ノルマンディーOC 進捗報告 クトゥネシリカ 2022年1月

  • URLをコピーしました!
目次

ノルマンディーOC 進捗報告 3歳馬(19年産) 2022年1月

 現在、ノルマンディーの3歳世代の馬で、私が出資しているのは以下の4頭です。

クトゥネシリカ
  • 父:ロゴタイプ
  • 母:ヤマトサクラコ
    • 母父:ディープインパクト
  • 所属:栗東 宮徹厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

フォンメイリー
  • 父:ドレフォン
  • 母:チャイナドール
    • 母父:スペシャルウィーク
  • 所属:栗東 四位洋文厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

ラミアヴィータ
  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:イッツマイン
    • 母父:Medicean
  • 所属:栗東 昆貢厩舎

2022年1月まで 未出走

ベルトゥジュール
  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:テーオーティアラ
    • 母父:スペシャルウィーク
  • 所属:美浦 蛯名利弘厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

 上記の通り、現在4頭ともに未勝利、かつ2021年6月の新馬戦スタートから8か月経過しましたが、デビューは3頭でそれぞれ1戦のみという状況です。私の出資馬だけ見ると、クラブの育成は晩成傾向で、慎重という感じがしますね。

 今回はクトゥネシリカの2022年1月の調整内容を見ていこうと思います。

クトゥネシリカの1月

  1. 2022.01.07.グリーンファーム甲南で調整開始
    1. 2021年12月25日に新馬戦(阪神-芝1800m)でデビュー。年末の新馬戦にしてはかなりそろったメンバー相手に0.5秒差の8着(14頭・11番人気) 
    2. 2021年12月27日にグリーンファーム甲南に移動&調整開始
    3. すぐの帰厩が前提の馬体重回復と調整
  2. 2022.01.14.グリーンファーム甲南で調整
    1. 馬体重は回復しないものの、負荷を強めても減らないことを評価
    2. 宮先生より帰厩予定の連絡有
  3. 2022.01.21.栗東トレセンに帰厩・調教再開
    1. 2022年1月18日に帰厩
    2. 目標のレースが2月12日の未勝利戦(小倉-芝1800m)と発表
    3. 食の細さが課題
  4. 2022.01.28.栗東トレセンで調教
    1. 飼い葉食いが改善
    2. 軌道に乗ってきた印象と宮先生コメント

※ノルマンディーオーナーズクラブ 所属馬情報 クトゥネシリカ1月近況より引用

クトゥネシリカの近況と分析

クトゥネシリカ

 昨年末にデビューしたクトゥネシリカですが、個人馬主の高額馬がそろうなかなかなレースでのデビューとなりました。11番人気111倍ながら、0.5秒差8着は立派な走りでした。このレースで3着に入ったテーオーアリエスは私がシルクで出資しているアッシュフォードの半姉で、セールでは4000万弱で取引されていました。

 このレースからは5着に入ったシュプリンガーと9着のエヴィダンシアが1月に勝ち上がっています。そのほかの馬も掲示板や8着以内に入るなど、それなりの成績を残しており、その点から見てもメンバーが揃っていたのだと思います。

 クトゥネシリカのデビュー戦馬体重は432kgで牡馬としては小柄。食の細さはずっと課題としてあがっており、このあたりの解消ができると成長が見込めそうです。

 母父にディープインパクトを持つ馬は、母が小柄になりやすいこともあって馬格に恵まれない傾向があります。ただクトゥネシリカの場合は父ロゴタイプ・母ヤマトサクラコともに500kg前後の馬体重で走っていた馬なので、この背景をそのまま当てはめにくいところ。まだまだここから成長が見込める可能性も十分あり、その点でも早めの1勝は欲しいですね。

 父ロゴタイプの今日時点(2022年2月11日)での勝利数は2勝。その2勝はラブリイユアアイズがあげています。ラブリイユアアイズは母父ヴィクトワールピサを持ち、In The Wingsを母系にも持つため、Haloクロスを強く持つことが特徴です。ロゴタイプはサイアーラインがSadler’s Wells系で、日本の芝で活躍する確率を高めるためには、Haloやサンデーサイレンス的な要素が必要なのだと推測できます。

クトゥネシリカとラブリイユアアイズの母比較

 ヤマトサクラコはサンデーサイレンスの孫であり、ロゴタイプとの配合ではサンデーサイレンスの3×3が発生します。オープンユアアイズはサンデーサイレンスのひ孫な変わりに、Haloの血をほかのラインからも強く持っています。クトゥネシリカのほうがサンデーサイレンスらしさを強く受け継ぎ、ラブリイユアアイズのほうがよりHaloらしさを強く受け継いでいるのかもしれませんね。

 クトゥネシリカは明日2月12日の小倉で走る予定ですので、ラブリイユアアイズに続くロゴタイプ産駒2頭目の勝ち上がりになってくれるよう期待したいと思います。

コーエーテクモゲームス
¥7,018 (2022/04/09 18:36時点 | Amazon調べ)

まとめ

 ロゴタイプはGlorious Songとサンデーサイレンスの血を持ち、Haloの4×3を持つ種牡馬です。Sadler’s Wellsを中心とした牝馬クロス(Sadler’s WellsとMill ReefによるLalun・Sadler’s Wells≒NureyevによるSpecial)が発生しており、底力もあるタイプです。

 こういうタイプの母父には、Halo的な要素の強いキングヘイローやヴィクトワールピサは好相性が良さそうです。サイアーラインがサンデーサイレンス系ではないので、ヴィクトワールピサはその中でも特注でしょうか。クトゥネシリカの活躍に期待しつつ、ロゴタイプの好配合分析も続けていきたいと思います。


にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる