ノルマンディーOC 進捗報告 フォンメイリー 2022年2月

  • URLをコピーしました!
目次

ノルマンディーOC 進捗報告 3歳馬(19年産) 2022年2月

 現在、ノルマンディーの3歳世代の馬で、私が出資しているのは以下の4頭です。

ノルマンディーOC 2019年産出資馬一覧
  • クトゥネシリカ
    • 父:クトゥネシリカ
    • 母:ヤマトサクラコ
      • 母父:ディープインパクト
    • 性別:牡馬
    • 生年月日:2019年4月3日
    • 所属:栗東 宮徹厩舎→美浦 堀内岳志厩舎
    • 戦績:2戦0勝 ※2022年2月まで
    • 募集総額:1080万
  • フォンメイリー
    • 父:ドレフォン
    • 母:チャイナドール
      • 母父:スペシャルウィーク
    • 性別:牝馬
    • 生年月日:2019年4月17日
    • 所属:栗東 四位洋文厩舎
    • 戦績:1戦0勝 ※2022年2月まで
    • 募集総額:1120万
  • ラミアヴィータ
    • 父:マツリダゴッホ
    • 母:イッツマイン
      • 母父:Medicean
    • 性別:牝馬
    • 生年月日:2019年4月17日
    • 所属:栗東 昆貢厩舎
    • 戦績:2戦0勝 ※2022年2月まで
    • 募集価格:920万円
  • ベルトゥジュール
    • 父:アイルハヴアナザー
    • 母:テーオーティアラ
      • 母父:スペシャルウィーク
    • 性別:牝馬
    • 生年月日:2019年4月18日
    • 戦績:1戦0勝 ※2022年2月まで
    • 募集価格:1080万円

 2月もクトゥネシリカとラミアヴィータが走りましたが初勝利とはならずでした。ここ最近の未勝利戦の混雑具合から、なかなか心配な様相になってきました。何とか1勝を期待していきたいと思います。

 今回は明日3月19日に2戦目を迎えるフォンメイリーの2022年2月の調整内容を見ていこうと思います。

フォンメイリーの2月

  1. 2022.02.04.宇治田原優駿ステーブルで調整
    • 1月末にレースで使用後、月末に移動
    • リフレッシュを兼ねた軽め調教
  2. 2022.02.11.宇治田原優駿ステーブルで調整
    • 先週よりやや調教ペースをあげて調整
    • 馬体が戻ってきたところで翌週から時計消化に移行
  3. 2022.02.18.宇治田原優駿ステーブルで調整
    • 15-15のメニューを週2回に増やし強度アップ
    • 放牧当初、疲れが出ていたトモも問題なし
  4. 2022.02.25.宇治田原優駿ステーブルで調整
    • 同じペースで調整
    • 負荷をあげても馬体が減らないのはプラス

※ノルマンディーオーナーズクラブ 所属馬情報 フォンメイリー 2月近況より引用

 このあと、3月2日に栗東トレセンに入厩しています。

フォンメイリーの近況と分析

フォンメイリー
フォンメイリー 配合のポイント
  • Northern Dancerの多頭クロスに妙味
    • Storm Cat≒マルゼンスキーで柔らかさとスピード強化
    • それと同時にStorm Birdを中心にStorm Bird≒ノーザンテースト Storm Bird≒Nijinskyが成立北米的力強さも補強
  • 1400mから1800mくらいでの活躍が見込めるスピード感
    • 母チャイナドールはダート1700mで3勝、1800mで1勝
      • 母系は中距離×中距離でスプリント適性は低めのマイル~中距離血統
    • 父ドレフォンは短距離馬も産駒はマイルから1800mくらいを得意とする
      • かつスピードがあり、芝・ダートともに軽い馬場を得意とする

上記より、軽い馬場でのダート戦や場合によっては芝路線にも活路。母の父として期待値が高い血が非常に多く、繁殖に入ってからも期待。

 Storm Bird≒ノーザンテースト・NijinskyとStorm Cat≒マルゼンスキー

 ドレフォンは初年度から芝1800mで重賞馬ジオグリフが出たように、芝・ダート兼用タイプの種牡馬ですね。母系にディープインパクトが入ると芝に出やすいように、芝適性が高い母の父を持つと芝での期待値が上がり、逆に同じサンデーサイレンス系でもフジキセキのような北米的要素があるダート兼用型、ダイワメジャーのようにノーザンテーストが主張する粘り強いパワー&スピード型が相手だとダートでの期待値が高まります。

 大枠でサンデーサイレンスが入らないほうがダートでの期待値が上がるのが一般的ですが、ドレフォンの場合はサンデーを取り入れて日本のダート適性も高めている印象を受けます。ゴールドアリュール的なニュアンスに近いかもしれませんね。

 ここまで、フォンメイリーはダートの両親でであること、母父スペシャルウィークがダートでも活躍馬を出していることから、ダート路線での適性を見ていましたが、芝でも期待ができそうな感じもあります。

 明日のレースは雨の影響で足抜きの良い馬場での走りになると思います。軽いダートでの適性が見れるのはうれしいところ。そのうえで、芝でも活路があるかもしれない、と思うと1,2勝の期待値があがります。

 四位先生も期待してくれている馬ですし、まず連続で走れるよう権利獲得してもらえるとうれしいです。

まとめ

 フォンメイリーの話のときに出てくるStorm Cat≒マルゼンスキーですが、父ロードカナロア×母父スペシャルウィークでも見られるニアリークロスで、かなりの実績を残している配合です。サートゥルナーリア・グルーヴィット・キングエルメスなんかが好例です。

 非サンデーサイレンスのStorm Cat持ち種牡馬は、サンデーサイレンスを取り入れつつ、Storm Catの母系の柔らかさを引き出せる馬が入ると良さそうです。

 これはエピファネイアは母系にスペシャルウィークを持つので、Storm Catの血を持つ繁殖とこの要素ではかみ合いそうです。そのとき、柔らかく緩めるだけだと不足しそうなので、Specialを刺激した方がいいんでしょうね。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/09/20 21:47時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
コーエーテクモゲームス
¥6,845 (2022/09/20 22:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
コーエーテクモゲームス
¥5,791 (2022/09/20 22:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次