ノルマンディーOC 2歳 出資馬 11月近況

クトゥネシリカ

ノルマンディーOC 2歳 出資馬 11月近況

 ノルマンディーの出資馬の2歳勢徐々に出走に向かって動き始めました。今の進捗具合だと、2歳新馬に出走できそうなのは1頭でしょうか。残りは年明けデビューになるのではないかと思ってみています。

 そういえば、3歳新馬廃止はどうなったのでしょう。今年は2月末まであった覚えがありますが、2022年はどうなるのでしょうか。初戦は新馬戦で見たいという願望がありつつ、2月ごろまでに全頭デビューできるといいなと思います。

ノルマンディー出資馬4頭

  • クトゥネシリカ (父:ロゴタイプ)
  • フォンメイリー (父:ドレフォン)
  • ラミアヴィータ (父:マツリダゴッホ)
  • ベルトゥージュール (父:アイルヴアナザー)

クトゥネシリカ (ヤマトサクラコの19)

 クトゥネシリカは11月4日に栗東・宮徹厩舎に入厩しました。このままゲート試験・デビュー戦に進める予定とのことです。

 馬体重は452kgですから、デビュー時にはもう少し絞れて430kg台での出走になりそうですね。クトゥネシリカは父ロゴタイプがSadler’s Wells ≒ Nureyevのニアリークロス、Bold Reason ≒ Never Bendを持っていて、頑強さを持ってはいるものの、HaloのクロスとHalo≒Sir Ivorのニアリークロスを強めに持つため、全体的には柔らかめの血筋です。Secretariatサクラユタカオーが入るものも柔らかさを追加しています。

 なので、馬がしっかりしてくるのには時間がかかるだろうと思ってはいたのですが、いよいよここまでやってきました。

 おそらく短距離~マイルだと思うので、まず1勝して馬体の成長を促す余裕が生まれるとうれしいですね。

スポンサーリンク

フォンメイリー (チャイナドールの19)

 フォンメイリーは入厩に向けて福島県小野町から、厩舎近くの宇治田原優駿ステーブルに移動しました。宇治田原優駿ステーブルといえば、タガノの八木さんが開設した育成牧場ですね。かつてはキタサンブラック、今もモズアスコットやデアリングタクトが所属しています。そこで鍛えられるのは楽しみです。

 馬体重は輸送前は495kgとかなり大きくなってきました。募集直後の1年前が426kgですから、ぐっと成長しましたね。

 フォンメイリーは父ドレフォン、母父スペシャルウィークですから、芝でも行けるのではないかと思っています。割と順調な進行でしたので、ここまで来るのに思ったより時間がかかったな、というのが正直な印象です。馬体も大きくなっていることから、成長を促しつつじっくり来ることになったのだと思います。

 ここから宇治田原優駿ステーブル→四位厩舎で鍛えてもらい、12月にデビューできると理想的ですね。年明けになりそうですが……

 宇治田原優駿ステーブルは栗東の坂路より厳しい坂がある育成場ですから、阪神や中山でのデビューとなりそうなフォンメイリーにはとてもありがたいですね。楽しみです。

ラミアヴィータ (イッツマインの19)

 ラミアヴィータ小野町のノルマンディーファームで調整中です。

 追切のメニューも入ってきて、馬体も少し減らしましたが、引き締まった印象とのことですので心配はいらなそうです。メニューを厳しくしてもしっかりしてきたというのは、馬体が育ってきたことの証明だと思うので、一安心です。

 3次募集馬で、募集時に440kg弱ですから、それが480kg弱まで伸びたのは驚きました。Halo≒Sir Ivor≒Red Godの柔らかく速い血が多く、そこに米血も結構入ることから、前目での競馬を期待したいだけに、この馬体増は結構うれしい要素です。

 フォンメイリーのように栗東近辺での調整が入るかどうかわかりませんが、今月末から年内にかけて入厩・ゲート試験まで行けるとうれしいですね。寒い時期はどうでしょう。夏のローカルのほうが向きそうなだけに、冬場になんとか勝ちあがって夏に備えたいですね。

スポンサーリンク

ベルトゥジュール (テーオーティアラの19)

 ベルトゥジュールリトルブルーファームの茨城県トレーニング場のNSRで入厩に向けて現在調整中です。

 一度スクミが出て頓挫しましたが、無事回復して現在は順調に調整中です。来週からは15-15の調整も入るということで、そこでまた一つ成長してくれるのを願うばかりです。

 募集時の歩様も前向きでかなり良さそうでしたし、晩成かと思う血統なので、じっくり成長してくれるとうれしいですね。この馬も年内から年始のデビューになるとは思うのですが、ダート中距離路線ですし、無理せず進めてほしいですね。ギリギリでも未勝利を突破できれば、成長は期待できる血統ですし、牝馬ダート路線でじっくり長く走ってくれるとうれしいです。

 まだ馬体も若い(この馬齢だと幼いのほうが適切か)ようですし、焦らず待ちたいと思います。

まとめ

 一口馬主を始めて、現3歳世代1頭・現2歳世代6頭・現1歳世代8頭と出資馬を増やしてきました。今のところ3戦未勝利です。年内に1勝するところを見たいところ。これからが楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました