キャロット募集馬配合分析 クローバーリーフの20

一口馬主
スポンサーリンク

キャロット募集馬配合分析 クローバーリーフの20

No.31 クローバーリーフの20 牡馬 4月13日生

キンシャサノキセキ
母父タニノギムレット
一口価格60,000円

 配合からの期待度:オープンクラス

 6番仔です。サンデーレーシングで募集されたプレシャスリーフイベリスリーフはそれぞれ2勝をあげています。キャロットで募集されるのは初です。

 母系をたどるとKey Partnerを5代母に持ちます。ダンシングキイが出ている一族で、日本ではかなり枝葉を広げている一族の出身です。

クローバーリーフの20の血統表

クローバーリーフの20

 キンシャサノキセキ×Roberto系は勝ち上がり率約30%です。キンシャサノキセキ全体では40%程度あるため、やや低調な数字となっています。

 キンシャサノキセキ×クローバーリーフの組み合わせで注目する点は、His MajestyLyphardのクロスを持つことです。キンシャサノキセキの活躍馬では、サクセスエナジー・シュウジ・ガロアクリーク・ロフトシュトロームがいます。これらの馬は、いずれもHis MajestyのクロスかLyphardのクロス、もしくはその両方を持っています。重賞クラスで活躍するためには、ぜひとも入れていきたい血脈であることがうかがえます。

スポンサーリンク

 母クローバーリーフタニノギムレットを通してGraustarkの血を引きます。GraustarkHis Majestyの全兄で、短距離路線で活躍しました。His Majestyのよりも競争成績は良く、こと日本に関してはHis Majestyよりも成果を残している種牡馬です。この血を持つことで、クローバーリーフの20His Majesty = Graustarkの4×5を持ちます。バブルガムフェローを通してLyphardの血を引き、それも4×5で持ち、そこにサンデーサイレンスの3×4で日本の芝適性を高めている印象です。Hail to Reasonのクロス、Nashuaのクロスもプラスでしょう。

 キレ味勝負では苦しむのがキンシャサノキセキ産駒です。先行して押し切る競馬ができればよい成果を残せます。そのために必要なスタミナとスタート直後から前に行く前進気勢はHis Majesty = Graustarkのクロスで入れていき、粘りこむ勝負根性はLyphardのクロス入れていくイメージでしょうか。

 堅実に稼いでくれそうな印象があります。

まとめ

  • 優秀な牝系の出身
  • キンシャサノキセキの活躍パターン配合
  • 大物期待は難しいながら堅実に稼いでくれそう

 私は上記のような印象を持ちました。募集価格2400万円も狙いやすく、なかなか良いのではないでしょうか。

一口馬主キャロット‐募集馬診断(2021)
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました