シルク募集馬配合分析 サトノダイヤモンド編まとめ(20産駒)

シルクHC
スポンサーリンク

シルク募集馬配合分析 サトノダイヤモンド編まとめ(20産駒)

 今期のシルクHC募集馬におけるサトノダイヤモンド産駒の配合分析結果をまとめています。母父Storm Catのディープインパクトの後継種牡馬が増えている中、その血を持たないサトノダイヤモンドがどのような成果を残すか、とても楽しみです。個人的には、かなり期待できるのではないかと思っています。

 サトノダイヤモンド産駒のポイントは以下の3点だと私は考えています。

  • Bold Ruler系・Nasrullah系が強い馬とかけあわせる
  • Mr.Prospector系が強い馬とかけあわせる
  • Halo的な要素を持つ馬をかけあわせる

 詳細は種牡馬サトノダイヤモンドの分析記事に掲載しておりますので、そちらをぜひご参照ください。

ブロッサムレーンの20

No.27 ブロッサムレーンの20 牡馬 3月29日生

サトノダイヤモンド
ブロッサムレーン
厩舎美浦 尾関知人厩舎
一口価格56,000円

配合からの期待度:未勝利~勝ち上がり

 5番仔です。上の4頭はいずれも未勝利で、最も好成績を残しているのがドゥラメンテ産駒の半姉マリノブロッサム(未勝利入着)となります。母ブロッサムレーンも英国未勝利です。一族からは重賞馬も出ています。

 生産はクラウン日高牧場で、昨年のセレクトセールで1,650万円で購入されています。

  • 上に活躍馬がいないのは心配材料
  • 父の血を生かすというより、異なる血を入れて活性化を狙うイメージに映る
  • 馬体は成長途中でまだ結構大きくなりそうな印象

 こういった印象を持ちました。ちょっと想像が難しい馬です。サトノダイヤモンドはスピード十分な血ですし、それがうまくかみ合うと走るのではないかと思います。

ミスティックリップスの20

No.28 ミスティックリップスの20 牝馬 2月7日生

サトノダイヤモンド
ミスティックリップス
厩舎美浦 中舘英二厩舎
一口価格36,000円

配合からの期待度:2,3勝クラス

 9番仔です。母ミスティックリップスドイツオークスを勝利しています。ドイツM牝系に属しており、従妹甥にエイシンフラッシュがいます。繁殖牝馬としても優秀で、競走馬として走った馬の6頭中4頭が勝ち上がり、その4頭とも複数勝利という優秀な成績を残しています。

ミスティックリップスの20
  • とても優秀な母と牝系出身の牝馬なのはかなり魅力
  • 好相性のニックスを2種類持ち、成功の可能性は高そう
  • ゴリゴリしてなくて、しなやかな感じの馬体 キレもありそう

 こんな印象を持ちました。母の実績から、この馬も勝ち上がりは十分期待できるでしょうし、その先も十分に期待できる1頭だと思います。

アズールムーンの20

No.61 アズールムーンの20 牝馬 2月11日生

サトノダイヤモンド
アズールムーン
厩舎栗東 池添学厩舎
一口価格48,000円

配合からの期待度:クラシック路線で期待

 初仔です。母アズールムーンはシルクの募集馬で、芝で2勝あげています。勝ちは芝ですが、兵庫ジュニアG(Jpn2-ダート1400m)で5着に入っています。アズールムーンの半姉に関東オークス(Jpn2-ダート2100m)を制したエスメラルディーナがいます

アズールムーンの20
  • 初仔ながらもしっかりした馬体は好感が持てる
  • 配合はとても魅力的で期待ができる
  • 進捗よさそうだが、ここからもう一段階成長しそうな様子

 私はこうした印象を持ちました。クラシック路線での活躍が期待できそうではないでしょうか。

 なお、友人の籠さんもアズールムーンの20は推奨しています。ぜひそちらもご参照ください。

シーズインクルーデッドの20

No.62 シーズインクルーデッドの20 牝馬 3月24日生

サトノダイヤモンド
シーズインクルーデッド
厩舎栗東 武英智厩舎
一口価格40,000円

配合からの期待度:2,3勝クラスを期待

 13番仔です。母シーズインクルーデッドは米国で1勝、G1に3着入着の成績があります。デビュー済み11頭中、5頭が中央勝ち上がりをしています。勝ち上がった馬はすべて複数勝利しており、サンデーウィザード(父ネオユニヴァース)とヒーズインラブ(父ハービンジャー)がG3を制覇しています。すぐ上の半兄ドゥラモント(父ドゥラメンテ)は朝日杯FSやきさらぎ賞、ニュージーランドTに出走しています。

シーズインクルーデッドの20
  • 重賞馬2頭出す優秀な母の産駒であることは魅力
  • 傍系の血を両親双方で刺激しあっていて、その血を生かすことができている印象がある
  • 馬体はバランスが良さそう

 このような印象を持ちました。マイナー血統が成功しにくいのは、その血を生かすのが難しいからという要素があり、その点、この馬はそれを生かすことができているように思います。早熟とも思いませんし、勝ち上がれば長く楽しめそうな1頭です。どちらかというと牡馬のほうが母の産駒は活躍しており、パワフルなほうが良さそうなのが気になる点でしょうか。

まとめ

 私の推奨は2頭です。

  1. アズールムーンの20
  2. ミスティックリップスの20

 人に推奨するのであればこの順ですが、個人的な好みで言えばミスティックリップスの20のほうが魅力的に感じます。Mから始まる名前で牝系を継ぎつつ、長く楽しませてくれそうです。

 初年度産駒とあって、どのような結果になるかとても楽しみです。ご参考になれば幸いです。

シルクHCサトノダイヤモンドシルクHC-募集馬診断(2021)種牡馬分析記事まとめ
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました