ノルマンディーOC二次募集馬配合分析(2021) ギブミーアチャンスの20

一口馬主
スポンサーリンク

ノルマンディーOC 二次募集馬 配合分析における方針と注意書き

 ノルマンディーOCの二次募集が2022年1月6日よりスタートします。公式HP募集馬ページの公開は12月16日とのことです。

 年内に1頭ずつ更新を行い、募集開始前には全頭評価を実施できる状態まで進めていきたいと思います。

 二次募集馬の分析については以下の流れで実施したいと思います。

  1. 1頭ごとの配合分析の実施 血統表ベース
  2. 配合分析実施後、馬体分析の実施(動画・写真の公開と並行して実施)
  3. 全頭そろった時点で横の比較を実施

 まずは1頭ごとに血統表からわかる魅力や『こういうイメージで、馬体と方向性が合致してたら良いのではないか』の仮設立てを実施したいと思います。その仮説を馬体・歩様とコメントと比較して検証、その後に二次募集馬+一次募集馬と比較して個人的に良いと思う馬を選定、という流れにしたいと思います。

 分析にあたっては、血統評論家の栗山求さん・望田潤さんのブログや書籍をもとに勉強した内容を用いています。お二人のブログは以下。

 栗山求さん → 栗山求の血統BLOG

 望田潤さん → 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

 そのほか、亀谷敬正さん、治郎丸敬之さん、村山弘樹さんの書籍でも勉強させていただいております。勉強で用いている書籍は以下の通りです。

 あくまで本分析は自分自身が一口馬主として競走馬に出資しており、自分自身の投資先を選ぶための分析を公開している範囲ですので、募集馬の活躍を保証するものではございません。最終の判断はご自身にて実施をお願いいたします。ご了承ください。

ギブミーアチャンスの20

募集番号31 ギブミーアチャンスの20 牡馬 5月18日生まれ

カレンブラックヒル
ギブミーアチャンス
母父エルコンドルパサー
厩舎美浦 中川公成厩舎
価格37,000円

 母ギブミーアチャンスは地方4勝馬です。中央の芝でデビューするも最高着順4着で未勝利突破できず、地方に回ります。地方1年目で1勝、2年目で3勝をあげ、中央に戻り、その後は500万下(現1勝クラス)で走るも2着3回、3着1回と好走するも勝ちきれず、という成績でした。

 5代母のFrench Charmerはデルマーオークス(G2)を制し、その一族からは重賞馬・重賞好走馬が多数出ています。ただ、ギブミーアチャンスから目立った活躍馬は出ていません。

 ギブミーアチャンスの20は母17歳時の産駒です。

スポンサーリンク

ギブミーアチャンスの20の血統表

 カレンブラックヒルは勝ち上がり率は約30%です。下級条件においては芝・ダート両方で通用するタイプ、かつ短距離~マイルまでこなせることがこの勝ち上がり率に至っている要素でしょうか。また、逃げ・先行脚質の馬が多く、前向きな気性と仕上がりの早さが勝ち上がりにつながっていると考えられます。

 ギブミーアチャンスの20の配合におけるポイントは以下3点でしょうか。

  • ダイワメジャー×Danzig・Sadler’s Wellsは好相性 カレンブラックヒルでも該当しそう
  • Haloのニアリークロスが多数発生。母父エルコンドルパサーの芝適性を引き出せるとなお良い
  • 3代母Alinovaの影響を良く引き出すことができると魅力的

 ギブミーアチャンスの20は、芝のマイルで活躍できる素養を持っているかどうかが、ポイントになると考えています。

スポンサーリンク

 ダイワメジャーは筋肉質でしっかりとした馬体の産駒を残す傾向があり、それを支える足腰の強さが求められます。Sadler’s WellsDanzigダイワメジャーの相性が良いのは、その馬体を支える足腰の強さを産駒に伝えてくれるという要素も含まれているのではないかと考えられます。

 カレンブラックヒルダイワメジャーの持つパワーに米国的なスピードを入れたイメージです。マイル路線で活躍したので、スピードがあるイメージがありますが、稍重や重馬場で走っており、どちらかというとパワーとタフさが勝っています。産駒がダートをこなせるのは、こうしたパワフルさを持っているからでしょう。逆に、カレンブラックヒルはSadler’s WellsやDanzigの血を持っておらず、スピード&パワーを支える血を母から受け継ぐのはプラスに働くのではないでしょうか。

 ギブミーアチャンスの20Halo≒Drone≒Sir Ivorのニアリークロスを持ち、Halo的なスピードに加えて、Sir Gaylordの柔らかさを持つ要素が入っています。これが良い具合に出ていれば、パワーが勝ちすぎず、芝で通用する柔らかさを持ちそうです。また、エルコンドルパサーはSpecialLisadellの4×4×3という強いクロスを持ち、ForliのHyperion的なスタミナとNasrullahの柔らかなスピードを持っています。これが良い具合に産駒に伝わると、ゴール前で負けないスタミナ(勝負強さ)や芝適性が高まると考えています。

 3代母AlinovaAllegedAlyderの血を引いており、米国的な突進力とパワーを持っています。この要素が全開に伝わると、カレンブラックヒル産駒によく見る短距離ダートをこなせる馬になりそうです。ここが出すぎず、前駆の力強さと前向きな気性がちょうどよく引き出せると、先行力を持った馬になりそうな印象です。

まとめ

 血統的には大物を期待したい要素が結構入っている印象があります。レシステンシア・アドマイヤマーズとも似た血統構成を持っており、芝のマイルあたりで活躍を期待したい配合です。

 父から重賞馬がいない・母地方4勝馬・17歳時の産駒・兄弟に目立った活躍馬がいない、という現実をどう捉えるか、もポイントになるかと思います。

 馬体とコメントを見たとき、芝で活躍できそうな素軽さや馬体をしているかどうかに注目して判断したいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました