ノルマンディーOC 進捗報告 フォンメイリー 2022年1月

  • URLをコピーしました!
目次

ノルマンディーOC 進捗報告 3歳馬(19年産) 2022年1月

 現在、ノルマンディーの3歳世代の馬で、私が出資しているのは以下の4頭です。

クトゥネシリカ
  • 父:ロゴタイプ
  • 母:ヤマトサクラコ
    • 母父:ディープインパクト
  • 所属:栗東 宮徹厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

フォンメイリー
  • 父:ドレフォン
  • 母:チャイナドール
    • 母父:スペシャルウィーク
  • 所属:栗東 四位洋文厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

ラミアヴィータ
  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:イッツマイン
    • 母父:Medicean
  • 所属:栗東 昆貢厩舎

2022年1月まで 未出走

ベルトゥジュール
  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:テーオーティアラ
    • 母父:スペシャルウィーク
  • 所属:美浦 蛯名利弘厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

 上記の通り、現在4頭ともに未勝利、かつ2021年6月の新馬戦スタートから8か月経過しましたが、デビューは3頭でそれぞれ1戦のみという状況です。私の出資馬だけ見ると、クラブの育成は晩成傾向で、慎重という感じがしますね。

 今回はフォンメイリーの2022年1月の調整内容を見ていこうと思います。

フォンメイリーの1月

  1. 2022.01.07.栗東トレセンで調教
    1. 坂路で調教し体力強化に手ごたえ。
    2. 素質を評価するコメントがあるものの、ピリッとしてこないとも。
    3. 翌週調教の様子を見て1月15日・16日のデビューにするか判断。
    4. 使いながら、というコメントもアリ
  2. 2022.01.14.栗東トレセンで調教
    1. 馬ナリの調教でもラスト2Fは12秒台
    2. 動き・馬体ともに上場もピリッとしてこないというコメントが継続
    3. デビューが1月22日の混合の新馬戦(中京-ダート1800m)とアナウンス
  3. 2022.01.20.栗東トレセンで調教
    1. レース前の最終追切はCWで3F39.3-11.7
    2. 直前でも前向きさに欠けるというコメントあり
    3. 使いつつのタイプでかつジョッキーの感触は良好
  4. 2022.01.22.中京3R新馬戦で出走 7番人気5着
    1. パドックで気合が乗り良いテンションで競馬に臨めた
    2. ゲートが良く加速も良好
  5. 2022.01.28.宇治田原優駿ステーブル
    1. 1月26日に調整のため放牧
    2. 両トモに浮腫み・跛行気味の歩様も、故障はなし
    3. 心身のリフレッシュをはかり、仕切り直し

※ノルマンディーオーナーズクラブ 所属馬情報 フォンメイリー 1月近況より引用

フォンメイリーのレース回顧

レース情報の整理

  • 1月22日中京3R 3歳新馬 14頭立て
    • フォンメイリーは7枠11番 7番人気40.3倍
      • 着順は5着 タイムは1’57.5 勝ち馬からは3.1秒差
      • 先着の4頭は牡馬3頭とセン馬1頭。
    • 1着はブリッツファング(父ホッコータルマエ)
      • 勝ちタイム 1’54.4 2着に7馬身差圧勝 2着馬ミスターホワイトも3着馬に9馬身差をつけてのゴール
      • 次走はヒヤシンスSを想定しているとのこと
      • なお2着ミスターホワイトは次戦の未勝利戦でも2着

レースを見てのフォンメイリーの印象

パドックで気合が入り、ゲートでは落ち着き、好スタートを切れる良い気性の持ち主

スタートからの加速も良好で追走に心配なし

砂を被っても嫌がらず、牡馬相手にもひるまず、ダート適性の高い勝負根性の持ち主

物見をする癖がある模様。レースに慣れて解消してくれれば〇

 フォンメイリーは外枠から好スタート好ダッシュで先団にとりつき、先頭集団か、というところで物見をして5番手に位置。道中はやや外目を順調に追走。直線で上位2頭に置いて行かれるも、最後まで粘っての5着となりました。

 勝ったブリッツファングとミスターホワイトは前半3F・後半3Fともに上位3位内の時計でこのメンバーでは抜けていました。3着のミステリーボックスはほぼ同じペースでレースを進めていましたが、最内を通っていたことや、最後まで粘ったことで4着ヒロノアステロイドに差されなかった形に。

 牡馬相手に良い競馬をしてくれたと思います。ゲートが良く、行き足もついて、追走も苦労しないという課題のない優等生な走りはすばらしかったです。裏を返せば、物見以外は改善点のないレース運びだっただけに、勝利をつかむためにはもう1段能力的成長が求められるのかな、とも思いました。

 四位先生が更新に際して何度も『使いながらだと思う』とコメントされており、牡馬相手のタフなデビュー戦をきっかけに心身ともに大きく成長してくれることを期待しています。

フォンメイリーの近況と分析

フォンメイリー

 四位先生が栗東のトレセンで2か月ほどじっくりと調教をつけてくれていたので、その成長過程を楽しむことができたのが大きなことでした。フォンメイリーに限った話かもしれませんが、四位厩舎は馬ナリ調教が主体で、馬の主体性を育む傾向のある厩舎という印象があります。その分、気性が穏やかな馬はなかなかピリッとしてこないのかもしれません。フォンメイリーもそんなところがありましたが、レースではむしろ良い方向に出ており、1度使っての成長が期待できます。

 フォンメイリーは社台SS期待の新種牡馬ドレフォン産駒。ドレフォンのサイアーラインはStorm Cat系です。フォンメイリーの配合のポイントはStorm Bird(Storm Catの父)を生かした北米的なパワーとスピードだと思っています。まず、Storm Birdはノーザンテースト、Nijinskyとそれぞれ似た血を持っており、ここで発生するニアリークロスは北米的なパワーとスピード要素を強化する印象があります。

 ノーザンテーストの北米的なパワーとスピードがオンになるとサクラバクシンオーやダイワメジャーのような馬が出る印象。Storm Birdを中心に、ノーザンテーストとNijinskyが相互に刺激しあう間柄になってそうです。

 Storm Bird≒Nijinskyとしたとき、Storm Cat≒マルゼンスキーも同時に成立します。

 Storm Bird的な要素に加えて、Storm Catが持つ要素もマルゼンスキーだからこそ引き出すことができているのがこの配合の魅力だと思います。単純な力強さだけでなく、キレ味なスピードもここで補えている印象があります。

 ドレフォンのダート配合では、母父フジキセキ・母父Pulpitなどが考えられますが、母父スペシャルウィークも結構良い成果を残すのではないかと期待をしています。実際、ダート中距離で適性を見せてくれましたし、今後がとても楽しみです。

まとめ

 タイム差は気になる負け方ですが、使っての成長が期待できますし、悲観せず期待し続けたいと思います。

 今回紹介したStorm Cat≒マルゼンスキーですが、父ロードカナロア×母父スペシャルウィークでも見られるニアリークロスで、かなりの実績を残している配合です。サートゥルナーリア・グルーヴィット・キングエルメスなんかが好例です。Storm Birdだけを刺激すると北米パワーに寄ってダートっぽくなるのですが、Storm Catの要素も刺激すると芝で活躍する要素も産駒に伝えることができるのだと思います。

 このニアリークロスに注目すると活躍馬を発見できるかもしれませんね。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/04/09 19:59時点 | Amazon調べ)
コーエーテクモゲームス
¥7,018 (2022/04/09 18:36時点 | Amazon調べ)

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
シオノゴハンブログ - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次
閉じる