シルク募集馬配合分析 トレジャーステイトの20

一口馬主
スポンサーリンク

シルク募集馬配合分析 トレジャーステイトの20

No.7 トレジャーステイトの20 牡馬 1月31日生

ダイワメジャー
トレジャーステイト
厩舎美浦 林徹厩舎
一口価格60,000円

 配合からの期待度:重賞級

 2番仔です。半兄のピースオブエイトは21年7月11日の新馬戦で、新馬勝ちをしています。母トレジャーステイトは中央で未勝利を突破できず、地方に回り2勝をあげました。その後中央に戻り、3勝をあげ準オープンで引退しています。トレジャーステイトの全兄には英国芝短距離重賞で2勝をあげたApproveがいます。

トレジャーステイトの20の血統表

トレジャーステイトの20

 ダイワメジャー×Danzig系は勝ち上がり率約40%です。これはダイワメジャー産駒全体の勝ち上がり率より下になります。ダイワメジャー×Danzig系からはブルドッグボスレシステンシアが出ています。

 ダイワメジャー×Sadler’s Wells系は勝ち上がり率約47%です。これはダイワメジャー産駒の平均並みです。この組み合わせからはメジャーエンブレムシゲルピンクダイヤなどがいます。

 勝ち上がりとしては極めて優秀な組み合わせではないものの、ダイワメジャー産駒の大物には必要な要素になってくるのはDanzigSadler’s Wellsの血なのではないでしょうか。

 父ダイワメジャーは有馬記念3着がありますが、1600mから2000mのレースを得意とした筋肉質なスピード馬です。先行できるスタートからの加速力と、粘り勝ちできるスタミナやタフさを持つ馬でした。ダイワメジャーの粘り強さはノーザンテーストにあると考えられます。

ノーザンテースト

 ノーザンテーストLady Angela3×2という強烈な牝馬クロスを持ちます。Lady Angelaは父Hyperionですので、スタミナと粘り強さを産駒に伝えます。ダイワメジャーはそのノーザンテーストを母父に持つので、粘り強く前で粘って勝つというレースができたのだと考えられます。

 これだけのスタミナ血統を母父に持ちつつも、ダイワメジャーがマイルG1を3つも取れたのは、サンデーサイレンスの米国的血統とスカーレットインクの米国的血統が出会ったからでしょう。

サンデーサイレンス
スカーレットインク

 スカーレットインクHimyar系(Peter Pan)やTeddy系、Man o’War系の血を各所に持っています。それはサンデーサイレンスも共通していて、それらが呼応することでスタート直後から加速して一生懸命走る要素をダイワメジャーに伝えたのだと考えられます。

 ダイワメジャーは自信は筋肉質でスピードのある馬でしたが、スタミナや粘り強さ、パワフルさを伝える血のほうが充実しており、それらを刺激するとダイワメジャーのスピードは息をひそめ、トラクター的な馬になってしまう可能性が高まります。Haloを強化し、日本適正を高めるのが良いと考えます。

 母トレジャーステイトの父Oasis DreamDanzig系スプリンター短距離G1を3勝しています。Oasis DreamGreen Desertを通してSir IvorDancing Braveを通してDroneの血を引きます。この2頭はHaloと血統構成が似ています。Oasis Dreamのスプリンターとしてのスピードに加えて、これらのクロスの血を引くことで、ダイワメジャーのHalo的スピードを増幅することが可能です。

 加えて、母トレジャーステイトSadler’s Wellsの血を引きますが、Sadler’s Wellsの母父はBold Reasonで、これもまたHaloの血とニアリーです。(ダイワメジャー産駒がNureyevでは成功例が少なく、Sadler’s Wellsだとうまくいくのは、Hyperionのみを強化するか、Haloも刺激するかの違いが大きいと考えられます)

Halo, Sir Ivor, Drone, Bold Reason

 そしてトレジャーステイト自身がSadler’s WellsMill ReefLalunを通したニックスを持ち、パワーも同時に補っています。

 【Halo ≒ Sir Ivor ≒ Drone ≒ Bold Reason】と【Bold Reason ≒ Never Bend】というクロスを持つこの馬の配合はかなり高い完成度を持ち、期待度はかなり高いものになっていると私は考えます。

 この馬の場合、距離適性が1600mまであるかどうかがポイントになってくるかと思います。Specialの血を引き、フォーティナイナーからもRibotの血を引くので、スタミナの底上げはある程度はできると思いますが、ダイワメジャー×母父スプリンターなので、もう少し短く出そうです。そうなったとき、重賞で活躍できるかどうかは心配なところでしょうか。

まとめ

  • 魅力的なニアリークロスを多数持ち、欲しい血をかなり持っている好配合馬
  • 勝ち上がりの可能性は高く、価格的にも回収は見込めるのではないか
  • マイルまで持てば重賞チャンスが高く、短距離でも重賞で活躍が期待できそう

 かなり期待している馬です。出資したいと考えています。

一口馬主シルクHCシルクHC-募集馬診断(2021)ダイワメジャー種牡馬分析
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました