクト、皐月賞と有馬記念を制したエフフォーリア、阪神JFを勝利したサークルオブライフなど、2,3歳の王道路線で活躍する馬を多数出しており、クラシック路線を目指すのに適した種牡馬です。

 エピファネイアRoberto系の種牡馬ながら、Kris S.≒Habitatが2×4を持っており、それ由来の柔らかなストライドを持っています。また、気性難の傾向もあり、もまれ弱い一面も持っています。これらの要素から、大箱で長い直線のコースを得意とする傾向があり、その傾向を後押ししつつも、緩くなりすぎないよう配慮することが必要となってきます。

 母マーブルカテドラル、祖母ヘルスウォールは共に大箱のマイルで成果を残した競走馬。ダイワメジャーも筋肉質で、産駒にはマイルで活躍する馬を多数輩出しています。エピファネイアの中距離的な柔らかさを補う意味で、この組み合わせは魅力的に映ります。
 母の配合で見ると、ダイワメジャー×Sadler’s Wellsアドマイヤマーズメジャーエンブレムが出ているニックスで、Sadler’s Wellsの半弟のFairy Kingを持っているのは好配合だと考えられます。母好配合で、隙がないところに、エピファネイアですから、この隙のない配合だと思います。
 シンボリクリスエスがNorthern Dancerを持っていないことで、その他の部分でNorthern Dancerが濃くなっていても、抜け道があり、そのバランスもとれているのも魅力的です。

 マイル的なイメージの血統ですが、薄めの馬体とバランスの良い身体をしていて、マイルだけです、という感じは受けません。中距離もこなしてくれるのではないかと期待ができます。

 厩舎も牝馬育成に定評のある松永幹夫先生です。とても楽しみな1頭ですね。

まとめ

 私が出資予定の馬の1頭です。抽選にならずに当選できたらうれしいところではありますが、抽選ラインまで伸びてきそうですね。クラシック路線で見られることを期待しています。

 私は以下の図書で学習した知識をもとに分析作業を行っています。もしよろしければ皆さんもご覧ください。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/09/27 22:33時点 | Amazon調べ)
著:亀谷敬正
¥1,881 (2022/09/28 13:07時点 | Amazon調べ)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次