シルクHC 進捗報告 リンドラゴ 2022年1月

  • URLをコピーしました!
目次

シルクHC 進捗報告 3歳馬(19年産) 2022年1月

 私がシルクHCで現在出資している3歳世代の産駒は2頭です。

ソラネル
  • 父:ルーラーシップ
  • 母:レジェ
    • 母父:ステイゴールド
  • 所属:美浦 田島俊明

2022年1月まで 2戦0勝

リンドラゴ
  • 父:ミッキーアイル
  • 母:ワイオラ
    • 母父:Sadler’s Wells
  • 所属:栗東 高野友和厩舎

2022年1月まで 2戦0勝

 ソラネルはノーザンファーム生産・育成、リンドラゴは坂東牧場生産、ノーザンファーム育成です。リンドラゴの母ワイオラももともとノーザンファームにいた繁殖なので、いずれもノーザンファームゆかりの血統です。

 2頭ともに一次募集で万口にならなかった馬で、その背景にはどちらも当時馬体重が400キロほどでかなり小柄だったことがあげられます。それでも両馬ともに2021年中にデビューし、ここまで2戦していますから、ノーザンファームの育成力を感じます。

 2月も終盤ですが、今回はリンドラゴの2022年1月の動きをまとめてみようと思います。

リンドラゴの1月

  1. 2022.01.07.ノーザンファームしがらきで調整
    • 2021年12月17日に栗東・高野厩舎からノーザンファームしがらきへ放牧
    • 2021年12月24日はソエの症状は解消しきらず。
    • 年明けてソエは良化。坂路で登板開始
  2. 2022.01.14.ノーザンファームしがらきで調整
    • 体調は良好
    • 500kg弱まで増えた馬体重は負荷を増やして絞れて488kgに
  3. 2022.01.21.ノーザンファームしがらきで調整
    • 引き続き体調は良好
    • 負荷を強めても脚元の状態は良い意味で変わらず
  4. 2022.01.28.ノーザンファームしがらきで調整
    • 治療に専念で緩んだ身体は締まってきてハリが出てくる。

※シルクホースクラブ 所属馬情報 リンドラゴ 1月近況より引用

リンドラゴの近況と分析

ソラネル
リンドラゴ 配合のポイント
  • Nureyev≒Sadler’s Wellsの4×2の強烈なクロスによるNantallahの増幅
  • パワー系Mr.Prospector産駒のフォーティナイナー由来のNashua≒Nantallahが発生
  • ミッキーアイルはMy Bupers牝系出身で北米パワーがかなり入っている
  • NureyevとSadler’s Wells以外のNorthern Dancer系もDanehill・Far Northで力強い血統

上記より、ミッキーアイルのスピードで突進するパワー系ダート馬

急坂は得意そう。ゲート難と右回り下手解消できるかがカギ。

 ミッキーアイルの牡馬で2022年2月時点で賞金上位はデュアリストアナゴサンウィリアムバローズショウリュウレーヴ(ここまでが3000万超の獲得賞金)

 デュアリストアナゴサンフォーティナイナーが入り、アナゴサンショウリュウレーヴNureyevのクロスを持ちます。もう一歩踏み込むと、Mr.Prospectorも持っていて、NashuaNantallahのニアリークロスを持ち。ウィリアムバローズはMr.ProspectorもNureyev、Specialのクロスも持ちませんが、母父シンボリクリスエスでロベルト系。ロベルトは母父にNashuaを持ちますから、父と母でNashuaNantallahのニアリークロスが発生します。

 ここから見えてくるのは、ミッキーアイル牡馬はパワーあってこそ、というところでしょうか。ミッキーアイル自身は芝マイルで走った快速馬ですが、そのスピードをいかしつつ突進していくようなパワフルさがミッキーアイル牡馬が成功するのに必要な要素なのかもしれません。

 実際、リンドラゴは坂を良いスピードで駆け上がってきてますし、坂は苦にしないタイプではないかと思います。中京の坂を前の馬を交わしながら駆け上がっている姿は今後が楽しみになるものがありました。ゲートが苦手で、かつ右回りで膨れる癖があるのでなかなか難しいのですが、中山や阪神のダートに適性がありそうです。弱点を解消すると、活躍の機会が増えそうな予感。

 前走は4着で優先とりつつもソエが出て放牧。そのソエも良化していますし、3月の中京開催で見られるととてもうれしいです。右回りの苦手を解消できていれば、阪神リベンジも期待したいところ。いずれにせよ、3月・4月が勝負所だと思いますので、そこでの勝ち上がりを期待したいです。

まとめ

 私が出資しているフェールデレーヴ(デイトユアドリームの20)の半兄イルデレーヴも父ミッキーアイル。こちらもフォーティナイナーとNureyevが入る血統で、4歳現在2勝をあげています。イルデレーヴの場合、Coutry deeが入ったり、Damascusが入ったりとこれもまた北米パワー全開。

 牝馬においてはメイケイエールシャーレイポピーナムラクレアララクリスティーヌアールラプチャーが走っていますが、牡馬とは違ってすべて芝です。活躍馬に共通するのはサンデーサイレンスHaloのクロスを持つことです。

 筋肉の質が硬い牡馬においては、より力強くパワフルな走りをする血が欲しく、柔らかな牝馬においてはためてキレるサンデーサイレンスやHalo的なスピードをさらに追加で取り入れて短距離~マイルで勝負する。ねらい目の傾向が牡馬と牝馬でかなり違うので、ミッキーアイルは狙いの血統を性別で分けて考える必要性の高い種牡馬ですね。

 種付け時点で牡馬か牝馬かわからないだけに、生産者はすごく難しそうです。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/04/09 19:59時点 | Amazon調べ)
コーエーテクモゲームス
¥7,018 (2022/04/09 18:36時点 | Amazon調べ)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる