シルク募集馬配合分析 デイトユアドリームの20

一口馬主
スポンサーリンク

シルク募集馬配合分析 デイトユアドリームの20

No.71 デイトユアドリームの20 牝馬 4月9日生

トーセンラー
デイトユアドリーム
厩舎栗東 上村洋行厩舎
一口価格28,000円

配合からの期待度:2,3勝クラスを期待

 7番仔です。母デイトユアドリームはダートで4勝をあげた牝馬です。降級制度があったため、1000万したを2勝しています。準オープンで2着が6回あります。そのため獲得賞金額が1億円を超えています。

 産駒のうち、デビューした4頭中3頭が中央勝ち上がりで、繁殖成績は優秀です。デビュー前の1つ上の兄はセリで6000万弱で取引されています。

デイトユアドリームの20の血統表

デイトユアドリームの20

 ディープインパクト×フォーティナイナー系は勝ち上がり率約60%の好相性ですが、エンドスウィープ系が主なので参考外でしょう。タイプ的にはスマイルカナディープインパクト×Distorted Humorなので、それがイメージとしては近そうです。

 トーセンラーディープインパクトの初年度産駒で、マイルチャンピオンシップ(G1-芝1600m)を制しています。ただ、マイラーというわけではなく、京都記念1着(G2-芝2200m)や菊花賞3着(G1-芝3000m)、天皇賞春3着(G1-芝3200m)があるように、距離にかなり融通が利くタイプでした。きさらぎ賞(G3-芝1800m)勝ちがあり、京都競馬場を得意としています。

 トーセンラーLyphardの4×4、Sadler’s WellsVaguely Nobleの血を持ち、Hyperionも約7%持っているなど、スタミナと粘り強さに富んだ血を持っています。道悪もこなしそうな血統をしています。その一方で、京都競馬場や良馬場を得意としたように、あまりタフな馬場やパワーが必要とされる環境は得意としていませんでした。ディープインパクト産駒の育成方法が確立される前であることも要因の1つだとは思いますが、かなり柔らかなタイプだったのだと推測できます。Sir Ivor的な要素がオンになっていたのではないかと考えられます。全弟のスピルバーグが天皇賞秋を勝っているように、兄弟でも異なる個性を受け継いでいます。

 父トーセンラー、母デイトユアドリームは共に名血揃いです。トーセンラーの母プリンセスオリビアからはスピルバーグのほかにFlower Alleyが出ています。Flower Alleyフォーティナイナー系種牡馬Distorted Humorの産駒で、米二冠馬アイルハヴアナザーの父です。ここから、プリンセスオリビアトワイニングは好相性と考えられます。Sadler’s Wells × Never BendLalunを根拠にしたニックス関係にあり、Mr.Prospector系のスピードにパワフルさを乗せてくれると考えられます。加えて、デイトユアドリームNureyevの血も持つため、Sadler’s WellsNureyev のニアリークロスが生じ、ここでもスタミナと頑強さを受け継ぐと考えられます。トーセンラーは柔らかなでマイルもこなせるスピードの持ち主だったことを考えると、そこにこのパワフルさを補っていくのはプラスに働くと考えられます。NasrullahHyperionの血をしっかりと受け継いでおり、大箱向きのキレる馬になるのではないかと想像できます。

 各種数字の中で、胸囲がサイズに対してしっかりしている印象を受けます。4月生まれなのでまだ大きくなりそうですが、440~50キロくらいがちょうど良さそうです。

まとめ

  • 繁殖成績が優秀な母 
  • 名血ぞろいの魅力的なニックスとクロス持ち
  • 格安な価格で勝ち上がったらかなりおいしい

 私はこうした印象を受けました。ザダルっぽくなるか、アイラブテーラーぽくなるか、その中間で新たな代表産駒になるか、とても楽しみな1頭です。通常出資で狙えるのであれば狙いたいと思います。

一口馬主シルクHCデイトユアドリームの20シルクHC-募集馬診断(2021)
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました