ノルマンディーOC二次募集馬配合分析(2021) リルティングインクの20

  • URLをコピーしました!
目次

ノルマンディーOC 二次募集馬 配合分析における方針と注意書き

 ノルマンディーOCの二次募集が2022年1月6日よりスタートします。公式HP募集馬ページの公開は12月16日に公開されました。まずは血統表のみの分析を行っているので、コメントや写真については現時点では触れません。

 年内に1頭ずつ更新を行い、募集開始前には全頭評価を実施できる状態まで進めていきたいと思います。

 二次募集馬の分析については以下の流れで実施したいと思います。

  1. 1頭ごとの配合分析の実施 血統表ベース
  2. 配合分析実施後、馬体分析の実施(動画・写真の公開と並行して実施)
  3. 全頭そろった時点で横の比較を実施

 まずは1頭ごとに血統表からわかる魅力や『こういうイメージで、馬体と方向性が合致してたら良いのではないか』の仮設立てを実施したいと思います。その仮説を馬体・歩様とコメントと比較して検証、その後に二次募集馬+一次募集馬と比較して個人的に良いと思う馬を選定、という流れにしたいと思います。

 分析にあたっては、血統評論家の栗山求さん・望田潤さんのブログや書籍をもとに勉強した内容を用いています。お二人のブログは以下。

 栗山求さん → 栗山求の血統BLOG

 望田潤さん → 血は水よりも濃し 望田潤の競馬blog

 そのほか、亀谷敬正さん、治郎丸敬之さん、村山弘樹さんの書籍でも勉強させていただいております。勉強で用いている書籍は以下の通りです。

 あくまで本分析は自分自身が一口馬主として競走馬に出資しており、自分自身の投資先を選ぶための分析を公開している範囲ですので、募集馬の活躍を保証するものではございません。最終の判断はご自身にて実施をお願いいたします。ご了承ください。

リルティングインクの20

募集番号44 リルティングインクの20 牝馬 4月22日生まれ

ロージズインメイ
リルティングインク
母父マツリダゴッホ
厩舎栗東 天間昭一厩舎
価格22,000円

 母リルディングインクは岡田スタッドの生産馬です。新馬勝ち後にフィリーズレビューに出走し0.5差の6着でした。その後は芝のマイルを使うも成果が出ず、短距離路線へ。500万下で1勝あげています。以降は勝つことができず、29戦2勝という戦績で引退しています。

 リルティングインクは募集番号43のマルーンドロップの半妹にあたります。そのため、同じく5代母にスカーレットインクおり、スカーレットブルーの一族です。スカーレットブルーは父ノーザンテーストで、ダイワメジャーダイワスカーレットの母スカーレットブーケの全姉にあたります。ブルーの一族からはG1馬は出ていませんが、重賞馬は出ており、名牝系の力強さを感じます。

 リルティングインクの産駒は当馬が初仔です。リルティングインクの20は母7歳時の産駒です。

リルティングインクの20の血統表

リルティングインクの20

 ロージズインメイは米国・ドバイダートで活躍した競走馬で、通算戦績は13戦8勝(ドバイWC含むG1レースを2勝)です。故・岡田繁幸氏が日本に導入し、初年度産駒からJBCスプリント(Jpn1-ダート1200m)を勝利したドリームバレンチノを出しています。母の父としてユーバーレーベン(父・ゴールドシップ)を出しています。

 晩成傾向で、古馬になって活躍する馬が多い傾向です。サンデーサイレンスの血を持たずに日本適性が高いHaloDevil’s Bag経由で持っていることも大きな魅力となる種牡馬です。

 この馬は以下がポイントになると思います。

  • Haloの4×4でスピードが期待できそう
  • 母系のNorthen Dancerによる引き締めがあるか

 日本の芝で成果を残すために、Haloの血は欠かせないものとなっています。その中でもロージズインメイDevil’s Bagを通してHaloの血を引く種牡馬です。Devil’s BagGlorious Songの全弟で、Glorious Songの血を引く馬は日本でかなり活躍しており、その血が有効なのはよく知られています。

 リルティングインクの20Haloの4×4を持ち、かつ母リルティングインクが短距離馬だったことも相まって、スピードには期待ができるのではないでしょうか。

 母リルティングインクは前述の通り名牝系スカーレットインクの一族出身で、そこがこの馬の底力要素として期待する部分となります。祖母ザラストドロップNijinskyノーザンテーストによるNorthen Dancerの3×4という血統。Nijinskyノーザンテーストは配合的にはそう似てはいないものの、米国のパワー血統Teddy系の血を母系に持つ点では共通し、その要素が力強さにつながると魅力的です。

 サクラユタカオー×ノーザンテーストという組み合わせサクラバクシンオーを出した配合で、HyperionNasrullahによるスタミナとスピードに富んだ組み合わせです。リルティングインクの20はこの血を引き継ぐ短距離適性のある馬であることを鑑みれば、Halo的なスピードを母系の底力で生かす馬になりそうではありますね。

まとめ

 半姉のマルーンドロップ(父・コンデュイット)とリルティングインク(父・マツリダゴッホ)はかなり個性が違う印象を受けます。産駒もイメージは真逆の方向に感じます。

 リルティングインクの20は母になっても成果を残してくれそうな印象を受ける1頭です。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる