出資馬情報20210614-リンドラゴ シルクホースクラブ

一口馬主
スポンサーリンク

シルクホースクラブ出資馬情報更新 リンドラゴ

 今日はシルクホースクラブで出資しているリンドラゴ(ワイオラの2019)について、情報が入りましたので更新します。

 リンドラゴへの出資を決めた理由や、どんな馬かについては以下の記事をぜひご参照ください。

この記事はこんな人にオススメ

  • 一口馬主を始めようか悩んでいる人
  • 一口馬主を始めることは決めたけれど、どのクラブにしようか悩んでいる人
  • すでに一口馬主を始めていて、同じ馬や同じクラブで出資している人

並みのサラリーマンの一口馬主ライフってこんな感じか、と思ってもらえたらと思います。

リンドラゴ、ノーザンファーム早来からノーザンファームしがらきへ

在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき

調教内容:周回コースで軽めのキャンター

調教主任「先週末に無事到着しています。数日間は輸送の疲れを取るために軽めの調整に控えていましたが、特に気になるところは見られなかったので、今週から周回コースで乗り出しています。まだ全体的に緩さがありますが、この時期の2歳馬ですから、これから鍛えていけば立派な馬に育ってくれるでしょう。運動後は飼い葉をよく食べて良いコンディションを保っていますので、週末から坂路にも入れていく予定です。馬体重は468kgです」

シルクホースクラブ ホームページより 2021年6月11日の更新にて

 ※この記事では所属馬の情報や画像を使用させていただいておりますが、それらはシルクホースクラブホームページ掲載の情報であり、転載許可を得ています。

 上記の通り、リンドラゴが北海道を出て、外厩入りしました。5月生まれ、募集当時380kgの馬だったので、かなり良い進捗ではないでしょうか。馬体重も470kg弱と、本当に大きくなりました。

 これから坂路での調教の情報も入ってくると思います。その更新がとても楽しみです。

デビューはどこになるのか

 ここから1,2か月後にデビューしてくれるのではないかと期待しています。早来での坂路時計は悪くなく、膝裏を少し腫らしたことがあるくらいで、心身ともに健康優良児な印象があり、順調にデビューまで進んでくれそうな予感がします。

 とはいえ、昨年出資していたベルエポックは、4月にゲート試験合格→5月放牧→8月帰厩→9月デビューというスケジュールだったので、夏競馬が終わってからになるかもしれません。※ベルエポックは足元が弱かったので、そういう事情もあるとは思います。

 ミッキーアイル産駒は、小倉・阪神・中山で勝率が高く、右回りかつ小回り(阪神は総数的にほぼ誤差ですが内回りのほうが好成績です)が得意な傾向があります。ミッキーアイルはHyperionの血を結構引くため、ハイペースでの持続力を持つ馬だと思います。ミッキーアイルの短距離~マイルで産駒が活躍しており、上記の3場ともにその距離は逃げ・先行が成果を残す傾向があります。(共通して、スタートから下り、短い直線)

 リンドラゴは母ワイオラがSpecialの血を引くため、NasrullahとHyperionの血が強化されます。それもあって、長くいい脚を使えるのではないかと推測しています。ミッキーアイル産駒は気性的に先行する傾向が強いため、新潟などの長い直線というより、スタートから最後まで持続するイメージでしょうか。

 とすると、8月からの小倉開催でのデビューを期待してしまいます。厩舎が栗東なので、9月の中山遠征はちょっと考えにくく……真夏のデビューに期待ですね。

 デビューまで気が抜けませんが、本当にとても楽しみです。

一口馬主シルクHCリンドラゴ
スポンサーリンク
ブログをフォローする
シオノゴハンブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました