ウインレーシング 2021年度1次募集 全頭検討まとめ 牝馬編

一口馬主
スポンサーリンク

はじめに

 ウインレーシングへの加入を現在検討しています。シルクでの実績金額不足から、なかなか購入したい馬を購入できないというのが現在の課題感で、それを打破するためには3年がかりで実績金額を増やしていくか、分散して各クラブで異なる楽しみ方で細々と楽しむかのどちらかになると思っています。

 重賞戦線、場合によってはクラシック路線での活躍を期待できる馬に投資していきたいという願望があり、ウインレーシングはそれをかなえてくれる可能性のあるクラブだと考えています。

 シルクの出資結果が来週にもわかる見込みで、その結果次第では今期から加入しようと思っています。シルクで実績を詰める見通しが立てば、投資金額の配分をシルク中心に回していこうと思います。

 まず、加入するぞとなった場合の出資候補を決めるためにざっと全頭確認していこうと思います。

 こちらはその牝馬まとめです。

 牡馬のまとめ記事は以下の記事をご参照ください。

参考図書

 例のごとく、パーフェクト種牡馬辞典で勉強しながら記事を書いています。

 一口馬主の出資馬選定やPOGの際にとても役に立つのでオススメです。

ウインアキレアの20

募集馬ウインアキレアの20
父馬ゴールドシップ
1口価格4.25万
東西栗東
厩舎加用正厩舎
配合A’
総合B

 ゴールドシップ×母父コンデュイットという配合です。母父コンデュイットはMill Reef × Sadler’s Wells × Riverman という欧州の黄金配合を持ちます。これはMill ReefRivermanの父Never BendSadler’s Wellsの母父Bold Reasonの半兄弟(母Lalun)によるニアリークロスが生じ、それが欧州適性を向上させるポイントとなります。それに加えて、Miswakiの血も入ります。Miswakiは母父としてGalileoやSea the Starsを出しており、種牡馬のBMSとして大成功しています

 母ウインアキレアはそこにマイネルラヴとブレイヴェストローマンなので、Mr.Prospector・Buckpasser・Never Bendのクロスが追加で生じます。

 ゴールドシップは柔らかく緩めの種牡馬であるため、母系に引き締める要素が求められます。上記のクロスを持つことで引き締める要素は十分あると思われます。加えてスピードをどのように補うか、というのがポイントになります。Mr.ProspectorとBuckpasserでどの程度補えるか、というところです。

ウインアルテミスの20

募集馬ウインアルテミスの20
父馬シルバーステート
1口価格3.25万
東西美浦
厩舎和田雄二厩舎
配合A’
総合A’

 シルバーステート×Archという配合です。シルバーステートはディープインパクト産駒で、期待されつつもケガで引退しています。21年に産駒がデビューしており、今のところ絶好調です。

 Archは米国のRoberto系種牡馬です。この配合だとRobertoのクロスとHail to Reasonのクロスが生じます。そこにAlyder、Courtly Deeの血が入り、Never BendクロスによるLalunのクロスも生じるため、米国的なパワフルさが産駒にかなり伝わりそうです。シルバーステートは故障に悩まされた馬なので、こうした米国的な頑強さを上乗せできるのはプラスだと考えられます。

 馬体的にも期待できるのではないかと思います。

ウインガーネットの20

募集馬ウインガーネットの20
父馬レッドファルクス
1口価格2万
東西栗東
厩舎寺島良厩舎
配合B
総合B

 レッドファルクス×母父ヴィクトワールピサという配合です。レッドファルクスは後方からのキレ味勝負の短距離馬です。ヴィクトワールピサはフィリーサイアーの傾向があり、小柄ながらキレ味抜群の産駒を出しています。ヴィクトワールピサはMr.Prospector系との相性が良く、その点からもこの配合はプラスだと考えられます。

 また、サンデーサイレンスのクロスとMachiavellianを通してのHaloクロスもあり、それも日本芝適性を高めるため、期待できると思います。

ウインプリメーラの20

募集馬ウインプリメーラの20
父馬ハービンジャー
1口価格3.5万
東西栗東
厩舎大久保龍志厩舎
配合C
総合C

 ハービンジャー×母父ステイゴールドという配合です。母ウインプリメーラは重賞馬です。中長距離×マイルという組み合わせはプラスですが、スピード的な要素が薄く、また重たい血も結構入っているため、活躍できる場所が限られそうな印象です。

ウインペイサージュの20

募集馬ウインペイザージュの20
父馬キズナ
1口価格6.5万
東西栗東
厩舎宮徹厩舎
配合B
総合B

 キズナ×母父ダノンシャンティという配偶です。一族からはウインブライト・ウインファビラスが出ています。ダノンシャンティはフジキセキの産駒です。

 この馬はサンデーサイレンスの3×4のクロスを持ちます。キズナ×母父サンデーサイレンス系で目立った活躍馬は出ていません。ダノンシャンティがGlorious Songの子孫で、Haloクロスは強めに持っています。マルゼンスキー≒Caelianのニアリークロスを持ち、そこにNumberも入るため、Nijinskyのクロスも6×6×6で持っています。柔らかさに触れそうなクロスで、それに加えて牝馬ですから、キレるタイプのキズナ産駒になるのではないかと考えられます

ウインリバティの20

募集馬ウインリバティの20
父馬ドゥラメンテ
1口価格4万
東西栗東
厩舎飯田雄三厩舎
配合C’
総合D

 ドゥラメンテ×母父ダンスインザダークという配合です。ドゥラメンテはトニービンの影響が大きいのか、トモが緩い馬が多く、2,3歳ではなかなか前に行けず、差し・追い込み勝ちが6割くらいです。この馬もトモが寂しい印象を受けます。

 ドゥラメンテはコルトサイアーで、それは繊細すぎる気性が影響している・筋肉が柔らかくなりすぎてしまうが原因のとして考えられるのではないかと思います。それでいくと、サンデーサイレンスのクロスはそのどちらにも影響しそうで、不安要素だと思います。

コスモクリスタルの20

募集馬コスモクリスタルの20
父馬スクリーンヒーロー
1口価格7.5万
東西美浦
厩舎手塚貴久厩舎
配合A
総合B

 スクリーンヒーロー×母父マイネルラヴという配合の馬です。母コスモクリスタルは短距離で活躍し、上にはウインカーネリアンがいます。馬体のバランスが良く、かなり良い印象を受けます。

 母がBuckpasser・Secretariatの血を持ち、スピード的な要素は十分持っていると考えられます。加えて、祖母クリスチャンネームがNorthen Dancerの血を持っておらず、Northen Dancerが濃くなりすぎることも回避できています。スクリーンヒーローの大物パターンにはNever BendかSadler’s Wellsの血が入りますが、この馬もShirley Heightsを通してNever Bendの血を引きます。

 ただ、スクリーンヒーローもまたコルトサイアーで、ウインマリリン以外に牝馬で目立った活躍馬は出ていません。ウインだから、ということでノウハウがあるかもしれませんが、そこは減点材料です。

コスモダンスナイトの20

募集馬コスモダンスナイトの20
父馬マインドユアビスケッツ
1口価格3.25万
東西栗東
厩舎宮本博厩舎
配合C
総合C’

 マインドユアビスケッツ×母父ダンスインザダークという配合の馬です。母が03年生まれなので、なかなかに高齢です。

 マインドユアビスケッツはDeputy Minister系種牡馬です。母父もDeputy Minister系という配合で、Deputy Ministerの3×4のクロスを持つ種牡馬です。そこにRahyやCozzene、Stop the Musicが入るので、米国的なパワーに日本でも適性のありそうなスピードを持つ種牡馬ではないかと思います。

 母コスモダンスナイトはダンスインザダークとStorm Cat、Irish Riverという配合ですから、あまりスピードという印象はありません。スタミナやパワーという感じです。総合すると、パワー型のダート馬になりそうです。

 6月生まれというのも心配要素ですね

コスモプラチナの20

募集馬コスモプラチナの20
父馬リオンディーズ
1口価格3万
東西栗東
厩舎吉田直弘厩舎
配合B’
総合C

 リオンディーズ×母父ステイゴールドという配合です。サンデーサイレンスの4×3のクロスを持ち、Northen Dancerの多頭クロスも持ちます。緩めると引き締めるのバランスはよさそうです。

 Blushing Groomを通してRed Godの血を持つため、Halo≒Red Godのニアリークロスも発生し、スピードも追加できていそうです。

 母父ステイゴールドから活躍馬があまりいないので、そこはトーンダウンです。

コスモラパンの20

募集馬コスモラパンの20
父馬キタサンブラック
1口価格4.25万
東西美浦
厩舎上原博之厩舎
配合A’
総合B

 キタサンブラック×母父スクリーンヒーローという配合です。サンデーサイレンスの3×4のクロスを持ち、キタサンブラックで不安視されるスピード要素を補えている印象があります。そこにBold Rulerも入るので、スピードはある程度あるのではないでしょうか。

 Lyphard・Danzig・ノーザンテーストでクロスを持ち、Northen Dancerの多頭クロスが発生しています。馬体の良さは父の個性プラスNorthen Dancerの多頭クロスがハマっているからでしょう。

 馬体を見ると足が短く見えます。それがどうかなあというところですが、それ以外はかなり良さそうです。

サマーエタニティの20

募集馬サマーエタニティの20
父馬ロードカナロア
1口価格4.5万
東西美浦
厩舎畠山吉宏厩舎
配合B
総合D

 ロードカナロア×母父アドマイヤコジーンという配合です。Northen Dancerの多頭クロスが発生しています。Numberの血を引くため、Specialのクロスも発生していて、それもプラスです。

 スピードと柔らかさを持つ血を各所に持ちつつ、Northen DancerとSpecialで頑強さを補う配合はよさそうですが、馬体がかなり小柄で、それが心配です。

シュフルールの20

募集馬シュフルールの20
父馬ダノンバラード
1口価格1.75万
東西栗東
厩舎奥村豊厩舎
配合A’
総合B

 ダノンバラード×母父パントレセレブルという配合です。 ダノンバラードはディープインパクト×母父Unbridledという配合で、かつ祖母にGlorious Songの全妹のAngelic Songを持つというかなりの良血です。

 母シュフルールもパントレセレブルを通してNureyevとAlyderの血を引いており、引き締める要素とアメリカのパワーを引き出す要素を持っています。

 配合的にはかなり魅力的に映り、あとは父ダノンバラードにどこまで期待して良いものか、というところでしょうか。

マリアヴェロニカの20

募集馬マリアヴェロニカの20
父馬ロゴタイプ
1口価格3.25万
東西美浦
厩舎青木孝文厩舎
配合A’
総合A’

 ロゴタイプ×母父ジャングルポケットという配合です。母マリアヴェロニカはノームコア・クロノジェネシス・フサイチエアデール・フサイチリシャールなどを出しているRustic Belle牝系の出身です。

 サンデーサイレンスの3×3に加えて、Glorious Song由来のHaloも持ち、Haloの5×4×4のクロスを持ちます。日本適正のスピードは十分あるでしょう。そこにNureyevの5×4もあるため、引き締める要素を持ち合わせています。

 馬体もきれいで、なかなか期待できるのではないでしょうか。

まとめ

  • クラシック路線:ウインアキレアの20 ウインアルテミスの20 ウインペイサージュの20
  • 長く楽しむ路線:ウインガーネットの20 シュフルールの20 マリアヴェロニカの20

 手広くなってしまいましたが、牝馬ではこのあたりでしょうか。自分が出資するとなると、ウインガーネットの20、マリアヴェロニカの20あたりでしょうか。

一口馬主ウイン-募集馬診断(2021)ウイン記事まとめ
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました