インゼルTC募集馬配合分析 ルーシーブライドの20

一口馬主

インゼルTC募集馬配合分析 ルーシーブライドの20

No.11 ルーシーブライドの20 牡馬4月26日生

イスラボニータ
ルーシーブライド
母父ブライアンズタイム
生産三嶋牧場
厩舎美浦 新規開業厩舎
一口価格32,000円

 母ルーシーブライドはダート1200mで1勝をあげています。近親(いとこ)にヴィクトリアマイル(芝1600mG1)を連破したストレイトガールがいます。ストレイトガールフジキセキの産駒ですから、この馬とかなり近い血統を持つことになります。上に3頭いますが、今のところ未勝利です。母10歳時の産駒です。

ルーシーブライドの20

 イスラボニータの産駒は母系の影響で芝にもダートにも転ぶ印象です。今のところ、芝のほうが活躍馬が出ていますが、徐々にダート馬も出てくると思います。仕上がりは早めで、早期から活躍する馬が出ています。

 上記の要素は父フジキセキからもわかりますし、イスラボニータの血統表からも読み取ることができます。イスラボニータは米国のスピード&パワーのIn Realityの4×5を持つので、米国要素を刺激すればダートの適正が高まるでしょう。

スポンサーリンク

 母ルーシーブライドGraustark=His Majestyの全兄弟クロスを持ちます。Ribotに加えて、母Flower Bowlがスタミナ血脈ですので、パサついたダートでも走れるスタミナを持っていそうです。ルーシーブライドはダート短距離で走りましたが、中距離もこなせるスタミナが眠っているのではないかと思います。

 イスラボニータ×ブライアンズタイムだと、Mr.ProspectorRobertoNashuaの7×5のクロスが発生します。Robertoが米国的なパワーとスピードを持つ血統であることに加えて、このクロスが発生するため、イスラボニータの持つダート適正を引き出してくるのではないかと推測できます。

 いとこのストレイトガールは父フジキセキですが、母父はタイキシャトルで、Haloの3×4のクロスを生かしたスピードと機動力が魅力の馬でした。近いものの刺激する部分がまるで異なるので、あまり参考にはなりません。

まとめ

 おそらくダート馬になるのではないかと思っています。路線的なことを考えると馬格がやや寂しいですね。

 あくまで私の見立てなのでなんとも言えませんが、芝デビュー→ダート勝ち上がりで長く楽しめる、ということもあるのではないか、と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました