ノルマンディーOC 進捗報告 ベルトゥジュール 2022年1月

  • URLをコピーしました!
目次

ノルマンディーOC 進捗報告 3歳馬(19年産) 2022年1月

 現在、ノルマンディーの3歳世代の馬で、私が出資しているのは以下の4頭です。

クトゥネシリカ
  • 父:ロゴタイプ
  • 母:ヤマトサクラコ
    • 母父:ディープインパクト
  • 所属:栗東 宮徹厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

フォンメイリー
  • 父:ドレフォン
  • 母:チャイナドール
    • 母父:スペシャルウィーク
  • 所属:栗東 四位洋文厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

ラミアヴィータ
  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:イッツマイン
    • 母父:Medicean
  • 所属:栗東 昆貢厩舎

2022年1月まで 未出走

ベルトゥジュール
  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:テーオーティアラ
    • 母父:スペシャルウィーク
  • 所属:美浦 蛯名利弘厩舎

2022年1月まで 1戦0勝

 上記の通り、現在4頭ともに未勝利、かつ2021年6月の新馬戦スタートから8か月経過しましたが、デビューは3頭でそれぞれ1戦のみという状況です。私の出資馬だけ見ると、クラブの育成は晩成傾向で、慎重という感じがしますね。

 今回はベルトゥジュールの2022年1月の調整内容を見ていこうと思います。

ベルトゥジュールの1月

  1. 2022.01.07.美浦トレセンで調教
    • Wコースで順調に乗り込み。時計も良好。
    • 馬体減を心配視される。
    • 1月16日の新馬戦(中山-ダート1800m)or1月22日の新馬戦(中山-ダート1200mか1800m)でのデビューを想定。
  2. 2022.01.14.美浦トレセンで調教
    • Wコースで直線強め単走で5ハロン66.1-51.8-37.9-11.8を記録
    • 1月22日の新馬戦(中山-ダート1800m)を予定と発表。
    • 鞍上にはデビュー3年目・減量アリの小林脩斗ジョッキーを予定。
  3. 2022.01.20.美浦トレセンで調教
    • 中山-ダート1800m混合戦&小林脩斗ジョッキーの予定から中京-ダート1200m牝馬限定線&岩田望来ジョッキーに変更
      • 血統面から中山-ダート1800mと示唆アリ
      • フルゲートでかつ除外の可能性もあったことから変更とのこと
    • 本数と時計は十分で状態面も良好
  4. 2022.01.22.中京3R新馬戦(ダート-1200m)で出走 13頭立て6番人気8着
    • ゲート入りが難航する馬がおり、ゲート内で待たされてしまう。結果出遅れ
    • 道中追い通しで直線バテ
  5. 2022.01.28.NSRで調整
    • 1月27日に調整のため放牧
    • 中京への往復・帰厩後のテンションの高さや出遅れからリフレッシュ放牧
    • 心身の回復状態を見て帰厩させる予定

※ノルマンディーオーナーズクラブ 所属馬情報 ベルトゥジュール 1月近況より引用

ベルトゥジュールのレース回顧

レース情報の整理

  • 1月23日中京3R 3歳新馬 13頭立て
    • ベルトゥジュールは1枠1番 6番人気14.4倍
      • 着順は8着 タイムは1’16.8 勝ち馬からは2.9秒差
      • タイムは同開催の3歳馬比較最下層クラス。
    • 1着はカネコメシスター(父エスポワールシチー)
      • 勝ちタイム 1’13.9 2着に7馬身差、1.1秒差圧勝
      • 同レースからは勝ち上がりは2月13日時点で0 二桁着順負けは複数頭。

レースを見てのベルトゥジュールの印象

1200mのペースの追走では脚がたまらなそう

ゲートの得手不得手は不明も、調教過程や待ち時間の影響を受けたと想定すると、結構神経質な馬か

 ダートスタートかつ小回りの中京ダート1200mにおいて、逃げ先行・内枠(とりわけ1枠)が有利。好枠だったものの、出遅れでそれを生かせず、かつ挽回のために脚を使い続けたことで勝負になりませんでした。ゲートを決めていたら違った結果になっていた可能性があるのは間違いないでしょう。

 ただ、出遅れがあったとはいえ、前半3Fの時計は鞍上の岩田望ジョッキーがいうように追い続けてなら早いとは言えないものです。そこから推測するに、1200mのペースでの追走は厳しいのではないかと感じました。追走のペースが緩む1800mで、ゲートを決めて楽に先行できると、調教で見せていたような走りを期待できるかもしれません。

 このレースは4枠5番の馬が枠入りを拒み、ベルトゥジュールはゲートの中で待たされる形に。これが出遅れにつながったとのこと。ここまでの調教過程においても、移動でテンションが上がってしまう・周囲の馬を気にする・飼い葉食いが落ちる、というメンタルの敏感さを指摘するコメントが多数ありました。改めてそれが出てしまった形ですね。

 今回のレースは度外視し、改めてのレースに期待したいです。血統的にも成長力に期待できますし、夏ごろまでに1勝できることを願います。

ベルトゥジュールの近況と分析

ベルトゥジュール

アイルハヴアナザーは米二冠馬

母テーオーティアラは芝1600m~2000mで3勝。祖母デローペは豪G1馬。デローベは非Northern Dancer系

 アイルハヴアナザーNashua≒NantallahのニアリークロスとDanzigによるパワー増幅型のダート馬のイメージです。NashuaNantallahMr.Prospectorに加えてRobertoSadler’s Wellsから引いており、その点からもパワータイプ。そこにPrincequilloをKris S.とCaucasusから引くので、Nasrullah+Princequillo要素の種牡馬で動力はTeddy系中心というイメージ。

Nantallahを持つSadler’s WellsとNashuaを持つRoberto いずれもパワー十分な血

 上記より、アイルハヴアナザーは米血の中でもパワータイプで、スピードを補ったほうが良さそうな印象を受けます。その点、芝の1600m~2000mで活躍した母テーオーティアラのスピードが加わるのは良さそうです。祖母デローベは豪G1馬で勝利したG1は2400m。マイルでも活躍しており、スピードもありそうです

 Caucasus≒マルゼンスキーの3/4同血のニアリークロスでPrincequilloを強めつつ、異系のデローベNasrullah+Princequilloで、Nasrullah+Princequilloの増強タイプなのがベルトゥジュールです。

 アイルハヴアナザーは前述の通りパワーのある血が豊富なので、産駒は中山1200m・1800mともに好成績。いわゆるナスキロ的な要素もあることで、大箱・長い直線を得意とするタイプもいて、東京でも良績があります。

 成績は古馬になってからのほうが明らかに良く、3勝クラスでの勝率が高いのも特徴です。未勝利を突破し、古馬になって成長してきた馬はじっくりとOP級にまで上がっていくイメージです。

それだけに、何としても1勝がほしい

 減量ジョッキーの小林脩斗ジョッキーが鞍上、かつ中山ダート1800mでデビューと聞いたときは、結構テンションが上がりました。それだけに、減量ない岩田望Jへの変更・1800m→1200mに変更・中山→中京に変更で神経質な馬に輸送発生と、一気に変更となったときは『いやマジか!』という気持ちでした。

 レースではいろいろとかみ合わなかったのですが、あくまで結果論。厩舎のその時最良と感じた判断を信じるほかありません。次走での巻き返しを期待したいところです。3月,4月の中山ダートでの勝ち上がりを見たいです。

まとめ

 本当に1つ勝つことの難しさを感じます。

 今回紹介したNashua+Nantallahのニアリークロスはダートを走るうえで有効なニアリークロスで、Mr.Prospector・Roberto・Nureyev(Special)の血を持つダート馬は注目したいところです。

監修:栗山 求, 監修:望田 潤, 編集:競馬道OnLine 編集部
¥2,750 (2022/09/21 15:20時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon
コーエーテクモゲームス
¥6,845 (2022/09/20 22:31時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

HN:シオノゴハン
趣味:競馬と雑学調べ
一口馬主:
シルクホースレーシング 2019年~
ノルマンディーオーナーズクラブ 2020年~
インゼルサラブレッドクラブ 2021年~
POG:不愉快な仲間たち

目次