出資馬情報20210815 リンドラゴ シルクホースクラブ

一口馬主
スポンサーリンク

シルクホースクラブ出資馬情報更新 リンドラゴ

 シルク出資馬のリンドラゴの進捗について、こちらも結構進んだので記事にしようと思います。

 ※この記事では所属馬の情報や画像を使用させていただいておりますが、それらはシルクホースクラブホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

リンドラゴの近況

リンドラゴ 7月

2021.08.11 所有馬情報在厩場所:栗東トレセン/12日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
調教内容:11日にゲート試験合格
次走予定:未定

高野友和調教師「この中間もゲート試験に備えて練習を続けていましたが、枠入り・駐立は大人しく、出の反応の良くなってきたことから、11日に試験を受けたところ、枠入り・駐立は2回とも問題なく、出の反応も良かったことから無事合格いたしました。引き続き、喉の状態を気に掛けながら進めていましたが、舌を縛っていても呼吸音が気になる時がありますね。あまり効果は感じられないことから、今朝は縛らずにゲート試験を受けましたが、その際は全く気になりませんでした。体が立派になってきた反面、中身がまだ伴っていないことを考えると、このまま新馬戦に向けて仕上げていくより、無理せず放牧に出して牧場での状態を見ながら予定を組んでいく方が良いと思います」

シルクホースクラブ 2021年8月12日更新より

 リンドラゴ、無事にゲート試験を合格し、放牧に出ています。喉の調子はとても気になりますが、おそらく馬がすごく若いので、成長とともに良くなってくれるのを祈るばかりです。

 リンドラゴのちょうど1年前の更新

2020.08.15 所有馬情報在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling

Yearling担当者「こちらに移動してきた当初は環境の変化から体重が落ち、小柄な身体と相まって頼りない印象でした。ただ、環境に馴染んでくれてからは青草を目一杯に食べて今では見違えるほど毛艶が良くなり、メリハリのある体になりました。現在は毎日夜間放牧を行い、それに加えて馴致も始めていますが、性格的に神経質な部分はあるので、焦らず馬のペースに合わせて行うようにしています。5月生まれということもありますし、成長を促しながら、育成先でもスムーズに進められるよう、環境の変化への順応力を上げながら馴致を工夫していきたいと思います」馬体重382kg

シルクホースクラブ 2021年8月15日更新より
スポンサーリンク

 この1年前の更新が最初の更新でしたが、そこから1年経過して本当に成長してくれました。この時の馬体重が382kgで、7月23日の更新での馬体重が492kgですから、本当にびっくりするほど大きくなりました。コメントにもありますが、1年で100kgの成長ですから、中身が伴わないのも自然ですね。

 今年のミッキーアイル産駒は、ここまで8頭がデビューして、勝ち上がりはキャロット所属のスリーパーダの1頭です。母はシンハリーズなので、期待通りという具合でしょうか。スリーパーダリンドラゴだと、Sadler’s Wellsが入るという点が共通しています。ミッキーアイルはNureyevMy Bupersが入るため、Sadler’s Wells(Special)と相性が良いのでしょう。シルク所属のアンジーニョも新馬戦2着に入っており、そちらもSadler’s Wells持ちです。勝ち上がりまでもう少しが続くセイウンプラチナも母父エリシオSpecialの血を引きます。

 父ミッキーアイルで母方にSpecial持ちは注目ですね。

リンドラゴ記事まとめ

ウチダメンタル おすすめ中

一口馬主シルクHCリンドラゴ
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました