インゼルTC募集馬配合分析 チリエージョの20 ブーケトウショウの20

  • URLをコピーしました!
目次

インゼルTC募集馬配合分析 ハーツクライ産駒

 インゼルサラブレッドクラブの募集馬にはハーツクライの産駒が4頭います。すでに2頭は記事にしました。残りの2頭については、まとめてご紹介しようと思います。

 そもそもハーツクライをどのように考えるか、という記事は以下より

あわせて読みたい
種牡馬‐ハーツクライの分析 【種牡馬-ハーツクライを考える】  本日6月30日に、シルクホースクラブの20年産駒の募集馬一覧が厩舎・金額含めて発表されました。いよいよ出資馬を決める時期が近づい...

 すでにブログ掲載済みのハーツクライ産駒は以下よりご参照ください

 No.03 エレクトラレーンの20

あわせて読みたい
インゼルTC募集馬配合分析 エレクトラレーンの20 【インゼルTC 募集馬配合分析 エレクトラレーンの20】 No.03 エレクトラレーンの20 牝馬 3月1日生 父ハーツクライ母エレクトラレーン母父Dubawi生産社台ファーム厩...

 No.05 スカイダイヤモンズの20

あわせて読みたい
インゼルTC募集馬配合分析 スカイダイヤモンズの20 【インゼルTC 募集馬配合分析 スカイダイヤモンズの20】 No.05 スカイダイヤモンズの20 牡馬1月24日生 父ハーツクライ母スカイダイヤモンズ母父ファーストデュード...

インゼルTC募集馬配合分析 チリエージェの20 

No.10 チリエージェの20 牡馬3月22日生

ハーツクライ
チリエージェ
母父サクラバクシンオー
生産白井牧場
厩舎栗東 松永厩舎
一口価格112,000円

 母チリエージェは短距離路線で活躍した競走馬で、5勝をあげています。 上にはスプリント路線で活躍したハクサンムーンがいます。チリエージェの20は両親ともに19歳時の産駒です。ともに高齢ですね。

チリエージェの20

 ハーツクライ×サクラバクシンオーは勝ち上がり率5割超のニックスです。ただ、重賞を制覇したのは障害競走でのスマートアペックスのみです。

 ハーツクライは中長距離の馬ですから、配合相手として短距離~マイルの馬を掛け合わせると、父のスタミナで長い距離を母のスピードを生かして走るような形になります。この配合もその形に当てはまります。

 ハーツクライトニービンの影響でトモが緩い馬が多いため、強靭な後躯を持つNorthen Dancer系の血を入れないと3歳からの活躍はなかなか難しくなります。チリエージェの20の場合、Lyphardの4×5を持ち、Northen Dancer全体では5×5×6×7を持ちます。Lyphardクロスも魅力的ですが、緩さの解消ではノーザンテースト≒Nijinskyが良い効果を持ちそうです。北米的な血脈を含んでおり、それがハーツクライ3代母のMy Bupersの米血と相性が良く、そこを引き出せれば力強さが増してくると思います。ただし、ノーザンテーストも成長力が売りの血ですから、この馬の配合だと晩成傾向に出るのではないかと思います。

 ハーツクライと相性の良い血といえば、Mill Reefがあげられます。この馬もMill Reefの血をShirley Heightsを通して引いており、良い末脚を引き出してくれそうです。

 好相性のニックスと成長力に期待できる血統ですから、勝ち上がれば長く楽しませてくれる1頭なのではないかと思います。セール購入価格からほとんど値をあげずの募集ですから、かなり良心的な価格設定になっていると思います。

インゼルTC募集馬配合分析 ブーケトウショウの20 

No.15 ブーケトウショウの20 牡馬3月16日生

ハーツクライ
ブーケトウショウ
母父サクラバクシンオー
生産杵臼牧場
厩舎栗東 須貝厩舎
一口価格46,000円

 母ブーケトウショウは短距離路線で3戦して未勝利です。産駒はこの馬含めて6頭おり、勝ち上がりは初仔のミトノブラックのみです。トウショウ軍団のかまど馬、ソシアルバターフライの牝系に属します。母10歳時の産駒です。

ブーケトウショウの20

 解説の半分は前述のチリエージェの20に共通します。ハーツクライ×サクラバクシンオーはニックスであり、中長距離×短距離という組み合わせも同様です。

 一方で、ブーケトウショウは母系にNorthen Dancerの強いクロスを持ちません。ノーザンテーストが入ることは共通しますが、頑強さを加えてくれそうなNorthen Dancerの血はほかにありません。そのため、仕上がりは遅めに出るのではないかと思います。

 加えて、母系に入るHabitatの血は柔らかいスピードを産駒に伝える血であり、スピードアップにはプラスですが、馬体が緩んでしまう恐れがあります。それゆえに、早期に馬体がしっかりしてくれば、スピード全開で走ってくれるという期待は持てそうです。歴史ある血ですが、ヴェンチアの血がハーツクライの3代母My Bupersと相性が良いMan o’Warの血で、そこが生きてくるとパワフルかつ快速になりそうです。

 現時点で馬体はある程度しっかりしているようですし、牡馬であることも含めれば、2歳から見ることができそうです。本格化が楽しみな1頭です。

まとめ

 ハーツクライ募集馬2頭について分析しました。どちらも母父サクラバクシンオーという共通点があるものの、そこから先はかなり異なる個性を持っていますね。

 競馬の予想や血統表を見るとき、父×母父に目が行ってしまいますが、詳細まで分析することが大事ですね。

 


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる