牝馬・牝系を考えるシリーズの開始

牝系分析
スポンサーリンク

牝馬・牝系を考える

 牝馬クロスが有効であることは、このブログでも何度か記事にしてきました。よく上がる事例は、Sadler’s Wells × Never Bendで生じるLalunのクロスSadler’s Wells × Nureyevで生じるSpecialのクロスなどがその例です。Lalunの場合はその先にあるLa Troienneという牝馬を持つことに効果がある、など、牝馬の一族をたどっていくとその馬が走る理由に行きつくことがあります。

 牝系を考えていくと、出資候補馬の活躍できる場所が想像できるようになり、効果的な出資が可能になるのではないでしょうか。その観点で、牝系を考えることは大事です。

 また、魅力的な牝系の馬を出資すると、牝馬の場合は引退後の未来が明るくなる可能性が高まります。私の出資馬に、ベルエポック(アドマイヤテンバの2018)がいました。ベルエポックは2戦0勝で骨折してしまい、引退しましたが、繫殖牝馬になることができました。

 ベルエポックはエアグルーヴの牝系に属しており、代々名種牡馬をかけあわせています。

  1. ダイナカール×トニービン→エアグルーヴ(曾祖母)
  2. エアグルーヴ×サンデーサイレンス→アドマイヤグルーヴ(祖母) 
  3. アドマイヤグルーヴ×フレンチデピュティ→アドマイヤテンバ(母) 
  4. アドマイヤテンバ×モーリス→ベルエポック

 こうしたかけあわせをした馬は血統的に魅力が強く、繫殖入りできる可能性が高まりますし、繁殖入り後に活躍馬を出す可能性も高まります。シルクホースクラブは母馬優先がないので、そこまで意識する必要もないのですが、母馬優先権のあるクラブに所属されている方は、どのような牝系に属している馬なのかは意識すると良いと思います。

この記事シリーズはこんな人にオススメ

  • 競走馬の血統に興味がある人
  • 一口馬主を始めようか悩んでいる人やすでに始めている人
  • 一口馬主で出資馬を検討している人
  • POGの指名馬を考えている人

血統、牝系について何かお役に立てたら幸いです。

今後記事制作を予定している牝馬・牝系

 今のところ、以下の牝系について記事制作を予定しています。

  • 牝系:My Bupers
  • 牝馬:シーザリオ
  • 牝馬:Lalun
  • 牝系:エアグルーヴ
  • 牝系:ウインドインハーヘア
  • 牝系:Miesque
  • 牝系:バレークイーン

 すべてを書き上げた段階で、さらに記事を増やしていければと思っています。

牝系:MyBupers

 記事を制作、更新しました。ぜひご参照ください。

My Bupers

牝馬:シーザリオ

 記事制作後にリンクを張ります

シーザリオ

牝馬:Lalun

 記事制作後にリンクを張ります

Lalun

牝系:エアグルーヴ

 記事制作後にリンクを張ります

エアグルーヴ

牝系:ウインドインハーヘア

 記事制作後にリンクを張ります

ウインドインハーヘア

牝系:Miesque

 記事制作後にリンクを張ります

Miesque

牝系:バレークイーン

 記事制作後にリンクを張ります

バレークイーン

まとめ

 ここでまとめた牝馬・牝系情報が皆様の一口馬主生活のお役に立てたら幸いです。もし記事にすることを希望される牝馬や牝系がありましたらコメントください

 よろしくお願いいたします。

牝系分析記事まとめ
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました